ミニベロで行く淡路島|海と山の80km 北ハーフサイクリングをリポート

断崖の上の道路の白いガードレールに立てかけるようにして、青い自転車「バイクフライデーのニューワールドツーリスト」と、緑色の自転車「ブルーノミニベロ20ロード」が停められている。むこうには雲一つない青空と、遥か下に青い海が見える。

今回は夏の淡路島でのサイクリングのもようをお伝えします。

ルートは淡路島一周ではなく、淡路島の北側エリアをめぐるショートコース。(ルートマップ等は記事の最後にあります)

淡路島でのサイクリングをイメージする参考になればと思います。

この記事の大まかな内容

  • ジェノバラインで淡路島へ海上輪行
  • 淡路島の東岸を南へ
  • 淡路島の西岸を北へ
  • 「花さじき」までヒルクライム
  • 美味しいソフトクリーム&ハンバーガーを食べる

登場する自転車

  • バイクフライデー・ニューワールドツーリスト(筆者)
  • ブルーノ ミニベロ20ロード(友人)

スポンサーリンク

 

明石から「淡路ジェノバライン」で海上輪行

今回淡路島へは、淡路島と明石を結ぶ高速船【淡路ジェノバライン】を利用して海上輪行しました。

明石と淡路島を結ぶ高速船「淡路ジェノバライン」の船内から見上げる明石海峡大橋の姿。船の窓には波しぶきがかかってキラキラしている。

海上で見る景色も楽しめる。

「折り畳み自転車」は船内に置けて安心

通常、自転車は船外のデッキに並べますが、スタッフの人に聞いてみたところ「小さく折り畳んだ自転車」は客室内の荷物置き場に置いて良いそうで、

私の「ニューワールドツーリスト」はこのようなかんじで海上を移動します。

小さく折り畳まれた自転車「ニューワールドツーリスト」が、高速船船内の荷物置き場に置かれている写真。

船外のデッキに置かれた自転車には海水の飛沫が容赦なくかかるので、自転車の車体やパーツにとって良い事は1つもありません。その点、こうして客室内に持ち込める車種は安心ですね。

淡路島|岩屋港に到着

高速船を降りた淡路島「岩屋港」の浮き桟橋から見る、朝の海辺の風景。

淡路島の岩屋港の浮き桟橋。船からはたくさんの人が自転車を押して降りてきている。むこうには明石海峡大橋が見える。

この日はとても暑い真夏日になりましたが、心地良い朝の涼しさを感じられた瞬間でした。

 

淡路島の東岸を南へ

走りやすい、海沿いの道

朝8時頃、朝の日差しの中でサイクリングをスタート。

海岸線に沿ってゆるやかに曲がっているアスファルトの道を友人が乗った自転車が走ってゆく。道路脇には背の高い椰子の木が立ち並び、背景は雲一つ無い青空。

「東浦」と呼ばれるエリアを南へ、国道28号線の1本道を進みます。

真っ直ぐの道をゆく、友人の自転車。道路脇には濃い緑色の草木が生い茂っている。

爽快な海辺の風景

カーブの外側に青い海が広がる、こんな風景が「淡路島らしい」ですね。

海岸線に沿ってゆるやかに曲がっているアスファルトの道を友人が乗った自転車が走ってゆく。左側の壁のすぐむこうには青い海が広がっている。

海だけじゃない、淡路島の風景

視界から海が消えると、そこが島であることを忘れてしまうほど広大な大地があるのもまた、淡路島の特徴。淡路島は広いです。

黒いアスファルトの道を、友人が乗った自転車が走ってゆく。道路の左側には田畑が見える。

発見!「牛」のオブジェ

道路から見えるこの「地球に牛が乗った形のオブジェ」は、【淡路ビーフ】や【神戸牛】【松阪牛】などになる『素牛』の競りなどをしている「淡路家畜市場」の目印です。

大きな地球儀のようなものの上に黒毛和牛のオブジェが立っている形の看板。

あなたは自転車で走りながらこの牛を見つけられる?

ときどき感じる「南国感」

立ち並ぶ椰子の木が「南国」の雰囲気を漂わせる。こういう場所が淡路島にはたくさんあります。

海辺のカーブ。道路脇には背の高い椰子の木が立ち並んでいる。その下を友人が乗った自転車が走っている。

山々の濃い緑色も、空気の蒸し暑さも、憎らしいほど夏らしい。(この日は猛暑日で、めちゃくちゃ暑かった)

 

「洲本」で折り返して北上

9時半頃、【洲本市街】までやってきました。

この日は、目的地もコースも決めずにここまで走ってきたので、とりあえず洲本から折り返して北上することにしました。

淡路島の洲本市にある吊り橋「洲浜橋」の写真

ちなみに、この橋は「洲浜橋」といいます。

淡路島を1周しないでショートカットする場合は【津名】や【洲本】あたりで折り返すのがお勧めです。

東から西へ、淡路島を横断

「洲本」から東岸を「志筑」まで戻って、そこから西側の【郡家】へ抜けました。

道路脇に止められた青い自転車と緑色の自転車。背景には稲苗が植えられたばかりの緑色の田んぼが広がっている。

東から西へと抜ける途中、田んぼの緑が鮮やかでした。

西側の海岸線を走る

こんどは【淡路島の西岸】を北へ。

淡路島の海岸線の風景は、東と西で表情がずいぶん違いますよ。

断崖の上の道路の白いガードレールに立てかけるようにして、青い自転車「バイクフライデーのニューワールドツーリスト」と、緑色の自転車「ブルーノミニベロ20ロード」が停められている。むこうには雲一つない青空と、遥か下に青い海が見える。

写真の場所は「室津港」のあたり。

 

海から山へ、ヒルクライム

西側の海岸線を北上して、【富島】から山道に入りました。

ここから始まる坂道は海辺から標高300メートル程まで一気に登るルート

曲がりくねりながら登ってゆくアスファルトの山道を、友人が乗った自転車が登ってゆく。

ここからキツい山登りがはじまる…

「激坂」にくわえて、暑さが厳しいと体に堪えますね…

疲れたら休憩しよう

山道を登り続けながら、あまりの暑さと疲労に、時々自転車を降りて休憩をしました。

苦しい時は無理せず休む」のがサイクリングを嫌いにならないためのコツ。

休憩のために自転車を降りた場所には、思いがけず「美しい棚田の風景」がありました。

山の斜面に作られた棚田の中の小道に、青い自転車、バイクフライデー「ニューワールドツーリスト」が停められている写真。

 

激坂の上の楽園「あわじ花さじき」へ

なんとか厳しい山道を登り切り、お昼の12時過ぎ、『あわじ花さじき』に到着。

木製の柵の前に停められた青い自転車と緑色の自転車。むこうには、花畑と緑色の草原が見える。

美味しいソフトクリームを食べる

激坂を登り切った後は、暑くてヘトヘト。「自分にご褒美」がほしいですよね。

『あわじ花さじき』にあるびわミックスソフトクリーム】がオススメです。

オレンジ色をした「枇杷のソフトクリーム」。むこうには花畑が見える。

ソフトクリームは美味しいし、景色にも癒されます。

びわミックスソフトクリーム

淡路島北部の隠れた名産品「びわの実」を使った【びわソフト】と、淡路島の牛乳を使った【ミルクソフト】の2つの味がミックスされたソフトクリームで、「枇杷のさっぱり」と「濃厚ミルク」が半々。

「ビワだけ」「ミルクだけ」よりも味のバランスが良くて、1つで2度美味しいですよ。 

 

花さじきのすぐ近く「淡路カントリーガーデン」へ

お次は「花さじき」のすぐ近くにある『淡路カントリーガーデン』へ。

淡路カントリーガーデンは「カフェ」「BBQ施設」や「宿泊施設」があるところ。外には「ハンバーガーショップ」もあります。

「あわじ大地のバーガー」と書かれた白い看板の横に、青い自転車「ニューワールドツーリスト」が停められている写真。

美味しいハンバーガーを食べる

ということで、自転車でここに来たらハンバーガーを食べておきたいですね。

茶色いウッドテーブルの上に置かれたカゴ。その上には白い紙で包まれた大きなハンバーガー。

看板メニュー『あわじ大地のバーガー』を注文。淡路島の食材を使ったバーガーは美味しいです。

ちなみに、バーガーショップの横では淡路島の特産「たまねぎ」がゴロゴロ売られていました。

黒く塗られた木製の建物の前に、カゴに入れられた玉ねぎや、紐で吊るされた玉ねぎがたくさんある。その横に青い自転車が停められている。

淡路島に行ったら「お土産に玉ねぎを買って帰る」ということはよくあるけれど、自転車の時はちょっと難しい。玉ねぎはすごく重たいです。

 

山から海へ、ダウンヒル

淡路島の北部をぐるりと走って、美味しいものも食べたら、ここからは帰路

上ってくる時は苦しかった山道を、こんどは気持ちよく下っていきます。(スピードが出過ぎるので気を付けて

「発電風車」がまわる風景

途中、大きな風車が間近に見える場所がありますよ。

風力発電の風車はとても大きい。近年、このような発電風車が増えてきて、淡路島の風景に変化を与えています。

山の稜線に建てられた風力発電用の巨大な白い風車。風車が並ぶ風景をバックに、青い自転車「ニューワールドツーリスト」が停められている。稜線の合間に見える景色のはるかむこうには、青い海の水平線が少しだけ見える。

山を下りると「淡路インター前」

下りの山道を走り抜けると、最後は【淡路インター前】に出てきます。

あの大きな観覧車が見えると「帰ってきた~」というかんじがしますね。(岩屋方面からスタートした場合)

高速道路のインターチェンジへと続く道路、その横の丘の上には大きな観覧車が見える。

最後にまた見たい「海辺の風景」

「淡路インター前」から国道28号線に出ると、ふたたび穏やかな海辺の風景が広がります。

草が生えた緑色の斜面のむこうに、砂浜と青い海が見える。

ラストも「青い海」を見て帰りたいですね。歩いて砂浜まで行ってみるのもオススメです。

 

帰りも「淡路ジェノバライン」で

旅の最後は、ふたたび【淡路ジェノバライン】で海上輪行。

「淡路島へはマイカーで行く」という人が多いですが(特に遠くから来る人)、たまにはこうして「船」で移動するのも面白いものです。

高速船乗り場の待合所で、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」が小さく折り畳まれている写真。

折りたためるミニベロ「バイクフライデー・ニューワールドツーリスト」は小さく畳んで船内に。友人のミニベロ「ブルーノ・ミニベロ20ロード」はそのままデッキに積み込みます。

こうして今回のサイクリングは無事終了。お疲れさまでした。

 

今回の走行記録

走行ルート

★地図をクリックすると詳細ページが開きます。

走行距離

  • 淡路島島内:約80km
  • 明石市街等:約10km
  • 総計:約90km

 

まとめ

淡路島を1周(アワイチ)しなくても、サイクリングは楽しめます

今回のようなショートコースでも、海や緑などの景色は新鮮で、走っていて楽しいですよ。

ぶらり淡路島へのサイクリング、おすすめです。

芝生が生え揃った緑色の小さな丸い丘の上に、青い自転車と緑色の自転車が停められている。その向こうには、遠くに明石海峡大橋が見える。

明石側に戻ってから撮った写真。むこうに淡路島が見える。

淡路島の山道は険しい|夏のヒルクライムには要注意

淡路島の海岸線の道路は走りやすくて気持ち良いです。

しかし山道はなかなか険しく、ひとたび山道に入ると、かなり体力を要します

今回、「花さじきのソフトクリーム」を目指して山道を登りましたが、「花さじき」までの道のりはかなりキツいので覚悟が必要です。

特に炎天下のヒルクライムは体が悲鳴をあげるし、飲み物が足りなくなるほど。

夏は水分&体力の消耗が激しいので、体力に余裕のもてる無理のない行動を心掛けたいと思いました。(当日は本当に暑くてキツかった…)

みなさんも、夏のサイクリングではバテないようにいつも以上に気を付けてくださいね。

それでは、楽しいサイクリングを!

夏の自転車の水分補給&エネルギー補給にオススメのドリンクはこれ|熱中症対策にも

2016.07.21

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。