【自転車グルメ】淡路島・福良にある喫茶&とんかつの店『ママン』

淡路島・福良にある喫茶&とんかつのお店「ママン」の店舗外観の写真。お店の前には自転車が停められている。

淡路島南あわじ福良にある、喫茶&とんかつのお店『ママン』。

自転車での淡路島1周アワイチ)の時などのランチにもちょうど良い場所にある、ガッツリ系の美味しいお店です。

ということで、ご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

 

自転車のランチ休憩にぴったり

広々とした、くつろげる店内

店内は広々としていて、1~4人で食事が楽しめる色々なタイプのテーブル席が用意されています。

淡路島・福良にある喫茶&とんかつのお店「ママン」の店内の写真。道路に面したテーブル席には窓から明るい光が差し込んでいる。

道路に面した「窓辺」の席や、緑がいっぱいの「中庭」が見える席は、明るくて気持ちが良いです。

淡路島・福良にある喫茶&とんかつのお店「ママン」の店内の写真。テーブル席が並んでいる。奥には中庭があり、窓越しに緑色の観葉植物などが見える。

自転車が見えるから安心

道路に面した南側の窓越しに、外に停めた自転車が見えるので、安心して食事ができます。

ママンの店内から窓越しに、外に停めた自転車が見えている。

 

ガッツリ系の揚げ物が充実、トンカツが美味い!

『ママン』には、とんかつやエビフライをはじめとして、揚げ物をメインにした色々なメニューが用意されています。

メニューのスタイルは「定食」から「丼物」「カレーライス」などがあり、お得な「レディースセット」などもあります。

中でも一番のおすすめだというのが、淡路島ポークの特上ロースカツ

淡路島ポークの「特上ロースカツ」

ママンの「特上ロースカツ定食」の写真。大きなとんかつと、サラダ、味噌汁などが並んでいる。

これが本当にとんでもない美味しさで、良質な豚肉の旨み&脂の甘味が味わえる、最高のトンカツでした。さすが「特上」だけあって、肉の厚さにびっくり。

トンカツに付ける用の「特製のソース」がついてきますが、「塩」で食べるのも超オススメ。

淡路島で食べる絶品の「淡路島ポーク」、ぜひ一度は食べてみてほしいです。

ちなみに、その他のメニューも美味しかったですよ。

ミニベロで行く淡路島100km|エビフライ&トンカツの旅をリポート

2015.05.11

自転車で淡路島に行ったら「グルメ」も堪能したいと考えている人に、おすすめしたいですね。

◎自転車やランニングなど激しい運動中の食事には「肉」や「油」は適さず、本来なら避けるのがベター。でもそんなこと言ってられないくらい美味しいです。ただし、ママンでガッツリ食べた後は、お腹が重たくてしばらく脚が回らないのでご注意を(笑)

「ママン自家製ドレッシング」もおすすめ

ちなみに、『ママン自家製ドレッシング』というオリジナルドレッシングがかなり美味しいです。

揚げ物メニューの付け合せのサラダにかけるために各テーブルに用意されますよ。

ママンの「自家製ドレッシング」のボトルの写真。

画像元:「ママン」ホームページ http://www.mamann.net

酸味とコクのバランスが良い、さっぱりとしたドレッシングで、料理の美味しさを引き立てます。

また、このドレッシングは買って帰ることが可能。ドレッシングを気に入ったお客さんからの要望で、一般販売するようになったそうな。

私もこのドレッシングが気に入って買うようになり、いつも家庭の食卓で使っています。このドレッシングは「ママン」の店頭やホームページで購入できますよ。

◎関連リンク:「ママン」ホームページ

 

お店について

お店の場所

『ママン』は福良の町の中心部にあります。国道28号線の南の終点にあたる「福良築地」の交差点を西側に曲がってすぐのところですよ。

自転車での利用のしやすさ

  • お店の前に自転車を停めることができる。
  • 店内からガラス越しに自転車に目が届く。
  • 淡路島一周のちょうど中間地点で食事ができる。

その他のポイント

  • 1~4名での利用向け、大人数には向かない。
  • お料理の提供と食事にはやや時間がかかる。(ボリュームがあるため)
  • 入店してから食事を終えてお店を出るまでが1時間程度。
  • 価格はやや高め(ホームページでメニューを見ることができます)

店舗情報

所在地

〒656-0501
兵庫県南あわじ市福良甲1529-4

営業時間・定休日

  • 営業時間・定休日などは、お店のホームページに記載されています。
  • ときどき変更になることがあるので、行く前に要チェック。

お店のホームページ

http://www.mamann.net/

 

こちらの記事もぜひ参考に

 「ママン」を目指して走った「淡路島100km エビフライ&トンカツの旅」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。