淡路島の美味しいジェラートは、あの有名店だけじゃなかった!たかたのジェラートもおすすめ

02

アワイチをはじめとした淡路島でのサイクリング。夏はアイスとか食べたくなりますよね。

淡路島のアイスで有名なのは、南あわじ・福良のジェラート屋さん「G.エルム」。

だけど多くの人がスタート地点にする「淡路島北部」からは遠いです。

また、福良は淡路島の南の町なので、北部スタートなら淡路島一周とか100km超えのコースじゃないと立ち寄れない場所です。ショートコースを楽しむ人には行けませんよね…。

そこでお勧めしたいのが「淡路たかたのケーキ」です

このお店のジェラートも、かなり美味しいですよ。しかも岩屋からずっと近いです。

ここに行けば、淡路島を一周しないあなたも、美味しいジェラート食べられますよ!

スポンサーリンク

 

淡路島の洋菓子の名店「淡路たかたのケーキ」

淡路たかたのケーキ」は、淡路島でも一番の洋菓子の名店。

淡路島でとれる果物や牛乳、旬の食材を使って、一年を通して美味しい洋菓子を作り続けていますよ。

09
ちなみに、以前は「パティスリーたかた」という店名だったと思います。いつからか今の名前になってました。

ケーキ屋さんが作る「ジェラート」は美味しい

このお店の「ジェラート」はかなり美味しくて、初めて食べたときからその味が忘れられなくなりました。素材と美味しさへのこだわりが、味に表れていますね。

03
◎淡路島ではよく「食のイベント」が開催されていて、私がこのお店のジェラートを初めて食べたのも、いつだったかの食のイベントの時でした。

たくさんの種類がある

ジェラートの種類はいつもたくさんあります。

05

ジェラートは夏季だけでなく一年を通して作っているようで、季節によって味・種類が変わります。その時々の旬のものを生かしているそうです。

◎筆者が以前食べたものでは、珍しい「甘酒のジェラート」が絶品でした。

お好みのジェラートをカップorコーンでいただく

ジェラートは、ソフトクリームのように「コーン」で食べるスタイルと、カップアイスのように「カップ」で食べるスタイルが選べます。

またさらに、コーンは2種類から選べますよ。

04

「ワッフルコーン」が美味しいので好きですが、ゆっくり食べられる「カップ」もオススメです。(カップなら慌てて食べなくても垂れない)

また、価格が安いのが嬉しいです。

お店のソフトクリームって、安いものでもだいたい「300円+消費税」というかんじですよね。ところが「たかたのジェラート」は味と素材にとことんこだわって手作りしてるのに、200円台ですよ。安い。

しかも、量が多いです。

私はよくカップで食べるのですが、超山盛りです。(後の写真を見てください)

いつもコンビニで買うハーゲンダッツとかの小さめ高級カップアイスの1.5倍くらいの量を入れてくれます。

超美味しくて安くて量が多い。もう食べない理由がないです。大好きです。

 

すごくおいしいです。

最近私が食べたものをいくつかご紹介しますね。

こちらは「びわのジェラート」。

06

ミルク感満点のジェラートに、びわの実が入ってます。超おいしいですよ。「びわ」は淡路島の北西部の名産で、淡路島ならではの味といえます。

こちらは「ブルーベリーのジェラート」。

07

超ブルーベリーです。ブルーベリーの味がしっかりしますね。淡路島のブルーベリーは美味しいので、これも美味しさには納得です。

これは「ラムレーズンのジェラート」。

08

ラムレーズンが上等でジューシーです。さすがに普段ケーキにも使ってるラムレーズンだけあって、そこらへんのものとは違いますね。

ラム酒感がすごく強い、少し辛味もあって美味しいです。それも「こんなにたくさん?」っていうくらい、ラムレーズンがゴロッゴロ入ってました。

 

まとめ

ということで今回は、淡路島の洋菓子屋さん「淡路たかたのケーキ」のジェラートについてご紹介してみました。

私も最近は淡路島に行くたびに「たかたのジェラート」を食べてます。

本当にどの味も美味しいですね。特にフルーツ系がすばらしい。

自転車で淡路島に出かけたら、あなたも食べてみてはいかが?オススメです。

 

お店について

お店の場所

「淡路たかたのケーキ本店」は、淡路島の東岸の「志筑」付近の国道沿いにあります。

自転車での利用のしやすさ

  • お店の前に自転車を停めることができる。
  • 店内から外の自転車の様子が見える。
  • 店内で素早く飲食ができる。
  • テイクアウトができる。

店舗情報

所在地

〒656-2131 兵庫県淡路市志筑3266-1

営業時間

・販売 9:00~20:00
・喫茶 9:00~18:00
・火・水曜定休(祝祭日は営業・翌日休み)

ホームページ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。