自転車Tシャツ|ミニベロロードがプリントされたTシャツを見つけたよ

ミニベロのオモシロTシャツを発見

自転車を趣味にしていると、「ジテンシャ」がデザインされた服や雑貨が気になってしまうことってありませんか?

IMG_3092

私はそういうことが時々あって、ちょうど今日も、

たまたま見つけたTシャツが「ミニベロロード」のプリントデザインだったので、ついつい買ってしまいました。(背中にも派手なプリントがある)

そこで今回は「こんなTシャツありますよ!」ということで、

このヘンテコデザインのTシャツをご紹介します。

追記:2018年夏の新色「アイスグレー」が登場したので、記事後半にリンクを追加しました。
スポンサーリンク

 

デザインTシャツ専門店「グラニフ」のTシャツ

このTシャツは、デザインTシャツ専門店Graniphグラニフ)のもの。

グラニフは日本全国にお店があるので、あなたのお近くのショッピングモールなどにもあるかもしれませんね。

「あ~知ってるこのお店、見たことある」という人も多いはず。

そのグラニフで今回私が見つけたのがこのTシャツ。

商品名|UKバイシクル Tシャツ

いつものように「おっ!自転車ついてるやん♪」と手にとって見てみると、

「この自転車、タイヤが小さくて、ドロップハンドルが付いている…!」

IMG_3093

これはまさしく「ミニベロロード」じゃないですか。

服のイラストデザインに使われる自転車のモデルって、ロードバイクとかクラシカルバイクが多いと思うので、

それがミニベロで、しかもドロップハンドルって珍しいですよね。

背中のプリントは派手め

シンプルなフロント胸元のプリントに対して、背中側はごちゃごちゃっとしてます。

6台のミニベロロードがずらり。前輪はUKカラーです。

IMG_3096

グラフィックは結構細かくて、「ブレーキ&シフトケーブル」とか「ボトルケージ台座のボルト」、「チェーンリングのギザギザ」までしっかり描かれています。

一方で「ペダルが付いていない」とか、「前輪だけカバーホイール」というナゾ仕様。

色々とよくわからん系のデザインですね~。

星形の前輪ヤバイやん」と思ったのですが、「ヘンテコ自転車があるスポーツ公園」なんかに行くと、実際にこういうヤバイ前輪の自転車ありますよね。乗ったことがあります。

「UK模様」と「ドイツ語」を組み合わせたらしい

前輪が「UKカラー」なのは解ります。だけど「書かれている文字」が私には読めません。英語じゃない、なんだこれ?
UK+GER
商品の説明を見てみると次のように書かれていましたよ。

前輪部分がUK模様になった自転車ドイツ語タイポグラフィを組み合わせたグラフィックデザイン。グリッドに合わせ規則的に構成し、アクセントとして星をレイアウト。ポップな要素をプラスしています。

なるほど、ドイツ語かぁ。(さっぱりわからない)

そして、星形の前輪はアクセントだそうな。

こうしてこのヘンテコデザインは出来上がったんですね~。おもしろい。

イラストの自転車は、実在するミニベロに似ているよ

ちなみに、このTシャツに描かれている自転車は、実在するミニベロに似ているなーと思いました。

例えば「BE・ALLのBS500」は、フラットバーですがフレーム形状がそっくり。

be_bs-500_2

画像出典:BE・ALL公式サイト ©AKI CORPORATION Ltd

ビアンキのPisa Sport Dropbar」は、フレーム形状が少し違いますが、ドロップハンドル仕様で、こちらもよく似ていますね。

17-PISASPORT-DROP-BAR-CELESTE

画像出典:ビアンキ・ジャパン公式サイト ©CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD.

それから、「BRUNOのVentura」なんかも、全体のシルエットや雰囲気が似ています。

bianchi_ventura

画像出典:BRUNO BIKE 公式サイト ©DIATEC LTD.

というかんじで「これ、あの自転車がモデルかも?」なんて想像を膨らませるのも面白いですね。

とくに、似ている自転車に乗っている人にとっては、きっと嬉しいはず。

Tシャツとしての着心地など

グラニフのTシャツは、着心地はふつうに良い感じです。

私は他にもグラニフのTシャツを何着か持っていますが、着た感じが良いし、安価な割にまぁまぁ長持ちする、さすがTシャツ専門店だなと思ってます。

このTシャツは素材が「綿100%」なので、サイクリングや汗をかくスポーツ時には不向きですが、

自転車以外のお出かけの時にも、自転車を身につけて歩ける」というところに魅力があると思います。

機能性ではなく、デザインで選ぶTシャツですね。

 

まとめ

ということで、ミニベロロードがプリントされたTシャツの話題をお届けしました。

IMG_3095

「こんなTシャツがほしかった」という人は、一度お店に見に行ってみてはいかが?

これも「自転車の楽しみ方の1つ」ということで、参考になれば幸いです。

  • なお、グラニフのTシャツは、新しいデザインがどんどん登場するため商品の回転が早く、すぐに無くなることがありますよ。ほしいと思った人は、お早めにお店に足を運ばれたほうがいいと思います。
  • この記事を書いた今日(2017/07/16)の時点では、私が行ったお店には各サイズの在庫がありました。

Amazonでも購入できます

ちなみに、グラニフのTシャツはAmazonでも買えるそうですよ。(今日知りました)

 グラニフ Tシャツ「UKバイシクル」のAmazon商品ページはこちら

▼こちらは2018年夏の新色です。薄いグレーは、濃色のパンツやシャツと合わせると「白のようなまぶしさがない、落ち着いた印象」になりますね。

近くにグラニフのお店がない場合は、Amazonなどオンラインストアを利用するのもアリだと思います。

それでは、楽しい自転車ライフを!

こちらの記事もオススメです

自転車の服装どうする?カジュアルなサイクルウェアをお探しのあなたにオススメのお店

2016.05.10

普段着でのサイクリングを快適にするインナーウェアを3つ紹介します|自転車の汗対策

2017.10.22

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。