MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。

トップページ 読み物・雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤに付いた泥・汚れを、家やクルマに持ち込まない

IMG_4111

自転車を室内で保管している人は、

タイヤの汚れ」が気になることがありませんか?

dirty01

また、車に自転車を積んでサイクリングに出かけた時、

帰りにまた車に積み込む際に「うわっ、超汚い!」ということがありませんか?

dirty02

とくに「折りたたみ自転車」は家や車に持ち込む機会が多いので、汚れが気になることがあるんですよね。

そんな時、「タイヤに付いた、泥などの汚れ」を

簡単にキレイに落とせる方法・便利グッズがあるので、ご紹介しておきますね。


◎このページで紹介するのは…
  • タイヤの表面や溝に付いた泥や異物をきれいに落とす方法です。
  • 白色タイヤやカラータイヤについた「着色汚れ」を落とす方法ではありません


スポンサーリンク


1.サイクリングの後、自転車のタイヤが汚い時がある

楽しいサイクリングの後、自転車のタイヤが砂・泥などで汚れていることがありますよね。

写真のこの日も、サイクリングから帰ってきて、

折りたたみ自転車 BROMPTON」を折りたたんで、家に持って入ろうとしたところ…

brompton_folding

タイヤが超汚い泥でどろっどろですね~。

muddy-tire

ちょっと自然いっぱいの未舗装路なんかを走ると、すぐにこうなります。

とくに「溝があるタイヤ」は汚れが食い込みますね。

このままでは家や車に入れたくない

まずは汚れを落として、キレイにしなきゃ。

そこで・・・



2.便利グッズ「サッシブラシ」で汚れを落とす

タイヤに付いた泥などの汚れを落とすのには「サッシブラシ」が便利です。
brush-image
サッシブラシというのは「お家のお掃除グッズ」の一種で、窓サッシの溝をゴシゴシ擦ってきれいにするためのもの。

硬めのブラシ握りやすい持ち手が付いているものが多く、

これがタイヤの汚れ落としにも超使いやすいんです。

brush
◎硬めのブラシがタイヤの曲面をとらえて、溝のゴミもかき出す。持ち手があるから「手を汚さずに作業できる」のが良いところ。


【1】上から下に、すりすり擦る

タイヤの表面をサッシブラシで擦ると、砂や泥・汚れがポロポロ落ちていきます。

ブラシを水で濡らしたほうが、よりキレイになりますよ。

IMG_4140e1

泥が乾燥して固まっていて落ちにくい場合は、ブラシを水で濡らしながら擦ります。

IMG_4145

擦る位置&向き」がポイントで、時計でいう3時か9時のあたりを上から下に擦るようにすると、泥や汚れが飛び散りにくいですよ。こうすると水を使う場合もリムが水で汚れません。

IMG_4130e1
◎ブラシで擦る時、グッと力を入れても・入れなくても、汚れの落ち方はそんなに変わりません。力を入れすぎるとブラシの毛が抜けることも。

余計な力を入れないほうがブラシは長持ちするように思いますね。


【2】取れにくい異物は「ヘラ」で取る

ブラシだけではなかなか取れない、溝にカチッとはまった小石とか、

ガムなどの取れにくい・しつこい異物には、

「サッシブラシに付属するヘラ」を使えば簡単にポロッと取れます。

IMG_4120e1
サッシブラシを使えば手が汚れないうえに、ヘラも付いているからタイヤのお掃除に便利なんですよね。

◎たいていのサッシブラシには「ピック状のヘラが付属」しているか、「ヘラが柄の部分と一体」になっています。中にはブラシだけの製品もありますね。

◎新しく買うなら「ヘラ付き」のものを選ぶことをオススメしますよ。


【3】タイヤがきれいになった

サッシブラシを使ってタイヤの汚れを落としたら、こんなかんじにキレイになります。

泥だらけ」の状態から「まぁまぁキレイ」に戻りました。

IMG_4153
(作業時間はタイヤ1本につき1~3分程度。)

泥などの汚れはしつこいので、なかなか完ぺきにピカピカとはいきませんが…

「室内・車内に汚れをまき散らさない」
「砂や泥をできるだけ落としておく」という意味で、

このくらいまで汚れが落ちればじゅうぶんですよね。

before-after

これでもう、家や車の中に砂・泥がボロボロ落ちるようなことはなくなります。

ちなみに「水」を使った場合、タイヤに残った水分は数分で乾きますが、急ぐ時は布ウエス・雑巾などで押さえるようにして拭き取るといいですよ。

シクロクロスやトレイルライドなどで「極端にどろっどろな場合」は、あわせて車体全体の洗車も必要かと思いますが、
通常の街乗りや軽いサイクリングで「タイヤだけが汚い場合」は、この方法でだいたいの汚れが落とせます。




まとめ

ということで、「自転車のタイヤに付いた泥などの汚れ」を簡単に落とす方法をご紹介してみました。

IMG_4141

サイクリングの後でタイヤの汚れが気になった時は、

「サッシブラシ」を使えば手早く汚れを落とせるから、家や車に汚れを持ち込んでしまうリスクが減らせますよ。

IMG_4144

とくに「折りたたみ自転車」は家や車に持ち込む機会が多いものなので、

折りたたみ自転車ユーザーのみなさんには豆知識として参考にしていただければと思います。


◎便利グッズ「サッシブラシ」はどこで買える?

「サッシブラシ」はホームセンターで売られているのを見たことがあるので、お近くのホームセンターにもあるかもしれませんよ。

僕は以前、Amazonで買いました。

いま使っているのはこれ。


ちなみに「シューズブラシ」も同様に使えますよ。靴用のほうが硬くて大きいです。

ブラシを1本持っておくと色々便利に使えますね。超安いので、もう1本買おうと思ってます。

というわけで「自転車のタイヤのお掃除記事」でした。

ときどきメンテやお掃除もしながら、自転車ライフを楽しみましょう。


◎おすすめ便利グッズを紹介しているその他のページ

 サイクリング中の飲み物が出し入れしやすい、超便利なドリンクホルダーポーチ

 デジカメ・スマホ・モバイルバッテリーなどの収納に便利なハンドルポーチ

 折りたたみ自転車BROMPTON専用、ドリンクホルダーにも小物入れにもなるポーチ


スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ミニベロユーザーに人気のフロントバッグに、新カラーラインナップが登場【随時更新】
次の記事 ≫
ミニベロ・ロードバイク向けの便利なハンドルポーチ3製品にブラックが追加されました【数量限定】