MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。

トップページ サイクリングリポート ツーリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
兵庫県加古郡稲美町の「天満大池公園」の木立の中に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「New World Tourist」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている写真。木々の間からは、むこうに天満大池の青い水面と青空、水面に生い茂る緑色の藻など、色鮮やかな自然の風景が見える。
絶好の自転車日和をむかえた週末、友人を誘って私の地元である兵庫県南部の「明石市」「稲美町」「三木市」の風景をめぐって走りました。


◎ルートマップ等は記事の最後にありますよ。

スポンサーリンク


「こんなところに行きました」
  • 大蔵海岸
  • 稲美・三木の田舎道
  • 道の駅「みき」
  • 天満大池
  • 播磨サイクリングロード
  • インド・ネパール料理「ダウラギリ」



大蔵海岸へ

兵庫県明石市の大蔵海岸付近の道路の写真。むこうに明石海峡の海と淡路島が見える。
朝7時過ぎ、海辺の風景を見に、私の自宅から程近い【大蔵海岸】へ自転車を走らせました。

爽やかな海辺の風景

兵庫県明石市の大蔵海岸付近の、朝霧川にかかる橋の上に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている写真。背景には海と淡路島、明石海峡大橋が見える。
朝霧川の河口の上に架かる橋【大蔵なぎさ橋】の上から、明石海峡の朝の風景を眺めました。

晴天の朝の海辺の風景というものは、とても気持ちが良いですね。

兵庫県明石市の大蔵海岸公園内の一角に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている写真。
朝、気温の低いうちからハードに体を動かすと肉体の故障の原因になるので、大蔵海岸付近では色々話をしながら、ゆっくりぶらぶらと過ごしましたよ。お散歩気分です。



三木へ

神戸市西区平野町付近の田園風景の写真。真っ直ぐに伸びる道路の両脇に、緑色の田んぼが広がっている。
大蔵海岸から西進して、【国道175】→【県道377号線】のルートで北へと走りました。

県道377号線に入ってからは左右に田畑のある風景が広がります。空気が美味しいんですよね。

すばらしき「田園風景」

兵庫県加古郡稲美町の田園風景。青空の下に広がる田んぼは、金色の稲穂があるところと、すでに刈り取られたところがある。田んぼの前に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている写真。
稲美町の「草谷」付近の風景。この場所がお気に入りで、よく写真を撮ります。

つい先日は、緑色の稲苗が風に揺れていましたが、この日訪れてみるとすっかり稲穂が膨らんで、ちょうど目の前の田んぼは収穫が終わったところでした。

風景の色の変化から、季節の移ろいをリアルに感じますね。

自転車の乗り比べ

兵庫県三木市、三木工場公園内の道路脇の木陰に、2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている写真。
【三木工場公園】内のメインストレートの道路で、お互いの自転車の乗り比べをしました。

私の自転車バイクフライデーニューワールドツーリスト】と、友人のフジ【コメットR】。

それぞれの自転車の性格はずいぶん違いますが、どちらも乗り心地の良いフレームであり、全体のバランスから成る素性の良さが感じられます。

こうやって、ときどき友人と自転車を乗り換えてみると、互いの自転車の特性を知ったり、ときには相手のライディングスタイルを知るなど、色々発見があるので楽しいです。

道の駅「みき」

道の駅「みき」と書かれた看板の前に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている写真。
道の駅「みき」に立ち寄りました。車で訪れてもあまり魅力の無いところですが、自転車で来るとトイレやベンチ、自動販売機など、休憩場所にぴったりな要素が揃っていて便利です。

道の駅「みき」内のベンチで自転車を停めてアイスクリームを食べている主観支点の写真。足元にバイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」の後部が見えている。
「17(セブンティーン)アイスクリーム」を食べました。夏の間、よくここで一人でこうしてアイスクリームを食べたものです。

アイスを食べ終えたら、道の駅から折り返して、稲美町方面へと走りました。



稲美町へ

動物 「牛」

牛舎があり、その中に白黒模様の牛がいるのが見える写真。
稲美町方面へ走る途中、『牛』を見ました。

「乳牛」でしょうか、頭の中にある牛のイメージそのまんまの「白&黒」の牛たち。牛たちもまたこちらを見ていましたよ。「なに見てんのよモォーゥ」

動物? 「パンダ」

道路脇に置かれたパンダの親子のオブジェの写真。パンダの後ろの看板には「ジャックと豆の樹」とお店の名前が書かれている。
珈琲喫茶店『ジャックと豆の樹』の看板下にある「パンダ」たち。目が怖いです。。。

「天満大池公園」の風景

兵庫県加古郡稲美町の「天満大池公園」内の写真。立ち並ぶ木々の木陰に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている。むこうには金色の田んぼの風景が見える。
稲美町の「天満大池」のほとりにある【天満大池公園】。

立ち並ぶ木々や遊歩道、水辺や橋など、変化に飛んだ美しい公園です。木立のむこうに、金色の稲穂の帯が見えました。

「天満大池」の風景

兵庫県加古郡稲美町にある「天満大池」の写真。水面にはところどころ緑色の水草が広がり、それ以外の場所は青空と白い雲を鏡のように映し出している。
【天満大池】は、ただの貯水池とは思いたくない美しさがあります。

この日は、水面のあちこちに水草が広がり、まるでその上を歩いて行けそうに見えましたよ。

水面は空を映し出して、「絶景」と呼んでもいい素晴らしい風景がそこにはありました。



「播磨サイクリングロード」へ

兵庫県明石市二見町の東二見人工島へと続く橋の上から見る風景の写真。橋の上には2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められていて、むこうには海が見え、たくさんの小型船が停泊しているのが見える。
稲美町から真っ直ぐ南下して、【東二見人工島】を通りました。

「自転車」と「植物」

播磨サイクリングロードの道沿いに伸びた緑色の葉と、その中にピンク色の花がある風景。花と緑の前に、2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている。
「自転車」と「花」や「緑」は、実はとても相性が良いように思います。一緒に写真に写し込めば、それぞれの色や形が引き立て合うような気がしますね。

播磨サイクリングロードの道沿いに伸びた緑色の葉と、その中にピンク色の花がある風景。花と緑の前に、2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている。道が真っ直ぐに伸びている。
鬱蒼とした伸び放題の元気な草花が好きです。下手な手入れをするよりは、ありのままの形のほうが植物は美しいです。そんな風景に、自転車はそっと馴染むのです。

江井ヶ島

江井ヶ島付近の高台の写真。むこうには海と砂浜が見える。「浜の散歩道」と書かれた看板がある。
江井ヶ島の高台から海を見ました。

播磨サイクリングロードの道路の写真。左にカーブしていてその先は見えない。右側は青い海が広がっている。遠くに明石海峡大橋が見える。 
江井ヶ島から、東へ。ブラインドカーブのむこうに海が広がる、このような風景が好きです。

松江海岸

播磨サイクリングロードの「松江」付近の写真。海側の壁にはカラフルな絵が描かれていて、その前に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている。むこうには青い海と淡路島が見える。
気温は朝晩寒いくらいになりましたが、海水温は今がもっとも高い時期。砂浜や海上には、ウィンドサーフィンや水上バイクで遊ぶ人たちの姿がありましたよ。

播磨サイクリングロードの松江海岸付近の写真。砂浜に立つ松の木がサイクリングロードに木陰を作っている。
【播磨サイクリングロード】をあっという間に走り抜け、市街地を通って大蔵海岸まで帰りました。

明石海峡の青い風景

明石市大蔵海岸から見る明石海峡の風景。白い柵の前に2台の自転車、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」とフジのミニベロロード「コメットR」が停められている。むこうには青い海、青い空、淡路島と、明石海峡大橋が見える。
『大蔵海岸』まで戻ると、朝見たときよりもくっきりとした真夏のような濃い青の風景が見られました。



インド・ネパール料理店「ダウラギリ」でランチ

ステンレス製のお皿に盛られたカレーライスの写真。お皿に真ん中にライスが盛り付けられ、その左右にそれぞれ違う色のカレーが入っている。ライスの上には真っ赤なタンドリーチキンが乗っている。
私の自宅に帰着して自転車を置いてから、昼食を食べに出掛けました。

JR朝霧駅前にあるインド・ネパール料理店『ダウラギリ』で、カレーやタンドリーチキンを食べましたよ。

このお店は、以前は「明石高校」の近くにありましたが、2014年8月末に「朝霧駅前」に移転OPENしました。私の自宅からは徒歩圏内で、お料理も美味しく、近くにあって嬉しいお店です。

JR朝霧駅付近にあるインド・ネパール料理店「ダウラギリ」の店舗前の道路脇に立てられたインド国旗とネパール国旗が風に揺れている写真。
こんなかんじで、ほど良くたくさん走って、最後はお腹いっぱいになって、楽しいサイクリングの一日になりました。

はるばる遠くまで行かなくても、自転車ならいつもと違う方向へぶらぶらするだけで、ちょっとしたツーリングになりますね。


今回の走行記録

走行距離

・約71km

走行ルート




ツーリングの感想

自宅からそれほど遠くない「となり町」くらいのところでも、自転車で少し走ればすばらしい「発見」や「体験」が待っていることがあります。

遠くに行くだけが旅じゃない、「近くを旅する」という感覚が楽しめました。

「美しい風景」や「おいしい空気」、そういうものは少し街を離れればきっと見つかる。自転車が一緒なら、どこへ行くときもそういう期待が持てるものだと実感しました。


スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ニューワールドツーリスト|折り畳み用ベルト・保護具
次の記事 ≫
「オルトリーブ・サドルバッグM」その大きさ、どのくらい入るのか?