MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ サイクリングリポート ポタリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪の南堀江にある自転車屋さん「ヴェロライフ・アンプ」の店舗入り口の写真。商品の自転車が何台か並べられていて、その前に筆者の自転車「バイクフライデーのニューワールドツーリスト」と、友人の自転車「コメットR」が停められている。
何日も降り続いていた雨があがって、ふたたび真夏の暑さが戻ったある日の午後。

大阪で暮らす友人と一緒に、大阪の街を自転車ポタリングしました。


◎本文内で、折りたたみ小径車5LINKS2】のインプレッションも書いていますよ。



スポンサーリンク


電車で「輪行」して大阪へ

JR「明石駅」から新快速電車で37分

折りたたんで袋に収納された自転車「ニューワールドツーリスト」が駅のホームに置かれている写真。まもなく電車に乗るところ。
私は神戸から大阪までを自転車で自走することも多いですが、この日は出発時間が遅かったので、時間短縮のために「輪行」しました。

臨機応変に気軽に輪行できることは、やはりとても便利です。また「新快速電車」はとても速いので、街から街への移動時間短縮には最適です。


「大阪駅」でニューワールドツーリストを組み立てる

JR大阪駅の構内で、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」が折り畳み状態から組み立てられている途中の写真。
お昼の12時半頃、JR「大阪駅」に到着。駅構内の人通りの少ないところを探して【ニューワールドツーリスト】を組み立てました。


大阪中央郵便局前で待ち合わせ

大阪中央郵便局付近の写真。四角い建物があり、水色に塗られた壁には虹の絵が描かれている。
友人とは、【大阪中央郵便局】前で待ち合わせました。

この四角い水色の建物が待ち合わせの「目印」。この建物は駅のホームからも良く見えます。

『虹の橋』(意味深)を渡る自転車の絵、打ち上げ花火、大阪城のシルエットなど、なんだかよく解らないけれど素敵ですね(適当)。



大阪駅から南へポタリング

大阪中央郵便局前の広場の入り口に、2台の自転車「ニューワールドツーリスト」と「コメットR」が停められている写真。
午後1時頃、友人と合流して、大阪市内中心部を南へと走り出しました。

友人の自転車【コメットR】

友人の自転車「コメットR」の写真。赤いハンドル、青と黄色のフレームで、派手な外観をしている。
以前、コメットRのカスタムが完了し納車された日に、二人で一緒に走りました。その後、また更にあちこちパーツを変更していて、さらに走行性能が向上しています。

大阪市役所付近の道路の写真。道路は8車線あり、たくさんの車が走っている。むこうに大阪市役所の建物が見える。
【御堂筋】を南へ。交通状況に応じて車道を走ったり・歩道を走ったりしました。

途中、「南船場」「心斎橋」「アメリカ村」などの小道を抜けながら、「南堀江」を目指しました。



Velo life UNPEU(ヴェロライフ・アンプ)へ

大阪の南堀江にある自転車屋さん「ヴェロライフ・アンプ」の店舗の外観の写真。青いタイル貼りの壁の建物で、入り口には青いテントが付けられている。商品の自転車が何台か並べられていて、その前に筆者の自転車「バイクフライデーのニューワールドツーリスト」と、友人の自転車「コメットR」が停められている。
大阪・南堀江にある自転車屋さん【Velo life UNPEUヴェロライフ・アンプ)】に行きました。

小径車(ミニベロ)を中心に、マニアックな自転車が取り揃えられていて、センスフルなお店です。

とてもオシャレな店内

大阪の南堀江にある自転車屋さん「ヴェロライフ・アンプ」の店内の写真。白い壁に木製のパネルや装飾がされていて、窓辺には商品の自転車がたくさん飾られ、壁には自転車の部品やアクセサリーなどがたくさん吊り下げられている。
お店の中には実にいろいろなモノが詰め込まれいるのに、どこか「整然」とした雰囲気を感じます。お店の人のこだわりが目に見えるというのは、このような状態のことだと思います。

◎関連リンク:「Velo life UNPEU」ホームページ


「5LINKS2」に試乗

大阪の南堀江にある自転車屋さん「ヴェロライフ・アンプ」の店内の写真。たくさんのミニベロが並べられていて、一番手前には「ファイブリンクス・ツー」という折り畳み自転車が置かれている。
今回のポタリングの目的の1つは、ちょっと気になる折り畳み自転車「5LINKS2」の実物を見てみることでした。

今回訪れた「Velo life UNPEU(ヴェロライフ・アンプ)」は、「5LINKS2」の展示車を置いているお店です。

◎関連リンク:「5LINKS」ウェブサイト

「5LINKS2」折りたたみ状態

折り畳み小径車「ファイブリンクス・ツー」が折り畳まれた状態の写真。縦に長い形をしている。
「5LINKS2」は、特殊な折り畳み機構を持っていて、ものの数十秒で折り畳みが完了します。

折り畳み形状は縦長で、高さはありますが面積を取りません。ちょうど「折りたたんだベビーカー」のようなかんじですね。

折り畳んだ状態で自立し、ハンドルを持ってコロコロと転がして歩くこともできます。

「サッと畳んでカバーをかけて、バスや電車に乗る」という使い方がぴったりだと思います。


「5LINKS2」を試乗した感想

◎今回試乗させてもらったのは、内装5段変速仕様の【5LINKS2 165】というモデルです。

不思議なハンドリング

「5LINKS2」に乗ってまず気が付くのは、ハンドリングの「奇妙さ」です。特殊な折り畳み機構を持つため、ハンドルとステアリングコラムの位置関係が変わっています。ステアリングの反応が遅いのか、いや早いのか、なんというか確実に「ズレてる」感じがあります。
とにかく浮遊感のような奇妙な感覚があるのは確かで、それを忘れるには「慣れ」が必要でしょう。あえて言うなら、「けっしてスポーツ走行には向いていない」と断言できます。

意外に走る・進む

ペダルを踏んで加速して、ペダルを止めて惰性で進む。これだけで自転車の大体のことは判ります。それで「5LINKS2」はどうかと言うと、「予想外によく走る」という印象です。思いがけずグングン加速して、惰性での進み具合も軽くピューっと走ります。ママチャリ的に使うシティライドなら、この走行感は気持ちが良いと思います。

乗車姿勢

「5LINKS2」はアップライトなポジションながら、窮屈さを感じませんでした(私の身長:170cm)。また、脚の重さをペダルの回転運動に変換しやすく、軽い力で回すことができました。ステムとシートポストはパーツ交換ができそうなので、ポジションを変えることもできると思います。

乗り心地

「5LINKS2」は折り畳み小径車としては大変良好な乗り心地で、軽快さと安定感があります。
メインフレームは折りたたみの際にも途中で折れ曲がったりする構造を持っていないので、妙な振動やガタつきを感じさせない、折り畳み自転車であることを忘れられる乗り心地です。

総評

「折りたたみ」「輪行」「街乗り」など用途・使い方が「5LINKS2」に合っていて、独特なハンドリングが苦手じゃない人なら、ちょうどいい自転車であるといえるでしょう。
自転車としての作りは悪くなく、折りたたみ構造以外は特殊な作りではないので、日常的なメンテナンスやパンク修理の際に頭を悩ませることもないでしょう。




Enjoy!Cafe(エンジョイ・カフェ)へ

大阪の南堀江にある飲食店「エンジョイ・カフェ」の入り口の写真。掲示板のようなものに、お料理の写真や説明が書かれている。上には大きく「エンジョイ・カフェ」と書かれている。
Velo life UNPEU(ヴェロライフ・アンプ)で「5LINKS2」を見させてもらった後は、【エンジョイ・カフェ】というお店に行きました。

◎関連リンク:「Enjoy!Cafe」のホームページ

このお店はVelo life UNPEU(ヴェロライフ・アンプ)とは道路を挟んで「向かい」にあります。

オムライスの上にハンバーグが乗せられて、たっぷりのハヤシソースがかけられたお料理の写真。
友人はお昼ご飯を食べずに来ていたので、ここでガッツリとランチを食べていました。「オムライス」にハンバーグが乗ってハヤシソースがかかったお料理で、迫力がありました。

チーズケーキの写真。お皿にはキャラメルソースで装飾がされている。
私は昼食は済ませていたので、「チーズケーキ」と「アップルジュース」をいただきました。

お料理・ケーキの感想は、二人とも「うん、普通。」(笑)

「フツーに美味しい。」「ですよね。」となりました。(※美味しいという意味です)

美味しいけれど「どうおいしい」と語れるほどの特長は無い、そういう場合に「普通においしい」という表現になるんだと思います。いや~普通に美味しかったです。

自転車で利用しやすい

大阪の南堀江にある飲食店「エンジョイ・カフェ」の店内、窓辺の席から外を眺めた写真。窓の外には2台の自転車「ニューワールドツーリスト」と「コメットR」が停められているのが見える。
【エンジョイ・カフェ】は、テーブル席の横に大きな窓ガラスがあって、外に停めた自転車がすぐ横に見えるので、安心して食事ができました。

「自転車で利用しやすい」という自転車グルメの必須条件を満たしていますね。



BECK ON(ベックオン)へ

大阪の本町にある自転車屋さん「ベックオン」の店舗入り口付近の写真。ガラス張りのショーウィンドウの中にはロードバイクが展示されている。その前に、2台の自転車「ニューワールドツーリスト」と「コメットR」が停められている。
食事の後は、南堀江から折り返して北上。本町にある【BECK ONベックオン)】に行きました。

◎関連リンク:「BECK ON(ベックオン)」ホームページ


「CASCO スピードエアロ」を試着

以前「ベックオン」のホームページブログで見て気になっていたヘルメット、【CASCOカスコ)のスピードエアロ】を試着してみました。

◎関連リンク:BECK ONのブログの「CASCO スピードエアロ」の紹介ページ

自転車用のヘルメットの写真。つや消しブラックで、たくさんのエアスリットが設けられていて、目の部分にはシールドがついている。
ヘルメットは頭の形(=大きさではない)に合う・合わないがあるので、見た目で気に入ってどんなに欲しくても、頭の形に合わないものは使えません。

この「CASCO スピードエアロ」を被ってみると、嬉しい事に私の頭には概ね合っていて、妙な隙間や、変に当たるところ、痛いところなどありませんでした。

エアロスリットは前も後ろもかなりの面積があり、相当な通気性が期待できます。バイザーは日中使い易いスモークグレーで、上方に跳ね上げることもできました。

かなり高機能で格好良く、実物を見て納得したので、次のヘルメットの購入候補になりました。


新しい「携帯工具」と「ポーチ」を購入

自転車用の携帯用工具が2種類と、赤いポーチが1つ、ガラス製の台の上に置かれた写真。
せっかくお店を訪れたので必要なものを買っておこうと思い、私は「携帯工具」を2種類と、小さなポーチを買いました。

それぞれ、【トピーク ミニ6ツール】【トピーク リンク11】【JIB マイクロクラッチ】です。

携帯工具は「持ち物の軽量化」のために、ミニポーチは2つの携帯工具をまとめて収納するために買いました。

 携帯工具の「軽量化」の結果を書いた記事はこちら



帰路へ

大阪中央郵便局付近の写真。四角い建物があり、水色に塗られた壁には虹の絵が描かれている。むこうには横断歩道があり、その手前に2台の自転車「ニューワールドツーリスト」と「コメットR」が停められている。
BECK ON(ベックオン)を後にして、それから少し北へ走ればJR「大阪駅」前に到着。

時刻は16時半頃で、気が付けば夕方の陽射しに変わっていました。8月を過ぎ9月になると、思いのほか日が短くなっていることを実感します。

JR大阪駅の構内で、バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」が小さく折り畳まれている写真。壁には「エキマルシェ」と書かれている。
友人とはJR「大阪駅」でお別れして、私は帰りもまた電車で輪行して帰ったのでした。

午後からの短い時間のお出掛けでしたが、楽しいポタリングとなりました。

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
おすすめの自転車用「偏光サングラス」|交換レンズ付きで昼夜OK
次の記事 ≫
低コストでできる自転車の軽量化|「携帯工具」を軽いものに変更