MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ バッグ・収納 ブロンプトン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロンプトンにぴったりなボトルケージ

ブロンプトンにぴったりなボトルケージ(ボトルホルダー)の装着イメージ写真
ブロンプトンにぴったりな、ボトルケージドリンクホルダーとして使えるアイテムを紹介します。

「飲み物」が出し入れしやすく、折り畳み時にも邪魔にならないので便利ですよ。

◎ブロンプトン以外の折り畳み自転車に使えることもありますよ。


ブロンプトンのおすすめボトルケージ「第2弾」です

ちなみに以前も「ブロンプトンのボトルケージにぴったりなアイテム」を紹介しました。

このブログで紹介した後、ものすごく人気が出て、使っている人が一気に増えましたね。

◎以前の記事


ところが最近、メーカーが在庫切れになるなどして手に入れにくい状況が続いている様子。

ということで「他にもっと良いアイテムはないか?」と探してみました。

そして見つけたのが今回紹介するこのアイテム。


◎より新しい製品はこちら
ブロンプトンのボトルケージの決定版!ついに「ブロンプトン専用のドリンクホルダー」が2017年8月に新発売。こちらが断然オススメです。

このページとあわせて新着情報もぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク


MAMMUT(マムート) ボトルホルダー

このアイテムは、アウトドアブランド『マムート』の「アドオンボトルホルダー」という製品。

ブロンプトンボトルケージとして使用するのに最適なアイテムですよ。

02-1

ブロンプトンに装着した様子

出し入れしやすいハンドルの近く、ステムの部分に飲み物をセットすることができます。

02-2

幅広いサイズのボトルに対応

ボトルのサイズに合わせてフィット感を調節できるので、

収納するドリンクはペットボトルからサイクルボトルまで、幅広いサイズに対応します。

ペットボトルでの使用例

500mlペットボトルなら全体がすっぽりと収納でき、しっかりホールドされます。

02-3

サイクルボトルでの使用例

太くて背が高い、大きめのサイクルボトルもしっかりホールド。出し入れもスムーズです。

02-4

こんなかんじで、ブロンプトンにも飲み物を置く場所が作れますよ。

02-5




各部の作りやサイズ調節の仕組みをチェック

「マムート・アドオンボトルホルダー」をもう少し詳しく見てみましょう。

03-1

背面には「ベルト」が2本

本体裏側には取り付け用のベルトが2本付いています。さらに上部にはドローコードが1本

また背面には硬いプレートが入っているから、フニャフニャせずにしっかりしていますよ。

03-2

包み込むようなカタチ

本体メイン生地には丈夫で柔軟性がある420Dナイロン生地を使用。

カタチは円筒形ではなく、ボトルを左右から包み込むような形状をしています。

03-3

本体を大きく開くとこんなかんじ。

03-4

巻き込み具合で「サイズ調節」ができる仕組み

ボトルのサイズに合わせて本体の巻き込み具合を変えることで、どんなボトルにもぴったりフィットさせることができる仕組みになっていますよ。

03-5

キツいと出し入れしにくいし、ブカブカだと段差などでボトルが飛び出しやすく危険。ボトルに合わせて調節できるのはいいですね




取り付け方法

車体への取り付けは超かんたん。工具は不要でいつでも着脱できますよ。

1.背面のベルトを留める

04-1
2本のベルトをステムに巻き付けます。遊びが無いようにキッチリ留めるといいかんじ。

2.ドローコードを引っ掛ける

04-3
上部のドローコードをステムてっぺんの突起部・ボルトに引っ掛けて、グイっと引いて留めます。

◎これが結構重要で、これをしないとボトルホルダーが下にズリ落ちて、左右にくるくる回ってしまいます。でもこうすればこの位置で安定します。

3.できあがり

04-4
取り付け完了するとこんなかんじ。シンプルですが野暮ったさはなく、都会的な印象がありますね。




ソフト素材だから、折り畳み時もじゃまになりません

このボトルホルダーのいちばんのポイントは、折り畳み時にストレスにならないということ。

柔軟性のあるソフト素材なのでじゃまにならず、面倒な着脱は不要です。

05-1

ふつうのボトルケージだと折り畳み時じゃまになる

想像してみてください。金属やプラスチック製のボトルケージだと、硬い突起が飛び出した形になりますよね。で、じゃまになるからいちいち取り外す必要がでてきます。

◎ボトルケージの簡易着脱には次のようなアイテムがよく使われますよ。

で、ブロンプトンを折り畳んで、取り外したボトルケージはどうするの?結局それじゃまですよね?う~んスマートじゃない。

そこで便利なのがこの「マムート・アドオンボトルホルダー」です。


付けたままでもじゃまにならないから、面倒な着脱は不要

折り畳み時、「ボトルホルダー」は外側に来ますが大丈夫。ソフト素材だから邪魔になりません。

05-2
力が加わればグニャンと変形するので、ぶつかっても大丈夫。輪行袋を被せる時も勝手にペチャッと潰れてくれます。

まったく邪魔にならないので、ブロンプトンを折り畳むたびに取り外す必要は無いんです。これなら使いやすくて便利ですね。

ブロンプトンの一番の特長は「最も簡単に&小さく折りたためること」だから、ブロンプトンに装着するボトルケージはこうでなくっちゃ。




まとめ:ブロンプトンには必須かも、そのくらいオススメです

というわけで、ご紹介してきた「マムート・アドオンボトルホルダー」。かなりオススメですよ。

06-1

以前、ブロンプトンの必須アイテム&おすすめアイテムをまとめた「ブロンプトンを買ったら必要な用品&やっておきたいパーツ交換を8つ紹介します」という記事を書きましたが、

今回紹介した「マムート・アドオンボトルホルダー」も、同じく必須アイテムと言ってもいいレベルですね。そのくらい便利でオススメです。

06-2

また、以前紹介した「ブロンプトンにぴったりな、ボトルケージ&小物入れになるアイテム」と比較すると、

「マムート・アドオンボトルホルダー」のほうがさらに使い易く、機能性も上ですね。

06-3
以上、「ブロンプトンや折り畳み自転車のボトルケージとして使えるアイテム」のご紹介でした。あなたも使ってみてはいかが?


 「マムート・アドオンボトルホルダー」はAmazonで購入できます


◎よく売り切れます、在庫がある時はお早めに

今回ご紹介した「ボトルホルダー」。ややレアなアイテムなので一度売り切れるとしばらく欠品することがあります。

一度完売しても、待っていると再入荷されるタイミングがあるので、ほしい人はときどき在庫をチェックしてみてくださいね。



◎こちらの記事もオススメです

 【新製品】ブロンプトンのボトルケージの決定版!専用設計のドリンクホルダーが登場です

 飲み物を入れるボトルはどれがいい?オススメのサイクルボトルを紹介

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
滋賀県マキノのメタセコイア並木道を自転車で走ろう|レンタサイクルもあるよ
次の記事 ≫
自転車が何度も繰り返しパンクする?7つの原因が考えられるよ