MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ アイテム・用品 服・ウェア類

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの高機能インナーウェアを紹介します

「超暖かいインナーウェア」の文字と、自転車にオススメな暖かいインナーウェア「アンダーアーマー・コールドギア」の写真

自転車乗りにとって、冬の寒さは厳しいもの。

それでもサイクリングを楽しむなら、寒さに負けない準備が必要です。

あなたはどんな服装で自転車に乗っていますか?

ぼくは普段着の時も、サイクルウェアの時も「インナーウェア」にこだわっています。

高機能なインナーウェアで、寒さ&汗冷え対策ができますよ。

ということで今回は、

冬のサイクリングにおすすめな、超暖かいインナーウェア」を1つ紹介します。


◎「使い方」や「選び方」のポイントも簡単にまとめてみました。

◎のんびり走るミニベロの人にも、運動量が多いロードバイクの人にも参考になればと思います。


スポンサーリンク


アンダーアーマーの「コールドギア」

高機能スポーツウェアブランド「アンダーアーマー」の、

冬用ベースレイヤーシリーズ「コールドギア」。

◎アンダーアーマー公式サイト|コールドギア
00

「コールドギア」は、数あるスポーツインナーの中でも抜群に暖かく快適です。

本当に暖かいので、自転車以外にも、僕は冬のお出かけやランニングの時にも着ていますよ。

IMG_2482s

「これ1枚で暖かい」を目指した高機能インナー

自転車やアウトドアスポーツにとって、冬の寒さは大敵です。

「寒い」、 ただそれだけでカラダが思うように動かなくなったり、怪我をしやすくなります。

だからといって厚着をすると動きにくく、暑くもなりやすい

ではどうすればいいの?

そんな時に、まず「1枚」着ることで暖かさと動きやすさを確保する。

「コールドギア」は、そんなコンセプトから生まれた冬専用のインナーウェアです。




コールドギアを使ってみた感想&使い方

ぼくはこれまで「コールドギア」を4シーズンくらい使ってきました。

その「使用感」や「使い方」はこんなかんじ。


着た瞬間に「あたたかさ」を感じる

05
寒い冬、ふつうの下着や速乾ウェアに袖を通すと、肌にふれた瞬間にヒヤッと冷たさを感じます。

ところが、アンダーアーマーの「コールドギア」なら、

着た瞬間からほのかに暖かさが感じられるレベル

その暖かさは本物です。初めて着た時には驚きましたね。

マイクロファイバーの生地が体温を逃がさないように守ってくれて、肌触りも良いですよ。


気温「10℃未満」での使用に対応

「コールドギア」は気温一桁・10℃未満での使用に最適です。

運動量にもよりますが、5℃程度がベストコンディションだと感じます。

かなり暖かいので、10℃以上ある時に着ると暑くなりやすいですね。

例えばランニングなら、ウォームアップ後はこれ1枚だけで他には何も着なくても活動できるほどの暖かさ。

自転車で使う場合は、風を切って走るので1枚だけでは肌寒いです。

冷たい風が肌に直接あたらないように、「ウィンドブレーカー」などを上から着るのが基本的な使い方です。

06

サイクリングにちょうどいい暖かさ

「コールドギア」の保温性は、自転車での使用にちょうどいい暖かさです。

寒冷時に使えば「暖かすぎる」ということはなく、じっとしている時よりも、体を動かしている時がもっとも快適に感じられます。

「保温性」で選ぶなら、暖かいインナーウェアは他にもあります。

しかし、自転車で使った時に「ちょうどいい」と感じるかどうかは、「性能バランス」に左右されます。

コールドギアは「暖かさ」と「速乾性」のバランスが良いですね。

ということで、ぼくは真冬のサイクリングには「コールドギア」が気に入っていますよ。


コールドギアを着ると「動きやすい」

「コールドギア」の暖かさを生かせば、重ね着枚数を少なくしたり、上着を薄いものに変えることもできます。

例えば、コールドギアの上に「ウィンドブレーカーを1枚だけ」という薄着で出かけることも可能。結果的に身軽に・動きやすくなりますよ。

特に「普段着」で自転車に乗る時は、冬は厚着になりがちなので、1枚でも薄くできるといいですよね。コールドギアならそれが可能です。

◎コールドギアの「高い伸縮性」もまた動きやすさにつながっています。


「丈夫」で「下着っぽくない」のが良い

「コールドギア」は、これ1枚でも活動できるようにデザインされています。

上着を脱いだ時や、半袖Tシャツと重ね着する時、見た目が「下着」っぽくないので、だらしなく見えません。

生地はインナーウェアとしては丈夫なほうで、擦れにも強いですね。

ぼくが今持っているものは2~4シーズン使っていますが、これといった傷みはありません。

一方、ライバル製品である「モンベルのジオラインシリーズ」は、いかにも下着という見た目で、生地は毛玉っぽくなりやすいです。ぼくはジオラインシリーズも使ってますよ。

「コールドギア」は下着としてだけでなく単体でも使える「見た目」と「丈夫さ」があるので、使い勝手が良いですね。


「吸汗速乾性」が高く、汗冷えしにくい

「コールドギア」は汗をかいても快適です。

体が温まって汗をかいても「濡れてびしょびしょ」という状態になりにくいですね。だから、汗冷えしにくいんです。

保温性重視のインナーウェアとしては、コールドギアの汗処理能力は高いですね。

ただし「保温性」と「速乾性」は引き換えです。速乾性では「速乾性重視のインナーウェア」が勝ります。

例えば、アンダーアーマーの夏用インナー「ヒートギア」や、モンベルの「ジオラインL.W.」と比べると、「コールドギア」は保温性が高いぶん速乾性ではやや劣ります。

とはいえ、ユニクロの「ヒートテック」等と比べれば、「保温性」も「速乾性」どちらも格段に優れていますよ。

◎また「抗菌防臭加工」がされているから汗臭くなりにくいというのも嬉しいポイント。本当に全然においません。


たくさん汗をかく時は「ドライレイヤー」との組み合わせが◎

IMG_2512
トレーニングやヒルクライムなど、運動量が多く、たくさん汗をかく時は、

「速乾性」が追いつかないことがあります。これはどんなインナーウェアにも起きる問題。

そんな時は「ファイントラックのドライレイヤー」をコールドギアの下にプラスすることで解決できます。

【解説】ドライレイヤーとは?

「ドライレイヤー」はインナーウェアが吸い上げた汗を肌に戻さないための特殊なインナー。インナーの下に着るインナーです。

速乾性が間に合わない程の汗をかく時は、ドライレイヤーと組み合わせることで、

コールドギアの「保温性」と、ドライレイヤーの「汗戻りしない」が両方手に入りますよ。


コールドギアを使った「着こなし」のパターン例

ぼくは自転車に乗るとき、サイクルウェアを着る時もあれば、普段着の時もあります。

その「組み合わせのパターン」はこんなかんじ。

◎ポタリング・街乗りなど、のんびり走る時

【コールドギア】+【薄手のフリース】+【上着】

◎ふつうにサイクリング、そこそこ運動量がある時

【コールドギア】+【ウィンドブレーカージャケット】

◎トレーニング、山登りなど、たくさん汗をかく時

【ドライレイヤー】+【コールドギア】+【ウィンドブレーカージャケット】

上記のような組み合わせで、10℃未満の寒冷時を概ね快適に過ごせています。

「風を通さず、蒸れは出ていくような服」との組み合わせがベターですね。

上から着る服で「温度調節」をおこないますよ。

「薄手のウィンドブレーカー」や「厚手の冬用ジャケット」などを気温や運動量に合わせて使い分けるのがポイントです。




コールドギアは、こんな時にオススメです

c02s

冬のサイクリングが寒くてたまらない時に

特に、スポーツ走行ではなく、のんびりサイクリングを楽しむ時は、

運動量が少なくカラダが温まらないことがありますよね。

自転車に乗ると、とにかく寒いと感じている人に試してみてほしいです。


寒いのに「汗による濡れ」が気になる時に

冬でも、坂道を上ったりハードにペダリングをすれば、カラダは温まり、汗をかくことも。

冬は、かいた汗が乾きにくく、汗が冷えるとカラダを冷やします

そんな時、服の下にコールドギアを着ておけば、かいた汗が乾きやすく、体が冷えにくくなりますよ。


ふつうのインナーウェアでは物足りない時に

どんなインナーウェアでも、着ないよりは着たほうが寒さはマシですよね。

しかし、その暖かさに満足かと聞かれたら、物足りないものは多いです。

そんな「もっと暖かいインナーがほしいという時にコールドギアがオススメです。

暖かさを重視するなら、自転車ウェアブランドのものより性能は上だと、ぼくは思います。





「コールドギア」の使い方のポイント

「コールドギア」の性能を活かして、快適に使うためにはいくつかのポイントがありますよ。

c01s

コールドギアは「10℃未満」で使う

「コールドギア」は冬専用の高機能インナーウェアです。

本当に寒い時にのみ、その性能・快適性は実感できます。

コールドギアが快適に使える気温の目安は「10℃未満」。

気温が10℃以上ある時に使うと、暑くなりやすく、余計な汗をかく原因になるので注意してくださいね。


コールドギアの上には「通気性」のある服を

汗をかいたときの「速乾性」は、気化した水分の出口があって初めて機能します。

例えば、中が蒸れるビニールカッパのような状態では、速乾性は機能しません。

コールドギアの速乾性を活かすなら、

上に着る服には「適度に通気性がある、蒸れないもの」を選びましょう。


暑いと感じる時は「厚着」を少なく

コールドギアは、重ね着を1枚少なくできるくらい暖かいです。

汗をかき過ぎるようなら「厚着」が原因かもしれません。

暑いと感じる時は「1枚脱ぐ」「上着のジッパーを開ける」など温度調節をしてみましょう。

それでも暑いなら、コールドギアを着る必要はありませんね。


洗濯時、「柔軟剤」は厳禁

これはコールドギアに限った話ではありませんが、

柔軟剤」は吸汗速乾ウェアの性能をガタ落ちさせます

洗濯する時は「柔軟剤」の入っていない洗剤を使いましょう。

ちなみに、ぼくは「ナノックス」や「ハイジア」などの洗剤を使っていますよ。




気を付けて、「コールドギア」と「ヒートギア」

アンダーアーマーには「コールドギア」のほかに「ヒートギア」というシリーズがありますよ。

簡単にいえば、コールドギアが寒い時用ヒートギアが暑い時用です。

IMG_2496
◎ヒートギアは、肌に触れた瞬間にひんやり冷たさを感じる。

選ぶときに間違いやすい、普通とは「逆」のネーミング

一般的に「ヒート○○○」といえば「冬用の暖かい肌着」などのネーミングですが、

アンダーアーマーの場合は逆で、「ヒートギア」は夏や暑い時用のインナーウェアです。

そして、「コールドギア」が冬の寒さに対応するラインナップとなっていますよ。

ちょっと紛らわしいですよね。購入するときは間違わないように気を付けましょう。


「保温性」と「速乾性」のバランスに違いがある

「コールドギア」と「ヒートギア」は性能バランスが異なります。

ぼくの実感をもとに5段階で評価するとこんなかんじ。

◎コールドギア(寒い時用)

  • 速乾性:★★★
  • 保温性:★★★★★

◎ヒートギア(暑い時用)

  • 速乾性:★★★★★
  • 保温性:★
保温性」を重視するならコールドギア、「速乾性」を重視するならヒートギアというふうに、シーンに応じて使い分けができます。

自転車で使うなら、厳寒期以外はヒートギアが最適ですね。

 関連記事アンダーアーマーのヒートギアについて紹介している記事はこちら





その他のポイント

好みで選べる「フィット感」

アンダーアーマーのインナートップスは「フィット感」が選べます。

◎コンプレッション

肌にぴったりフィットする、体のラインが出るタイプ。運動量が多い時に最適で、肌に密着することで汗をよく吸うというメリットがあります。

◎フィッティド

体のラインに適度にフィットする、締め付け感がないタイプ。運動量が少ない時はこちらが使いやすいです。上着を脱いだ時にも恥ずかしくないのが良いですね。

ラインナップ全体で見ると「コンプレッション」が中心で、「フィッティド」は少ないのですが、着心地の良さでは「フィッティド」のほうがぼくは好きですね。


好みで選べる「ネックタイプ」

アンダーアーマーのインナートップスは「首元の形状」が選べます。

◎クルーネック

一般的なTシャツなどと同じ、ふつうの丸首タイプ。ぼくはこっちが好き。

◎モックネック

襟に少しだけ高さがあるタイプ、首元まで暖かい。

その他にも、タートルネックジッパー付きフード付きのラインナップも用意されていますよ。お好みのネックタイプを選ぶといいでしょう。


より高機能なラインナップも

アンダーアーマーの「コールドギア」シリーズには、いろいろな製品があります。

なかでも、商品名に「INFRARED」という表記があるものは、

コールドギアの「特に暖かいバージョン」です。

熱を逃がさない「セラミックプリント」が施されていて、通常のコールドギアよりもさらに保温性がアップしていますよ。

ふつうのコールドギアでは暖かさがまだ足りないという時の選択肢ですね。

「暖かすぎ注意」ってかんじなので、まずは通常のコールドギアから試してみることをオススメします。




まとめ

アンダーアーマーのコールドギアは本当に暖かいです。

これを着れば、冬のサイクリングをより暖かく・快適に楽しめますよ。

IMG_2476e

冬の間、色々なシーンに使い回しがきくので、ぼくは自転車以外の時にも着ています。

使い方にはいくつかのポイントがありますが、

あなたの用途や運動量にマッチするなら、冬用インナーとしては最高の1枚になるでしょう。

冬の寒さに負けそうな人は「コールドギア」を試してみてはいかが?おすすめです。


 アンダーアーマーの「コールドギア」はAmazonで購入できます


◎「足先の冷え」にはシューズカバーがオススメです

パールイズミの「プレミアムシューズカバー」は足の冷え対策に効果がありますね。(値段は驚くほど高かった)

シューズカバーの装着にはコツが要りますが、1サイズ大きめを選ぶと装着しやすいですよ。


◎こちらの記事もぜひ参考に

 オールシーズン快適に使える、オススメのインナーウェアを2つ紹介

 カジュアルなサイクルウェアをお探しのあなたにオススメのお店

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加


フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
イトーサイクルのブロンプトン用ライトブラケットの問題報告&改良部品の提供について
次の記事 ≫
ブロンプトンの組み立てがスムーズになるカスタムパーツを紹介するよ