『ポタリング情報サイトPOTA BIKE』で投稿募集中

【新製品ニュース】自転車のハンドル・ステムの近くに装着できる便利なポーチの新型が発売

2020年11月、POTA BIKE(ポタバイク)より、

自転車のハンドル・ステムの近くに装着できる便利なポーチ新型が発売になりましたので、

新製品ニュースとして皆さんにお伝えします。

ミニベロからロードバイクまで、幅広い種類の自転車で使える便利グッズで、

人気アイテム2つを合体・進化させたような製品に仕上がっていますよ。

詳しくは下記および公式サイトをぜひご確認ください。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2

新製品の名前は『ハンドルステムポーチ2』。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2の画像 POTA BIKE ハンドルステムポーチ2の画像

POTA BIKEの従来製品「ステムサイドポーチ」と「ハンドルセンターポーチ」を合体・進化させるイメージで開発された第2世代ということで、

ハンドルステムポーチ2』という名前になりました。

製品の概要|こんなアイテムです

『POTA BIKE ハンドルステムポーチ2』は、

自転車のハンドル・ステムの近くに装着できる便利なポーチ

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2をクロスバイクに装着した写真
フラットハンドル/クロスバイクでの装着例

飲み物のボトルを入れたり、スマートフォン・モバイルバッテリーを収納するなど、

これ1つでドリンクホルダーにも小物入れにもなる便利グッズです。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2の使用例・収納例の写真。サイクルボトル・ペットボトル・スマートフォン・補給食などを収納している様子。
使用例

ベルトの位置を付け替えることで、幅広い車種に装着できます

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2をロードバイクに装着し、サイクルボトルを収納した写真
ロードバイクでの装着例
POTA BIKE ハンドルステムポーチ2をミニベロロードに装着した写真
ミニベロロードでの装着例

また、折り畳み自転車「BROMPTON」にも完全対応

BROMPTON用に開発した従来製品「ハンドルセンターポーチ」と同様のフィット感を受け継いでいますよ。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2を折りたたみ自転車BROMPTONに装着した写真

\公式サイトで見るならこちら/

新型の進化したところ

新しい『ハンドルステムポーチ2』では、次のようなところが進化・向上しています。

1つで幅広い車種に装着可能に

取り付けベルトの位置を自転車に合わせて自由に付け替えられる仕様にすることで、1つで幅広い車種に装着できるようになりました。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2を折り畳みミニベロに装着した写真

また、BROMPTON用に専用ベルトが付属。ブロンプトンにもぴったりフィットします。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2を折りたたみ自転車BROMPTONに装着した写真
いままではこうだった
従来製品「ステムサイドポーチ」と「ハンドルセンターポーチ」は、誰にでも分かりやすいシンプルな作りを重視していたので、ベルトの位置があらかじめ決まった形状で、

それぞれ「ステムの突き出しがある車種専用」と「BROMPTON専用」という専用設計スタイルでした。

サイズが少し大きくなった

新しい『ハンドルステムポーチ2』は、従来製品よりも直径が約1cm大きくなり、収納容量が増えました。

いままでギリギリ・キツキツだった荷物も、もう少しだけ余裕をもって収納できるかもしれませんね。

片手で開閉できるようになった

上部の「巾着部分」は、片手で開け閉めできるようになりました。

巾着部分を開け閉めする様子
ドローコードを引くと閉まる/コードストッパーを移動すると緩む

スムーズに開け閉めするにはコツが要りますが、片手で開け閉めできると便利な場面は多そうです。

日本製の資材をふんだんに使用

一般に、国内生産の製品であっても、その材料のほとんどは海外製であるのが実情です。

『ハンドルステムポーチ2』は、製品材料の約90%に日本製の高品質資材を使用しています。

\公式サイトで見るならこちら/

これまでと変わらないところ

以下の点は、従来製品「ステムサイドポーチ」「ハンドルセンターポーチ」の良いところを継承しています。

使えばわかる、絶妙なサイズ感

同じように見えるアイテムでも、使い勝手はそれぞれ異なります。その理由の1つに「サイズ感」の作り込み精度の差があります。

POTA BIKEのポーチは、実際に収納することが想定される様々な荷物にあわせて、いわば「最大公約数」を見出すように試作・調整を重ねて開発されています。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2に飲み物のボトルを収納した写真

また、サイズだけではなく製品の硬さ・柔軟性の調節などを入念に行うことで、使用感をブラッシュアップ

その結果、例えば「サイクルボトル」を収納した時のフィット感・出し入れのしやすさは、多くの人にとって納得のいくものになっていると思います。

BROMPTONにも完全対応

BROMPTON専用に開発された従来製品「ハンドルセンターポーチ」が持つ、BROMPTONとのフィット感・親和性の高さを『ハンドルステムポーチ2』に継承

今回もBROMPTONのハンドル仕様に合わせた微調整を繰り返して開発されています。

従来製品「ハンドルセンターポーチ」をお使いの人には、きっと「これまで同様のフィット感」と「新製品ならではの進化」を感じていただけると思います。

従来製品「ハンドルセンターポーチ」の写真
従来製品「ハンドルセンターポーチ」
POTA BIKE ハンドルステムポーチ2を折りたたみ自転車BROMPTONに装着した写真
新製品「ハンドルステムポーチ2」

また、製品の仕様が大幅に変わった一方で、従来製品と同様に本体の柔軟性を確保しているので、

ブロンプトンを折り畳んだ時にも、硬いボトルケージのように飛び出た部分が邪魔になることがありません

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2を装着したBROMPTONを折りたたんだ状態の写真。柔らかいから収納時などにも邪魔にならないことを示している。

輪行バッグに収納する時も付けたままでOK。装着したままブロンプトンを折り畳んで、輪行袋に収納できます。

一言メモ

従来製品の良いところは受け継いで、伸びしろは伸ばす。そんなふうにして「ハンドルステムポーチ2」は誕生しました。

カラーラインナップ

『POTA BIKE ハンドルステムポーチ2』は、4カラーでの発売になりました。

どんな自転車にも合わせやすい「モノトーン」と「アースカラー」のラインナップ。

POTA BIKE ハンドルステムポーチ2の画像

◎今後また新しいカラーが追加された時には下に追記する予定です。

◎在庫がない場合は、別のカラーが表示されることがあります。

まとめ

以上、POTA BIKEから新発売の『ハンドルステムポーチ2』についてダイジェストでお伝えしました。

詳しい使い方や【取り付け方法】【注意点】【Q&A】などは「POTA BIKE公式サイト」の製品情報ページでご覧いただけます。

\公式サイトをチェック!/

 

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUT US

ふじたひであき

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。自転車用品が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。