「魚釣り」に「自転車」をプラスすると、魚釣りがもっと楽しくなるよ

自転車クーラーボックス釣り竿を積めば、魚釣りにも行けますよね?

そこで!最近始めてみたのが「ミニベロフィッシング」。

魚釣りと自転車を組み合わせて遊んでみたら、これが面白くて、

ミニベロと魚釣りは相性が良い」ということも解りました。

ということで今回は「ミニベロ×魚釣り」の様子をお伝えします。

折りたたみ自転車と魚釣りで、どんなふうに遊べるのか?の参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

1.釣り場の移動や開拓に、自転車が役立ちます

車を置けない釣り場も、徒歩では遠い釣り場も、自転車があれば行ける

魚釣りには車に乗って行く事もよくあります。でも、車はどこにでも停められるわけではないので、車では直接アクセスできない釣り場は多いんですよね。

そんな時は、最寄の駐車可能場所に車を置いて、そこから自転車で移動すればいいんです。

01

車に自転車を積んで行って、「大きな移動は車で、小さな移動は自転車で」というかんじ。

歩くより速く・遠くまで行けるから移動の効率が良いし、手付かずの釣り場を開拓する事もできます。釣りのフィールドが広がりますよ。

車に積むなら折り畳み自転車が最適です
自転車を車に積むなら、タイヤが小さい「ミニベロ」や、コンパクトになる「折り畳み小径車」が最適。折り畳み小径車の本領発揮ってかんじです。

 

2.釣り道具を自転車に乗せれば、自転車で行ける場所すべてが釣り場に

自転車でアクセスできる場所ならどこでも釣りができる

こんなかんじで自転車にクーラーボックスと釣り竿を乗せてひとっ走りすれば、もう行けない釣り場はありません。

02

自転車×釣りは「島」に最適かも?

例えば、私がよく行く「淡路島」。島なので海岸線すべてが釣り場みたいなものなのですが、車が置ける場所は限られるので、近づけない場所は多いんです。

でも車に自転車を積んで行ったら、アクセスできる場所が増えて、釣り場がグッと広がりました。

釣り道具を乗せるならミニベロや折り畳み小径車がいいですね

自転車にリアキャリアが付いてないと釣り道具は積めませんよね。ミニベロや折り畳み小径車にはリアキャリア付きのモデルも多いですよ。

また、ミニベロや折り畳み小径車はタイヤが小さいぶん荷台の位置が低いので、荷物を積んでも不安定になりにくく、重たいクーラーボックスや長い釣り竿を乗せるのにちょうど良いんですよね。

 

3.移動&釣りがスピーディーです

03

自転車を停めて釣り竿を手に取れば、すぐに釣りができます。

例えば、ロッドスタンド付きのクーラーボックスを使えば、釣り竿を畳まずに長いまま自転車に乗せて走れるので、自転車で移動して着いたらすぐに釣りができます。

そして狙った魚がいないと判断するならまたすぐに移動することもできます。

写真のこの日はエギング(イカ釣り)をしましたよ。釣れるのはこんなやつ。

ika

場所を替えながら「釣り歩く」系のターゲットには自転車の移動の素早さが効いてきます。

 

4.釣り場の移動が楽チンです

釣り場が点在するエリアでは、状況に応じて釣り場を移動することも必要。だけどノロノロ歩いていては時間の無駄です。自転車があれば効率良く移動できますよ。

04
  • 「隣の港へ」
  • 「もう1つ南の釣り場へ」
  • 「あの岬の向こう側へ」

思いついたらすぐに移動できます。そして歩くよりずっと速くて楽です。

徒歩なら諦めてしまうような距離も、自転車なら楽にササッと動けるので、結果的にチャンスが増えますね

魚がいると思う場所へ行けばいいのです。

 

5.自転車で走り回れば、新たな釣り場を発見することも

新しい釣り場を求めて動き回るのは面白い。ときどきちょっとした冒険になることも。

下の写真では、海辺の住宅地を通り抜けて、草むらを抜けた先に、海岸へ出る階段を発見。

06

車ではアクセスできない、歩いて行くには遠すぎる、そんな場所へも自転車ならたどり着くことができるのです。

こういうアクセスが悪い場所は意外に好釣り場だったりして「穴場」なんですよね。写真のこの場所もそうで、自転車で走り回ったから見つけることができました。

 

6.自転車があれば、釣れなくても楽しい(笑)

05

魚釣りって、狙い通りに釣れる時もあれば、全然釣れない日もあります。釣り場の移動を繰り返す時って、大体釣れない日なんですが(笑)

でも、自転車があれば、釣れても・釣れなくても楽しいんですよね。

海辺の風景を眺めながら自転車で走れば、それだけで気持ちが良い。

魚釣りにサイクリングの気持ち良さがプラスされて、充実した時間が過ごせますよ。もう最高です。

 

まとめ

今回は「自転車×魚釣り」という遊び方について、簡単にご紹介してみました。

私は昔から魚釣りが趣味でずっとやってきましたが、自転車を組み合わせたことで、釣りの楽しみ方が広がった感じがします。

10

そして、魚釣りに使う自転車はミニベロや折り畳み小径車が最適ですね。

「コンパクトさ」や「荷台の低さ」が魚釣りでの使い易さに直結しています。

ということで、「魚釣り」と「自転車」の組み合わせ、あたなもやってみてはいかが?

こちらの記事もぜひ参考に

ちなみに、記事中の写真にある「ロッドスタンド付きのクーラーボックス」が超便利なので、下記のページで詳しくご紹介していますよ。

自転車に積めるクーラーボックスが超便利、ロッドスタンド付きで釣り竿も運べます

2015.11.03

あわせて参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。