MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ ブロンプトン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロンプトンを買う時、ハンドル&変速&キャリアの選択に迷う

01

ブロンプトンを購入する時、「ハンドルタイプ」「変速タイプ」「リアキャリアの有無」の選択で結構悩みました。

ブロンプトンを買う人はみんな同じところで悩むみたいですね。


それぞれの選択肢とその違い

ハンドル・変速・キャリアの【選択肢】と【選択によって生まれる違い】は次の通り。

ハンドルタイプ

Mタイプ」「Sタイプ」「Pタイプ」の3つの形状から選択できる。
ハンドルのタイプによって、「乗車姿勢」や「疲労感」や「自転車の雰囲気」が変わります。

変速タイプ

内装3速」「外装2速」「内装3速×外装2速=6速」の3タイプから選択できる。
変速のタイプによって、「登坂の可否」や「車体重量」「走りの軽さ」が変わります。

リアキャリアの有無

リアキャリアあり」「リアキャリアなし」のどちらかを選択できる。
リアキャリアの有無によって、「利便性」や「車体重量」が変わります。



どれを選んでもメリット&デメリットがあるので、何かを得れば何かを捨てるかんじですね。

私は色々考えた結果【M6R(Mハンドル・6速・キャリア付き)】を選びました。

私がどんなふうに考えて選択したのかをご紹介します。悩める人の参考に。


◎この記事の内容は、ブロンプトンを標準ラインナップから選択する場合の話です。ブロンプトンのオーダーメイドサービス「B-SPOKE」を利用する場合や、カスタム仕様を購入する場合はこの限りではないですよ。


スポンサーリンク


1.ハンドルタイプはこうして決めた

私は長年スポーツ自転車に乗ってきたので、「自転車=前傾姿勢」というのが当たり前になっています。だからハンドルが低い【Sタイプ】か、低い位置も持てる【Pタイプ】が自分には合っているかなと初めは考えました。

handlebar_types
via:clevercycles.com

しかし【Sタイプ】は装着できるフロントバッグの大きさが限定されるので、不便に感じることがあるかもしれないと思いました。大きなバッグを使いたい時に使えないと困るんですよね。

また【Pタイプ】は色々な場所を握ることができる機能的なハンドルですが、私はあの独特の見た目が好きではありません。ときどき格好良く見えるんですけど、ベビーカーみたいにも見えます。人それぞれ好みがありますよね。

M
via:clevercycles.com

そして【Mタイプ】なら、どのサイズのフロントバッグも装着できるし、見た目は一番ブロンプトンらしい、これが好き。ということでMタイプに決めました。

私はハンドル選びにおいて「利便性」と「ブロンプトンらしさ」を大事にすることにしたんです。

それに私はブロンプトンにスポーティーな走りを求めていません。それなら、リラックスポジションしか取れないMタイプハンドルで全然OKだと思いました。

◎PタイプとMタイプで最後まで悩んだ
長時間・長距離を走るなら、色々な場所を握ることができるPタイプが最適だと思います。PタイプならMタイプ同様のアップライトポジションも、Sタイプ同様の低いポジションも握れるので、姿勢を変えたり、疲労を分散できます。見た目が嫌いじゃなくて、走りを重視するならPタイプを選ぶと良いですね。

◎ハンドル形状の違いで乗り心地も変わる
ハンドルの形状によって振動吸収性が違います。グニャンと曲がった形状のMタイプや、Pハンドルの上部を握った時は、そのハンドル形状による「たわみ」があるので、手に伝わる路面からの振動・衝撃がマイルドに感じられます。まっすぐでシンプルなSタイプはM&Pタイプと比べて振動がややダイレクトに感じられますよ。



2.変速タイプはこうして決めた

変速段数は多くて困ることはありません。変速の幅は広ければ広いほど、走行できるシチュエーションが広がります。

低いギアが無ければ登れない坂道はあります。高いギアがあれば、ゆっくり回すこともできます。

しかし、もし幅広い変速段数が不要なのであれば、その変速機やギアの重量は無駄で、その分重たくなるということも覚えておく必要があります。

要は、自分にはどのくらいの変速幅が必要なのか?考えるべきことは、たったそれだけです。

sa

私の場合、家の周りが坂道なので、登坂を避けることはできません。どこに行っても必ず最後は坂道を登る必要があります。だからロー側のギアは低ければ低いほど助かります。

一方で、私はブロンプトンに高いスピードを求めていません。ブロンプトンは標準で結構ハイギアードな設定なので、ハイ側のギアは余るでしょう。しかしあって困ることはありません。

「変速・ギアが足りなくて走れない」という状況は登り坂でしか起きません。つまり注視すべきなのはロー側の軽さです。

ということで、変速が最もワイドレンジで、ロー側のギアが一番軽い【6速モデル】を選びました。坂道が避けられないので、選択の余地は無かったともいえますね。

◎変速段数やギア比は、とても大事な要素です
ほとんど平地しか走らないという人は2速モデル・3速モデルでいいと思います。家の周りが坂道だとか、よく坂道を登るなら、ロー側に強い6速モデルが最適です

また、内装変速機は駆動抵抗が大きいので、重量だけでなく「走りが重たい」です。ということは、平地しか走らなくて、変速段数よりも重量と走りの軽さを重視するなら、2速モデルが最適と言えるでしょう。シンプルなぶん、メンテナンスの難易度もグッと下がります。

更に、オプションでチェーンリングやリアギアの歯数を変更できます。ギア比を標準より低くor高く調節できるので、自分の走行スタイルにぴったり合うように変えるといいですね。

◎6速モデルでどの程度の坂を登れるのか?
実際に6速モデルを購入して走ってみて、坂道も走ってます。私の場合、7%程度の登り坂なら、普通に登れますね。でも10%~の登り坂はキツイです。急坂は短かければ頑張れますが、長いと押して歩きます。

オプションの44Tチェーンリングに交換すれば、もっと楽に登れますね。

【追記】44Tチェーンリングに交換してみましたよ



3.リアキャリアの有無はこうして決めた

ブロンプトンのリアキャリアは有ってもいいし・無くてもいいものです。有っても・無くても、どちらにもメリットがあります。あとは自分がどちらのメリットを取るかです。

リアキャリア付きモデルのメリット

  • リアキャリアがあると折り畳んだ状態で安定するし、4輪ローラーで転がしやすい。
  • キャリア無しモデルによくある「リアフェンダーの割れ」の心配がない。
  • リュックサック、クーラーボックスなど荷物が積める。

リアキャリア無しモデルのメリット

  • リアキャリアが無いぶん重量が約600グラム軽い。
  • 折り畳み時のリア三角の動きが軽くスムーズになる。
  • 購入時の価格がキャリア付きモデルに比べて1万円前後安い。

00

私はリアキャリア付きモデルのメリットを選びました。

折り畳んだときの安定性や転がしやすさは、ブロンプトンを象徴する魅力だと思います。それに、普通に荷物を載せることもありそうです。

◎重量差で悩みました
折り畳んで持ち運ぶことが多いブロンプトンの場合、最終的に「重量」は無視できない要素です。リアキャリア無しモデルの重量の軽さは大きな魅力ですね。リアキャリアほどパーツ1つの有無で重量が大きく変わる部分は他に無いと思います。悩ましいですね。

◎将来的なコスパを考えました
リアキャリア無しモデルを買って後から装着するのもいいかなと考えました。車体価格も少し安くなりますしね。しかし、後付けするとかえってコストが高くつくんですよ。

「リアキャリア無しのモデル」や「変速が少ないモデル」はパーツが少ないぶん価格も安いですが、後から変更すると結局高く付きます。必要なら初めから付いているモデルを買ったほうがコスパは良いです。

「コストの無駄」は明確な判断基準になるので、初めからキャリア付きを選びました。

【追記】リアキャリアを便利に使ってます!


 参考:リアキャリアがあれば、ブロンプトンで魚釣りにも行けますよ



まとめ:自分にぴったりなブロンプトンを選ぼう

ブロンプトンは走行性能が高い自転車でも軽い自転車でもありません。だからこそ、「走り」や「軽さ」など重視したいポイントは人それぞれあると思います。

大切なのは、自分の使い方や要望にぴったり合うものを選ぶこと。快適に使えるかどうかは自分の選択次第です。特に変速タイプはよく考えましょう。

どれを選んでもメリット&デメリットがあるので、何かを得れば何かを捨てるかんじ。実際の使い勝手をイメージして、譲れないものと・妥協できるものを見極めましょう。

私は「利便性」と「見た目の好み」と「将来的なコスパ」を優先した結果【M6R】を選びました。代わりに「重量の軽さ」と「ポジションの自由度」を捨てました。

あなたならどう選びますか?じっくり悩む間が楽しいんですよね…(笑)。ぜひ参考にしていただければと思います。


 「ブロンプトン」関連記事はこちら

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ブロンプトンの乗り心地・スピード・使い勝手を徹底レビュー
次の記事 ≫
ブロンプトンを買ったら必要な用品&やっておきたいパーツ交換を8つ紹介します