MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ アイテム・用品 服・ウェア類

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルテキスト「自転車のインナーウェア(下着)の選び方」と、長袖インナーウェアのイメージ写真

カジュアル服装普段着自転車に乗る時には「汗対策」が必要です。

自転車に乗っていると、どうしても服の中で汗をかきますから、汗で不快にならないように、服の下にインナーウェア(下着)を着用するのがまず第一。

そして、自転車で使うならインナーウェアも自転車での使い方に合ったものが必要ですね。

ということで今回は、自転車で使うインナーウェア選び方を確認してみますよ。

スポンサーリンク


自転車のインナーウェア|押さえておきたい2つの条件

自転車の「汗対策」にインナーウェアを使うなら、

次の2つの条件を満たすインナーウェアを選ぶことがポイントです。

【1】「吸汗速乾性」が高いこと

【2】必要以上の「保温性」や「発熱機能」を持たないこと

wear-image それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見てみましょう。


1.「吸汗速乾性」が最重要

自転車で使うインナーウェアに必要なのは、ズバリ「吸汗速乾性」です。

汗を吸って気化させることが、自転車におけるインナーウェアの一番の役割です。

自転車に乗れば汗をかきます。暑い時はもちろん、冬でも・氷点下でも汗ってかくんですよね。

「汗が乾かないと不快」だとか、「汗が冷えると寒くなる」というのは誰もが知っているはず。

それを解決するためにインナーウェアを着るのだから、吸汗速乾性が高くなければ意味がありません

とにかく吸汗速乾性がズバ抜けて高いものを選びましょう。


2.「保温性」や「発熱機能」は要らない

自転車に乗れば、冬でも汗をかきます。ハードにペダリングしたり、坂道を上れば、冬でも体はヒートアップして暑く感じます。するとすぐに服の中は汗だくに…。

だから、自転車で着るインナーウェアには基本的に「保温性」や「発熱機能」は不要なんです。そんなものがあると余計に汗をかくだけです。

しかも「暖かさを重視」したインナーウェアは、「速乾性を重視」したものと比べて明らかに「吸汗速乾性」が劣ります

この違いは、着比べてみると実感できますね。

「冬はヒートテック(ユニクロの商品)でしょ」みたいに勘違いしてしまう素直な人は多いですが、汗対策で選ぶなら、冬でも「速乾性重視」のインナーウェアが適しますよ

ということで、自転車の汗対策でインナーウェアを選ぶなら、

基本的には「保温性」や「発熱機能」を持たないものを選びましょう。


◎そして保温や防風は、インナーウェアではなくアウターウェアの役割です。気温や運動量に合わせて重ね着したり・1枚脱ぐなどして体温調節しましょう。

◎「厳寒期」や「運動量が少なく汗をかかない時」など、高い保温性がほしい時にかぎり、保温性をもつインナーウェアも選択肢に入りますよ。




まとめ:とにかく吸汗速乾性が高いものを選ぼう

自転車で使うインナーウェアには
  • 「高い吸汗速乾性」が必要で、
  • 「保温性」や「発熱機能」は基本的に不要。

つまり、吸汗速乾性に全ステータスを振り切ったインナーウェアが最適ということ。

また、インナーウェアは必ずしも「自転車専用」や「サイクルウェアメーカーの製品」である必要はないです。

特に「高い吸汗速乾性」で選ぶなら、アウトドア・マルチスポーツ系のブランドの製品のほうが性能は上ということも多く、選択肢は1つではありません。

自転車で使うなら「なるべく吸汗速乾性が高いインナーウェアを選ぶ」ということを覚えておいてくださいね。


◎こちらの記事もぜひ参考に

 私が使っているオススメのインナーウェアを3つ紹介します

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ブロンプトンは乗り心地が良い、サスペンションを交換したらもっと良い?
次の記事 ≫
電車で輪行する時に気を付けるべきたった1つのこと