普段着で自転車に乗る時のインナーウェアの選び方、2つの条件を紹介します

タイトルテキスト「自転車のインナーウェア(下着)の選び方」と、長袖インナーウェアのイメージ写真

カジュアル服装普段着自転車に乗る時には「汗対策」をしておきたいですね。

自転車に乗っているとジワジワ汗をかいて、しだいに服が汗で濡れてくるもの。

そんな時、服の下に高機能なインナーウェア(下着)を着ていれば、不快指数を下げることができますよ。

自転車に快適に乗るために「サイクリングに適したインナーウェア」を選びたいですね。

ということで今回は「自転車で着るインナーウェア」の選び方のポイントを確認してみましょう。

スポンサーリンク

 

自転車のインナーウェアに必要な2つの条件

自転車の「汗対策」にインナーウェアを使うなら、

次の2つの条件を満たすインナーウェアを選ぶことがポイントです。

  1. 高い「吸汗速乾性」を持つこと
  2. 必要以上の「保温性」や「発熱機能」を持たないこと
wear-image

それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見てみましょう。

1.「吸汗速乾性」が最重要

自転車で使うインナーウェアでもっとも大切な機能は「吸汗速乾性」。

汗を吸って気化させることが、自転車におけるインナーウェアの一番の役割です。

自転車に乗れば汗をかきます。暑い時はもちろん、冬でも・氷点下でも汗ってかくんですよね。

汗が乾かないと不快」とか「汗が冷えると寒くなる」というのは誰もが知っているはず。

それを解決するためのインナーウェア、吸汗速乾性が高くなければ、着る意味がないですよね?

とにかく吸汗速乾性がズバ抜けて高いものを選びましょう。

2.「保温性」や「発熱機能」は要らない

自転車に乗れば、冬でも汗をかきます。ハードにペダリングしたり、坂道を上れば、冬でも体はヒートアップして暑く感じます。するとすぐに服の中は汗だくに…。

そのため、自転車で着るインナーウェアには基本的に「保温性」や「発熱機能」は不要なのです。そんなものがあると余計に汗をかくだけです。

しかも「暖かさを重視」したインナーウェアは、「速乾性を重視」したものと比べて明らかに「吸汗速乾性」が劣ります。この違いは、着比べてみると実感できますね。

「冬はヒートテック(ユニクロの商品)でしょ」というかんじで「冬には冬用・発熱系を使うもの」と思い込んでいる人は多いですが、汗対策で選ぶなら、冬でも「速乾性重視」のインナーウェアがベターです。

基本的には「保温性」や「発熱機能」を持たないものを選ぶようにしましょう。

温度調節が必要な時はこうする
インナーウェアだけでは寒い時はどうすればいい?温度調節はどうやってする?といった疑問が浮かんだ人のために、補足しておきますね。

  • 保温や防風は、インナーウェアではなくアウターウェアの役割です。気温や運動量に合わせて重ね着したり・1枚脱ぐなどして体温調節しましょう。
  • 「厳寒期」や「運動量が少なく汗をかかない時」など、下着にも高い保温性がほしい時にかぎり、保温性をもつインナーウェアも選択肢に入ります。

 

まとめ

ということで今回は「自転車で着るインナーウェア」の選び方のポイントを確認してみました。

インナーウェアは速乾性重視で選ぼう

自転車で使うインナーウェアには

  1. 「高い吸汗速乾性」が必要で、
  2. 「保温性」や「発熱機能」は基本的に不要。

この2つのポイントを基本として覚えておいていただければ、インナーウェア選びで失敗することは少ないと思います。

自転車で使うなら「なるべく吸汗速乾性が高いインナーウェアを選ぶ」ということを覚えておいてくださいね。

いくつか試してみることで、お気に入りが見つかる
ちなみに、インナーウェアは必ずしも「自転車専用」や「サイクルウェアメーカーの製品」である必要はありません。

特に「高い吸汗速乾性」で選ぶなら、アウトドア・マルチスポーツ系のブランドの製品にも優れた製品は多く、色々試してみると面白いですよ。

下記のページもあわせて参考にしていただければと思います。

こちらの記事もぜひ参考に

私が使っているオススメのインナーウェアをご紹介しています。

普段着でのサイクリングを快適にするインナーウェアを3つ紹介します|自転車の汗対策

2017.10.22

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。