ヘルメットマウントしたアクションカムにUSB給電(充電)しながら撮影する方法

タイトルテキスト「ソニーアクションカムをUSB給電(充電)しながら撮影する方法」と、ヘルメットにマウントされたアクションカムにUSB給電している様子の写真。

アクションカムを使っていると常に気になるのが「電池の持ち」や「バッテリー切れ」。

アクションカムは小型ゆえにバッテリー容量も小さいので、長時間の連続撮影は苦手です。

でも大丈夫。モバイルバッテリー外部電源)から「USB給電」すれば、バッテリーがある限り撮影が続けられます。

ということで今回は「ヘルメットマウントしたアクションカムにUSB給電する方法」をご紹介します。

  • ある便利グッズを使うことで、置き場所に困る「バッテリー」を好きな所に設置できますよ。
  • ソニーアクションカムやGoPro等、USB給電で駆動可能なアクションカムで応用できます。
他のマウント方法にも使えます
今回ご紹介するのはヘルメットマウントでの例ですが、バッテリーはどこでも好きな所に装着できるので、カメラ本体の取り付け位置はハンドルでもフレームでもどこでも大丈夫ですよ。
スポンサーリンク

 

必要なもの

モバイルバッテリーとTNIバイクポケットが並べて置かれている写真。TNIバイクポケットは、モバイルバッテリーにぴったりなサイズであることがわかる。

モバイルバッテリー

『モバイルバッテリー』は、小型で適度に大容量なものを選ぶと良いでしょう。

私は写真にある「パナソニックのモバイルバッテリー」を使っています。

このバッテリーの容量(5,800mAh/3.7V)は、ソニーアクションカムのバッテリー(1240mAh/3.6V)の4倍以上の容量があります。

新たに「Ankerのモバイルバッテリー」に買い替えました。大きさほぼ同じで、より大容量ですよ。

TNIバイクポケット

TNIバイクポケット』は、どこにでも装着できる便利なポケットです。

自転車のフレームやハンドル、ステム、シートポスト、ヘルメット、それからリュックやバッグのベルト等、好きな所に装着して使えます。

「TNIバイクポケット」を使うことで、置き場所に困る「バッテリー」をどこでも好きな所に設置できます。今回はヘルメットに装着する例を紹介します。

 

取り付け方法

1.ヘルメット後部にバッテリーを装着

「TNIバイクポケット」の裏面にあるベルトを使って、ヘルメットに「ポケット+バッテリー」を取り付けます。

自転車用ヘルメットの後部に、モバイルバッテリーが入った「TNIバイクポケット」が装着されている写真。ヘルメット後部を大きく写している。

私は写真の様に、アジャストダイヤルの部分に取り付けました。写真ではタテ向きに装着していますが、ヨコ向きに装着することもできますよ。

  • ヘルメットの形状は製品毎に異なるので、取り付け場所はヘルメットによって若干変わります。
  • ベルトの長さが足りない場合は、市販の面ファスナーを付け足すなど工夫すると良いでしょう。
  • ヘルメット後部の低い位置に装着するとバッテリーの重さを感じにくいので、この取り付け位置はオススメです。

2.USBケーブルをアクションカムに接続して完了

自転車用ヘルメットの後部に、モバイルバッテリーが入った「TNIバイクポケット」が装着されている写真。モバイルバッテリーから出ているUSBケーブルが、ヘルメット上のソニーアクションカムに接続されている様子が解る。

アクションカムとモバイルバッテリーを「USBケーブル」で接続すれば、準備は完了です。

その他の場所にも取り付けできます

カメラの装着場所に合わせて、ポケット+バッテリーの装着場所はお好みで変更可能です。色々なところに応用できますよ。

例えば「リュックのショルダーベルト」や「ステム」「トップチューブ」などにも「TNIバイクポケット」は装着できます。

カメラをどこに装着していても、「TNIバイクポケット」を使ってバッテリーを取り付けさえすれば「USB給電」が即可能になります。

 

まとめ

ということで今回は「ヘルメットマウントしたアクションカムにUSB給電する方法」をご紹介しました。

これでもうアクションカムの電池切れを心配せずに、長時間の撮影が楽しめますね。

ご紹介した内容が、あなたのお役に立てれば幸いです。

ハンドル付近にバッテリーを設置する場合」はこちらのアイテムもオススメです。(詳しい紹介ページはこちら

さいごに一言

  • TNIバイクポケット」は大体どこにでも装着できるので1つ持っておくと便利ですね。
  • 「USBケーブル」はバッテリーとアクションカムの距離に応じた長さのものを用意しましょう。
  • USBケーブル接続時はカメラ・バッテリーどちらも防水性が無いので雨や水には気を付けてくださいね。

こちらの記事もぜひ参考に

 「ソニーアクションカム」について詳しく紹介している記事はこちら

 「ライブビューリモコン」をハンドルに装着する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。