輪行におすすめ「着脱式ペダル」|そのメリットとお得な買い方を紹介します

Wellgo(ウェルゴ)の着脱式ペダル「QRD」のペダルが自転車のクランクに着脱されている写真。

超べんりな着脱式ペダルWellgo ウェルゴ QRD』をご紹介します。

「よく輪行する人」

フラットペダルSPDビンディング)も両方使いたい人」

「自転車の用途を広げたい人」に特にお勧めです。

メリットを簡単にまとめると

  1. 片側2秒でペダルを着脱、「輪行時」「折りたたみ自転車」のサイズを小さくできます。
  2. 折り畳み式ペダル」よりも剛性感があるので、折り畳みより断然こちらがオススメです。
  3. 工具を使わずに「いつでもペダルの種類が替えられる」というのも大きなポイント。
  4. このペダルがあれば「片面SPD」や「片面フラット」のペダルはもう必要なくなります。

スポンサーリンク

 

着脱式ペダル「Wellgo QRD」

片側2秒で着脱できる「QRDシステム」

QRD(Quick Release Device)システムを採用した【Wellgo QRD】シリーズは、工具不要でかんたんにペダルの着脱ができます。

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のペダルが自転車のクランクから取り外されているところの写真。
  • 外すときは、赤色のツマミを引けばロックが解除されペダルが抜けるようになります。
  • 付けるときは、ペダル側の六角部分を挿して押し込めばカチッとロックされます。

しっかりとした作りで安心

着脱式でありながら、気になるガタつき等は無く、ペダリングのフィーリングも良好です。

私はこれまで長期間使い続けていますが、いまのところ不具合やトラブルは一切なく、安心して使っています。

私は今のところ経験していないのですが、聞いた話によると稀に「初期不良」などで不具合のある製品も出ているようです。そういうのはどんな製品にもあることなので、運次第かもしれませんね。ご参考までに。

「QRD」or「QRD2」

着脱機構「QRDシステム」には新しい「QRD2」というタイプもあります。

  • 旧型「QRD」:赤いツマミが付いているタイプ(この記事の写真にあるもの)
  • 新型「QRD2」:クランクに付ける部品が丸くて大きいタイプ

私は両方使ってみた結果、新しい「QRD2」よりも従来の「QRD」の方が断然使いやすいと思うので、私はQRDのほうをお勧めしますよ。

 【Wellgo QRD】シリーズはAmazonで購入できます

 

着脱式ペダル「QRD」はこんな時に便利

「折りたたみ」「輪行」の際に、横幅がぐっと小さくなる

バイクフライデーの折りたたみミニベロ「ニューワールドツーリスト」が小さく折り畳まれた状態で置かれていて、クランクにペダルが付けられた状態と取り外された状態の比較写真。ペダルが取り外されると横幅がずいぶん小さくなっている。
自転車を折り畳んだり・輪行する際に「ペダル」だけが横に飛び出してしまうことがありますが、【Wellgo QRD】のペダルなら簡単に取り外せます。

こうすれば横幅はずいぶん小さくなり、すっきりとしたシルエットにおさまります。

「折りたたみ式のペダル」よりも断然こちらのほうがスマートですよね。

ペダルの種類を変えたい時、いつでもすぐに変更できる

Wellgo QRDシリーズ】のペダルなら、いつでも好きなタイプのペダルに付け替えることができます。

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のペダル2種類が自転車のクランクに取り付けられている2枚の写真。1つは、SPDビンディングペダルで、もう1つは黒い樹脂性のフラットペダル。

QRDシリーズには様々な種類のペダルが用意されていて、大きく分けると次のようなタイプがあります。

  • フラットペダル
  • SPDビンディングペダル
  • LOOK Keoビンディングペダル

「Wellgo QRD」を使えば、その日の「目的」や「靴」に合わせて、お好みのペダルに交換可能。

普通はペダルを交換するには工具が必要ですが、「Wellgo QRD」なら工具無しで数秒で完了

毎回違う種類のペダルで自転車に乗ることも可能です。

 

クランクに装着する「QRDアダプター」

ペダルの着脱を可能にする部品

かんたん&確実なペダルの着脱を可能にしている部品【QRDアダプター】。

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のアダプター部分だけを写した写真。金属製の部品で、赤色のツマミが付いている。

赤色のツマミ部分の内側にスプリングとペダルをロックする突起が仕込まれています。この構造によって、挿し込まれたペダルは確実に固定され、ツマミを引けばかんたんに抜けるのです。

取り付けは「21mmスパナ」か「8mm六角棒レンチ」で

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のアダプター部分が自転車のクランクに取り付けられている写真。一般的な15mmのクランクレンチが添えられているが、QRDのアダプターはそれより大きく、一般的なクランクレンチが使用できないことがわかる。

【QRDアダプター】の取り付けには、一般的なペダルレンチ(15mm)は使用できません。

また「赤色のツマミの位置」は、QRDアダプターのネジを最後まで締め込んだところで止まるので、クランクとQRDアダプターの相性によって変わります。

そのため、好みの位置に調節できるように「色々な厚さのワッシャー」が複数付属します。ワッシャーの枚数を何度か変えて「ツマミがお好みの位置にくるように調節」しましょう。

ツマミの位置調整は、ちょっとコツが要ります。最後の本締めで30°くらい回るので、それを考慮してワッシャーを入れ替えながら位置を決めると上手くいきますよ。

 

おすすめ1| フラットペダル「QRD-M079」

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のペダルの、フラットペダルタイプとアダプターが1つずつ置かれた写真。

フラットペダル】は自転車ペダルの基本形ですから、最初の1つといえばまずはこれですね。

私は自転車に乗るときはビンディングシューズを履くことが多いですが、買い物など普通の靴で自転車に乗るときには、やはり「フラットペダル」が欠かせません。

「普通の靴で自転車に乗る」「街乗りがメイン」という人には、まずはこちらをお勧めします。

 【フラットペダル Wellgo QRD-M079】はこちらから購入できます|Amazon

 

おすすめ2| 両面SPDペダル「QRD-W01」

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のペダルの、SPDビンディングペダルタイプとアダプターが1つずつ置かれた写真。

SPDペダル】はシマノのSPD規格のクリートに対応するビンディングペダルです。

ツーリングやスポーツ走行など『走り』が主体の時には、こちらを使いたいですね。

「スポーツ系自転車に乗っている」「ビンディングシューズを履く」という人にお勧めです。

 【SPDペダル Wellgo QRD-W01】はこちらから購入できます|Amazon

ペダルにオマケで付属するクリートは長持ちしなかったので「シマノ純正SPDクリート」を一緒に買っておくのがお勧めです。

 

「フラット」+「SPD」のセットが割安

フラットペダル QRD-M079】と【両面SPDペダル QRD-W01】をセットで買うとお得です。私もセットで購入しました。

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のペダルの、フラットペダルタイプが2つ、SPDビンディングペダルタイプが2つ、アダプターが4つ並べられた写真。

「Wellgo QRD」シリーズのペダルには様々なラインナップがあり、

どれか1つだけを購入した場合でも「着脱できる」というメリットは手に入りますが、

2種類以上持っておくと「交換・使い分けができる」という更なるメリットがありますよ。

また「QRDアダプター」も4個=2台分手に入るので、2台の自転車でQRDペダルを共有することもできます。

セットで購入すると、別々に買うよりも金額的にお得なのでおすすめです。

ちなみに私は、Amazonや楽天市場で見つけた「NEXT CYCLE」というショップでフラット&SPDのセットを購入しました。

 【フラットペダルM079】&【SPDペダルW01】のセットはこちら|Amazon

 

QRDがあれば、「片面SPD」「片面フラット」はもう要らない

使用する面を選ぶ「片面○○」タイプは使いにくい

「SPDペダル」と「フラットペダル」が半々になった「片面○○」というタイプのペダルがありますよね。「片面〇〇ペダルが使いやすい!オススメ!」と言っている人をよく見かけますが、本当でしょうか?

私も以前「片面SPD・片面フラット」のペダルを使っていたのですが、実際に使ってみるとそんなに便利じゃない、むしろ使いにくいペダルであることがわかります。

「片面○○」というタイプのペダルは、常に「片側は靴に適しているのに、反対側は適さない」という状態なので、乗り降りや漕ぎ初めの度に「面」を選ぶ必要があり、いちいち面倒くさいんです。

QRDなら、靴に合わせてペダルを変えられる

自転車に乗って出掛けたら、基本的に「家に帰るまで同じ靴」で過ごすはずです。スニーカーで出掛ければスニーカーのままだし、ビンディングシューズの場合もそう。途中で他の靴に履き替えて自転車に乗ることはありません。

それなら、1つのペダルが2つのタイプを兼ねる必要は無く、出掛ける時に「靴」に合わせてペダルを付け替えることで、いつも快適なペダリングができます。

Wellgo QRD】シリーズのペダルを使えば、そういう使い方が出来ます。片側2秒で着脱ができるんだから、何も面倒なことはありませんよね。

 

【追記】Qファクターが広がることに問題はないか?

「Wellgo QRD」シリーズのペダルには、着脱を可能にする「QRDアダプター」があるため、

Qファクター=左右のペダルの間隔)が少しだけ広がります。

その差は、交換前のペダルによって変わりますが、だいたい片側10mm前後広くなりますよ。

Qファクターが広いほうが乗りやすいことも

かつては、スポーツ自転車の世界では「Qファクターは狭いほうが良い」と信じられてきました。そのため、Qファクターが広がることを嫌う人もいます。

しかしスポーツ自転車の乗り方・メソッドも年々変化していて、近年では「Qファクターが広いほうがパワーが出る・スピードが上がる・乗りやすい」という結果も確認されています。

プロ選手のなかにもQファクターを広げている人がいたり、Qファクターを広げるための部品なども販売されていますよ。

Qファクターが広くなることを一概に問題視する必要はない

「Qファクター」は狭いほうがいい?広いほうがいい?どちらが正しいのでしょう?

これには各個人のライディングスタイルや体格も関係するので、一概には断定できませんが、

「Qファクターが広いほうが、乗りやすい」「Qファクターを広げてみたら、ペダリングがしやすくなった」という人が増えていることから、

Qファクターが広がることは、必ずしもデメリットではない、むしろメリットになることもあると言えます。

広めのQファクターが合う人には、一石二鳥のメリットにも

私は以前は「狭いQファクター」が良いのだと根拠なく信じていましたが、近年は「広いQファクター」のほうが自分に合っていると解りました。

そのため「Wellgo QRD」シリーズのペダルとの相性が良く、従来のペダルよりもむしろペダリングがしやすくなりました。

そんなふうに、「Wellgo QRD」を使うとペダルが着脱できるようになるだけでなく、ペダリングもしやすくなるという一石二鳥のメリットになることもあるので、

「QRDを使いたいけれど、Qファクターが広がることを気にしている」という人は、まずは一度試してみる価値はあると思いますよ。

 

まとめ

着脱式ペダル「Wellgo QRD」は、かなり便利

「簡単にペダルが着脱できる」「いつでもペダルの種類が変えられる」というQRDの特長は、自転車の【ペダル】の概念を大きく変えてしまうほど、使い勝手を良くしてくれます。

「Wellgo(ウェルゴ)」の着脱式ペダル「QRD」のペダルが自転車のクランクに装着されている3枚の写真。1枚目はクランクにアダプターだけが付いた写真で、2枚目は黒いフラットペダルが付いた写真、3枚目はSPDビンディングペダルが付いた写真。

自転車がもっと使いやすくなる

「Wellgo QRD」を使用するようになってから、自転車の「靴」に悩むことがなくなりました。

普段はSPDで乗っている自転車も、カジュアルな靴の日はフラットペダルにすればいいのです。「この自転車はスポーツ用だから…」といった変な割り切りが必要なくなります。

結果的に自転車の用途や行き先が広がりますね。

ペダルが「選ぶもの」になる

その日の走行スタイルに合わせてペダルのタイプを選ぶことで、気分を切り替えることができます。

ビンディングペダルの日はクランクをどんどん回したくなるし、フラットペダルの日は「のんびり走ろう」という気になりますね。

満足のいく製品

「Wellgo QRD」シリーズは、たいへん良くできた製品です。

これまで長期にわたって使い続けてみた結果、「Wellgo QRD」は特にこれといった不満やストレスのない満足のいく製品でした。

ということで、輪行に便利な着脱式ペダルを探している人は【Wellgo QRD】シリーズを検討してみてはいかがでしょう?おすすめですよ。

 

以上、便利な着脱式ペダル「Wellgo QRD」シリーズについてご紹介しました。

あなたのペダル選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Wellgo(ウェルゴ)の着脱式ペダル「QRD」のペダルが自転車のクランクに着脱されている写真。

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。