MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 知識・入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
a5953826
自転車のタイヤチューブのバルブには、【英式】【仏式】【米式】の3つのタイプがありますよね。

それぞれ異なる特徴を持っているので、自転車の種類によってバルブの種類もバラバラだったりします。

で、タイヤが小さなミニベロ(小径車)には【仏式】と【米式】のバルブが最適だと思うんです。

【英式】から【仏式】【米式】に変更することも可能ですよ。今回はそんなお話。

スポンサーリンク


英式・仏式・米式の違い

それぞれのバルブの違い・特徴を簡単におさらいするとこんなかんじ。

画像引用:http://www.cb-asahi.co.jp
size-tube02

英式バルブ

日本では多くの人に一番馴染み深い、一般的なバルブ。いわゆる軽快車・普通の自転車に一番多く使われている。ママチャリや折り畳み自転車などの安価な自転車はほとんどがこのタイプ。

英式バルブは、高い空気圧を入れることはできず、空気圧を測ることや微調節することもできません。“普及している”ということ以外にメリットや誉められる点は無いように思います。

構造上、空気漏れが起き易いという問題点も抱えています。

仏式バルブ

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク、ミニベロロードなど、走りを重視したスポーツ自転車で主に使われている。

仏式バルブは、高い空気圧に対応していて、空気圧を測ることや微調節することができます

バルブ自体が軽量であるというメリットがありますが、それほど丈夫ではないので稀に折れたり壊れたりすることもあります。

米式バルブ

一部のマウンテンバイクやBMXなど、ハードな扱いをする自転車で使われているのがこのタイプ。車のタイヤと同じバルブです。

米式バルブは、高い空気圧に対応していて、空気圧を測ることや微調節することができます

バルブの作りが頑丈で、空気を入れる時にネジを緩める必要がなく扱いやすいです。重量が重めなのが唯一の欠点。たった数グラムの重量差でも自転車においては結構大きな違いです。



ミニベロには仏式・米式が最適な2つの理由

ミニベロ(小径車)には【仏式バルブ】か【米式バルブ】が最適です。

仏式・米式なら、英式よりも空気が減りにくい

自転車のタイヤの空気は自然に抜けていくもの。放っておくと空気圧がどんどん下がります。そして、英式バルブは空気漏れを起こしやすい。

タイヤが小さいと入っている空気の量も少ないので、ミニベロは空気が少し抜けただけでも空気圧の低下が早いです

空気圧の自然低下は少しでも遅いほうが良いにきまってますよね。それなら英式バルブよりも空気が減りにくい仏式・米式のほうがベターです


ミニベロは空気圧調節がシビア、ちゃんと管理できたほうがいい

ミニベロはタイヤが大きな自転車と比べると、どうしても転がり抵抗が大きいです。それがしんどさ・遅さに繋がるので、タイヤは少しでもよく転がってくれたほうがいいですよね。

タイヤの空気圧を上げて変形率を小さくしてやれば、タイヤはよく転がるようになります。これは誰でも経験則で知っているはず。

でもだからといって、いつも空気をパンパンに入れてタイヤがカチカチの状態だと、乗り心地が悪くなる一方です。ただでさえ乗り心地が悪いミニベロは、空気圧の上げすぎはNG

じゃあどうすれば良い?

まずは空気圧をチェックしながら、転がりと乗り心地のバランスが良い空気圧を見つける。そして、いつもその空気圧に調節していれば、ミニベロを乗りやすい状態にキープできます

関連記事:空気圧調節で「転がり」や「乗り心地」を調節する方法

エアゲージ(空気圧計)や エアゲージ付きの空気入れを使えば、空気圧の管理は誰でもできます。

ただし、空気圧を測ったり調節するためにはバルブが仏式か米式である必要がありますよ



まとめ:ミニベロを乗りやすい状態にキープするなら、仏式・米式バルブがいいですね

ということで、ミニベロ(小径車)はそのタイヤの小ささゆえに、空気圧の管理が肝心です。

エア漏れを最小限に抑えて、空気圧をちゃんと管理するなら、バルブの種類は【仏式】か【米式】が最適ですね。


英式バルブを仏式or米式に交換できます

「ミニベロには仏式・米式のバルブが最適」なのに、市販の小径車の多くはなぜか英式バルブが採用されていますよね。

でも大丈夫。英式バルブから仏式・米式に簡単に変えることができますよ。バルブはタイヤチューブに付いているので、仏式バルブか米式バルブが付いたチューブに交換するだけです。

【参考商品】20インチ(406)の仏式&米式バルブ付きチューブ


◎英式から仏式に交換する場合はアダプターも一緒に

仏式バルブは英式バルブよりも細いので、そのままではバルブ穴に隙間ができてガタつくことがあります。そんな時は隙間を埋めるアダプターを使えば解決です。(米式には不要です)

英式バルブを空気圧計測&調節可能にするアイテム

英式バルブ(付きチューブ)のままでも、空気圧の計測や調節ができるようになる便利なアイテムもあります。これを使えば米式に変換して即空気圧管理が可能になりますよ。


◎こちらの記事もオススメです

 自転車のタイヤの空気圧についての「おさらい」

 自転車がパンクする確率を劇的に下げる5つの習慣

 406と451を比較|それぞれの違いとメリット&デメリット

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ミニベロ・折り畳み小径車のメリット&魅力を徹底的に詳しく語ります
次の記事 ≫
自転車のチェーンオイルを高性能化するとペダリングが軽くなるよ