MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 知識・入門 アイテム・用品

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルテキスト「自転車のファーストエイド用品」と、自転車と赤十字のアイコン画像。
自転車に乗っていれば、怪我をする可能性はいつでもあります。

もしも怪我をしてしまった時に応急処置が出来る用意をしていますか?

自転車に乗れば怪我をする恐れはあるから、最低限のファーストエイド用品は必要です。

この記事では、自転車に乗る時に持っておきたい「ファーストエイド用品」をご紹介します。

スポンサーリンク





自転車に乗るなら「ファーストエイドキット」は必携

ロードバイクで転倒・落車して膝を怪我して痛がっている男性のイメージ画像。

ファーストエイドキットを必ず持とう

自転車に乗っていれば、転倒・落車することや不運にも事故に巻き込まれることだってあります。

たとえば小さな怪我でも、手当てせずにそのままにするのは良くありません。スピードが出ていたり、車・バイクとの事故の場合、小さな怪我では済まないでしょう。

家の近所や街中なら、怪我をしてもすぐになんとかなりそうですが、ツーリングや山越えなどで人里離れた場所で怪我をしたとしたらどうでしょう?

特に出血が多い場合助けが呼べない時救急車が来るまでに時間がかかる場所などは、その場ですぐに応急処置が必要です。何も処置ができなければ、事態はより悪い方向に進むかもしれません。

また、怪我をするのは自分とは限りません。一緒に走る仲間や、偶然居合わせた人が怪我をする事もあります。そんな時、自分が誰かの助けになれるかどうかも大切なことです。

そんな「もしも」の時に役立つのが『ファーストエイドキット』です。


自転車には、自転車のファーストエイドキット

「ファーストエイドキット」の中身は充実しているほど良いですが、自転車で携行するにはコンパクトであることも大切です。また、自転車なら登山ほど多くの物資は必要ありません。

自転車は、極力荷物を減らしてなるべく手ぶらで乗りたいという人は多いです。かさばって邪魔になると毎回携行するのが億劫になるので、サイクルウェアのポケットに入るくらいが理想的です。

そのためには、緊急性や必要性が高いものを厳選して最小限にまとめるのがポイントです。


「予備知識」を持てば、もっと安心

ファーストエイドに必要なのは「モノ」だけではありません。書籍などから学ぶことで、適切な応急処置の方法など「予備知識」を身に付けることができます。

専門書からは、いろいろな怪我の適切な手当ての方法や、心肺停止など重傷者の救護の仕方などが学べるので、自転車以外にも役に立ちますよ。

 「ファーストエイドについて学べる本」をAmazonで見てみる




これだけは持っておきたいファーストエイド用品

自転車に乗る時のファーストエイド用品を並べた写真。いろいろなものがある。

出血をともなう外傷の処置の第一は【受傷箇所の洗浄】です。水を使って砂などの異物や雑菌を傷口からできるだけ除去することが大切です。

限られた少ない水で傷口をきれいにするには、水を傷口に流しかけるというよりは、ピューッと噴射できるほうが良いので、一般的なサイクルボトル(握ると水が出る)がちょうど使い易いです。

ファーストエイドのためだけに「水」を別途用意するのは無駄なので、飲み物のボトルを1本だけ持っていく人は中身を真水に、2本以上持っていく人は1本を真水にしておけば、もしもの時にそのまま使えます。

ただし、直接口を付けて飲んだ水はボトル内で雑菌が繁殖している恐れがあるので、傷の洗浄に使うべきではありません。その場合は自販機の水や水道水などの清潔な水を使いましょう。

飲み水を傷の洗浄に使うつもりなら、汚染しないよう口を付けずに飲む必要があるので、ボトルの種類や飲み方にも気を付けましょう。

 口を付けずに飲めるサイクルボトル「CAMELBAK ポディウムボトル」がお勧めです(詳しい記事)


キズパワーパッド「ジャンボ&ひじひざ用」

「キズパワーパッド」は【湿潤療法】をするための絆創膏の一種です。傷が早く・きれいに治ります。とてもポピュラーな製品なので、知っている人・使ったことがある人も多いでしょう。

キズパワーパッドにはたくさんの種類がありますが、「ジャンボサイズ」と 「ひじ・ひざ用」を持っておけば大きな擦り傷にも大体対応できます。必要ならその他のサイズも用意すると良いでしょう。

 「キズパワーパッド」の各サイズはこちらから購入できます(Amazon)


普通の絆創膏

「指先を切った」とか「少し血が出てすぐに止まった」という程度の【軽微な怪我】は、転倒時に地面についた手や膝頭などによくあります。

軽微な怪我もそのままにしておくと痛みが続いたり、雑菌が入って腫れる恐れがあるので、簡単に保護する処置は必要です。そういう時には「普通の絆創膏」が使い易いです。サイズはお好みで。

 ちょっと大きめの傷にも使い易い「幅広タイプ」の絆創膏(Amazon)


傷あてパッド&サージカルテープ

絆創膏などでは対応できない【広範囲の擦り傷】には 「傷あてパッド」があれば応急処置ができます。 また、止血の際の【傷口の圧迫】や【血液の吸着】などにも使えます。

「傷あてパッド」と呼ばれるアイテムは、一般的なガーゼよりも傷に引っ付きにくく、取り替え時の痛みや出血が少なく、傷口を保護できます。肌に貼り付けるための「粘着剤」が付いていないので(粘着剤付きもある)、位置やサイズを気にせずに使えて、何枚か並べて使うこともできます。

「傷あてパッド」を「サージカルテープ」で固定すれば受傷箇所を一時的に保護できます。 パッドとテープはどちらか片方だけでは役に立たないので、必ずセットで用意しましょう。

「傷あてパッド」は絆創膏などで対応できない広い面積に使うのが前提なので、大きめのサイズを用意するのがポイントです。テープは意外にかさばるので幅が細いものを選ぶと良いでしょう。

 「傷あてパッド」はこちらから購入できます(Amazon)
 「サージカルテープ」はこちらから購入できます(Amazon)


止血帯

出血が激しい場合は【止血】が必要です。傷口を直接圧迫するのが基本ですが、同時に止血点(傷口よりも心臓に近く、外側から圧迫できる動脈部位)を圧迫する場合もあります。

傷口や止血点を圧迫し続けるには片手または両手がふさがるので、何か手の代わりに押さえてくれるものがあると助かります。 そんな時、片手で使える「簡易止血帯」が便利です。

「傷口を押さえたガーゼの上からギュッと締める」、「止血点に何か硬いもの(例:CO2ボンベ等)を押し当てて上からギュッと締める」など、止血の補助に役立ちます。

 片手で使える簡易止血帯(駆血帯)はこちらから購入できます(Amazon)

◎「簡易止血帯」は本来は注射・点滴などの時に血管を浮き上がらせるために使用する道具です。そのため怪我の止血に使うのは通常の使い方ではないのですが、 あると助かる場面が多いので持っておくことをお勧めします。なお、緊縛止血には使えません


止血パッド

「傷あてパッド」に止血を早める効果をプラスした「止血パッド 」というアイテムもあります。

広範囲にわたる傷をすばやく保護&止血するのに役立ちます。

止血パッドにもいくつかの製品がありますが、基本的に切って使うことはできないので、必要だと思うサイズを揃えておくと良いでしょう。

 止血パッドはこちらから購入できます(Amazon)


エマージェンシーメモ

「エマージェンシーメモ」は【緊急連絡先】や【身元情報】【医療メモ】などを記したメモです。

もしも自分が意識不明に陥ったり、救急車で運ばれるような事態になったとしたら?真っ先に家族に連絡がいってほしいと願うのは誰でも同じではないでしょうか。

また、持病がある人や、薬の重大な副作用経験がある人はそれを知ってもらう必要があります。

メモの様式はどんな形でも良いので、名刺サイズの紙に必要なことをまとめて記しておきましょう。

私はパソコンで「自分の住所・氏名・年齢」「家族の氏名・電話番号」等をまとめたものをプリントアウトして用意しています。

◎このメモは、もしもの時に第三者が発見しやすいことが大切なので、財布の中や、バッグや背中のポケットの中、ファーストエイドキットの中などに入れておきましょう。





持てるならコレもあるとベター

次のアイテムは優先順位が低め&かさ張るので、上のファーストエイド用品一覧からは省きましたが、必要だと思う場合・持てる場合は用意しておくと良いでしょう。

一緒に走る仲間がいる時はグループに1つあれば十分です。

「瞬間冷却剤」と「食品用ラップ」の写真。

食品用ラップ

キッチンで使う「食器用のラップ」があれば【広範囲の擦り傷】をぐるりと包み込んで【湿潤療法】をすることができます。

また、応急処置が難しい【深い切り傷】もラップで圧迫・密閉するように巻きつければ、病院に行くまでの間の保護ができます。いずれも、ラップの端は「サージカルテープ」で留めると良いですよ。

 自転車で携行できるミニサイズのラップ(15cm幅)はこちら(Amazon)


瞬間冷却剤

「瞬間冷却剤」があれば、【打撲】や【熱中症】の応急手当ができます。

自転車の怪我で擦り傷・切り傷と同じくらい多いのが「打ち身(打撲)」ですが、打撲の応急処置の基本は「冷やす」ことです。冷やすことで内出血や炎症の広がりを抑えます。

また、「熱中症」は予防が肝心ですが、なってしまったらまずは体温を下げることが肝心です。首の前の部分(前頚部)、脇の下、そして足の付け根など、太い静脈が通っている場所を冷やします。

「体を冷やせるもの」ってなかなか無いものです。『瞬間冷却剤』は、そんな時に役に立ちます。「袋をパンチとする冷たくなるタイプ」の冷却剤が携帯性が良くおすすめです。

 「瞬間冷却剤」はこちらから購入できます。(Amazon)




「赤色」の専用ポーチにまとめて収納

00

すぐに取り出せる&誰にでも解ることが大事

ファーストエイド用品は、必要な時にすぐに取り出せる場所に収納することと、それが救急用品であることが誰にでも解る外観であることが大切です。

怪我をした時には痛みで冷静さを失うこともあります。出血が多いと焦りやショックで頭が真っ白になることもあります。そんな緊急時に、シンプルな手順で最短の時間で応急処置ができなければ余計に慌ててしまいますよね。

また、もしも自分が動けないような状態に陥った場合は仲間や他人に救護してもらうしかありません。そんな時、ファーストエイド用品は誰が見てもすぐに解るものでなければなりません

ファーストエイド用品を入れるポーチなどは、原則として赤色のものを使いましょう。そして、すぐに取り出せる・外からも見える場所(サイクルウェアの背中のポケットや、バッグ外側のメッシュポケットなど)に収納しましょう。


ドイター・ファーストエイドキットバッグ「S」がおすすめ

自転車のファーストエイド用品を収納するポーチには、【ドイターのファーストエイドキットバッグ Sサイズ】がおすすめです。私が使っているのもコレです。



誰が見ても救急用品であることが解る目立つ「赤色」で、ファーストエイドキットの文字がプリントされています。大きさは「手のひらサイズ」でサイクルウェアのポケットにも収まりますよ。

 「ドイター ファーストエイドキットバッグS」はこちらから購入できます。(Amazon)

 新しいモデル「ファーストエイドキットアクティブ」が登場しました。(Amazon)


コンパクトに収納

赤色の小さなポーチである「ドイター・ファーストエイドキットバッグS」に、色々なファーストエイド用品が収納されている写真。
ファーストエイドキットバッグSには「水」以外のものが大体収納できます。

アレもコレもと詰め込み過ぎると、かさばったり必要なものを取り出しにくくなるので、中が見やすく必要なものが取り出し易いようにシンプル&コンパクトに収納するのがポイントです。

「止血帯」や「サージカルテープ」は各1つあれば良いですし、「絆創膏」の類は各2~3枚ずつくらい入れておけば十分です。

その他、血液等を拭き取れる「ティッシュ」や、ゴミ・汚れ物を入れる「ビニール袋」などは、当たり前のエチケットとして一緒に入れておきましょう。

◎一言メモ
「絆創膏」の類は箱から出すと、それぞれの種類や形状の違いが解り難くなるので、裏面にメモしておけば使う時に解りやすいですよ。私はキズパワーパッドには「KPP」、普通の絆創膏には「ふつう」、ひじひざ用には「ひじひざ」と書き込んでいます。




ファーストエイドは、病院までのつなぎ

ファーストエイドは、あくまでも応急処置です。小さな切り傷・擦り傷など、その場で手当てをしたらそのままきれいに治る怪我は良いとして、ある程度大きな怪我は応急処置をした上で、病院で診てもらったほうが良いでしょう。そのほうが傷跡が残らずにきれいに治る可能性が高まります。

また、打ち身(打撲)は出血をともなわない場合が多いですが、見た目よりも内出血が酷い場合や、骨や腱にダメージがある場合があるので、激しくぶつけた場合は病院に行くことをお勧めします。

簡易的なファーストエイド用品では、縫合が必要な怪我や骨折などには対応できません。無理に何とかしようとせず、必要な処置・できる処置だけをして、すぐに救急車を呼びましょう。




まとめ

もしもの時に、ファーストエイド用品は必ず役に立つ

自転車は便利で楽しい乗り物ですが、ひとたび転倒・落車すれば「怪我」をする乗り物でもあります。だからこそ、怪我の大小に関わらず必要な手当てが出来るよう準備しておくことが大切です。

そんなに頻繁に転倒・落車することもないので、「自分は大丈夫」「怪我なんてしないよ」と考えてしまいがちですが、周りを見渡せば自転車で転んだり怪我をしている人は少なくありません。

次は自分かもしれないし、助けが必要な人に出会うかもしれません。

実際に、私自身も転倒して怪我をしたことがあります。ツーリングの道中で怪我をして困っている人に出会ったこともあります。

かんたんな手当て1つで笑顔が戻って再び走り出せることもあるものです。

ファーストエイド用品は「もしも」のための備えなので、使う機会は少ないほど良いですが、必要な時に持っていれば必ず役に立ちます


ときどき自分の持ち物を見直そう

「ファーストエイド用品」は優先順位・使用頻度の高いものを厳選することがポイントです。

いろいろ中身を詰め込みすぎてかさばると、「邪魔だから今日は持って行かない」という選択肢が降ってくるので、コンパクトさを損ねない工夫が必要です。

また、実際に怪我や事故に遭って「これも持っておいたほうが良いな」と他に必要なものに気付いたら追加するのも良いでしょう。そして、消耗品を使ったら補充するのを忘れずに。

ただ持っているだけで安心してしまわずに、時々ポーチの中身や意識のメンテナンスをする機会をもつことが大切です


そんな「自転車のファーストエイド用品」。

まずは必要なものを揃えて、普段から携行しておくことが肝心です。

もしも何かあった時には、きっと「持っていて良かった」と思えるはずですよ。



自分用のファーストエイドキットを作ってみよう

◎ファーストエイドキットを用意するなら、まずは収納用のポーチが必要です。

◎必要だと思う物資を、ポーチに入る分だけ詰めてみしょう。

 「ドイター ファーストエイドキットバッグS」はAmazonで購入できます。


 新モデル「ファーストエイドキットアクティブ」はこちら

★この記事が参考になると思ったら、ぜひシェアやいいね!で応援してください。


スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ミニベロの高速化を実現|高性能タイヤ「シュワルベワン」 最速レビュー
次の記事 ≫
ミニベロで行く、早春の琵琶湖・菜の花の風景&京都・大原