MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 読み物・雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクリングに、タイヤチューブを持って行く

自転車のタイヤがパンクした時は「パッチで穴を塞ぐ」か「チューブを交換する」、

どちらかのパンク修理作業が必要ですね。

できれば、新しいチューブに交換するほうが安心です。

サイクリングに行く時は、予備のチューブを最低1本は持っておきたいですね。

自転車のタイヤチューブとパンク修理道具が並べられた写真

予備チューブを傷めないように持ち運ぶ

タイヤチューブは薄いゴム。簡単に傷付いたり、穴があくもの。だからパンクするのです。

タイヤチューブを丸裸で携行すると、他の荷物と擦れたりして、知らないうちに傷がつく不安がありますよ。「携行中の穴あき」は実際にあるようです。

いざ、パンクして予備のチューブに交換した時に、すでに穴が空いていたら困りますよね。

ということで今回は、タイヤチューブを傷つけずに携行するために、

ぼくが実践している3つのアイデアを紹介します。


スポンサーリンク


1.パッケージを活用する

タイヤチューブは箱や袋などのパッケージに入って売られているので、

あえて取り出さずにそのまま持って行くというのも1つの方法。箱や袋が保護材になります。

IMG_3046

箱や袋は多少かさばりますが、丸裸で携行するよりもチューブが傷つく心配は少ないです。

箱入りのチューブを小さなサドルバッグや背中のポケットに入れるのはお勧めできませんが、

フロントバッグやリュックなど大きめの収納スペースがある場合は箱入りでも問題ないですね。

IMG_3076
◎ちなみに、ぼくはミニベロにはフロントバッグを装着しているので、こんなふうに箱のまま放り込んで出かけることもよくあります。




2.チャック付きポリ袋に入れる

「箱から出したチューブ」や「パッケージが無いチューブ」は袋に入れることでダメージから保護できます

IMG_3067

「チャック付きのポリ袋」が最適で、チューブに合ったぴったりサイズの袋を使えばかさばりません。

IMG_3062

また、チューブに使われているゴムやポリウレタンは空気に触れることでも劣化するので、使わない間は外気を遮断して保管するのがベター

いざという時にベストな状態で使えると良いですよね。そういう意味でも、密閉できる「チャック付き袋」が最適ですね。

ちなみに「100均」などのペラペラの袋はすぐに穴があくので、厚手の丈夫な袋を使うのがお勧めです。

◎参考
ぼくが使っているのは「ユニパック D-8サイズ」という丈夫なチャック付き袋で、寸法は120×85mm。

「ミニベロの16~20インチチューブ」から「ロードバイクの700cチューブ」まで大体入るサイズで、写真のように無駄なくピチッとフィットします。ぴったりなので出し入れはキツめ。

もう少しゆとりのあるワンサイズ上は「E-8サイズ」。こちらの寸法は140×100mm。持っていると色々と便利に使える袋です。




3.ふんわりやさしく収納する

予備のチューブやパンク修理道具を、サドルバッグ等にまとめて収納しているという人は多いはず。ぼくもロードバイクではそうしています。

IMG_3096e2

この時、小さなサドルバッグなどにグイグイと無理やり押し込むよりも、

大きめのサドルバッグやフロントバッグなど余裕のあるスペースに、ゆとりをもって収納するほうが、チューブにかかるストレスは少ないです。

というのは、ひしめき合う荷物の中で、チューブは隣り合う荷物に負けることがあるからですね。

小さめのスペースに収納する時は、携帯工具など硬くてカドがあるものが直接触れないように気を付けたいところ。

サドルバッグやツールケースのフタを閉じる時には、中身を押し潰すような力が掛かることがあるので、無理のないように収納しよう。




まとめ|ちょっとした心がけで、安心感アップ

タイヤチューブを丸裸で携行すると、知らないうちに傷んでしまうリスクがあるので、

▼予備チューブを傷めないように保護して、

▼収納する時は余計なストレスを与えないように気を付けたいですね。

IMG_3085
使う機会がないまま携行する期間が長いほど、傷みや劣化が起きる可能性は高くなります。

ということで、ぼくはタイヤ交換などのついでにチューブを交換する時は、ずっと携行してきた古いチューブから使うようにしていますよ。

いざという時に困らないための、ちょっとした心がけ、あなたも自分なりの方法で実践してみてはいかが?


ちなみに

先日、ロードバイクに乗っている時に初めてのパンクを経験しました。

友人など他人の自転車のパンク修理をした経験は豊富なのですが、自分の自転車がパンクするのは初めてだったんですよね。

ぼくはこれまで「パンク無し記録が15年以上あった」ので、待望の初パンクでした。

00

上の写真はその時のもの。
  1. パナレーサーのタイヤレバーでタイヤを外して、
  2. マキシスの超軽量チューブに交換、
  3. そしてTNIのCO2ボンベでサクッと完了しましたよ。
◎ちなみに、パンクの原因は「リム打ち」でした。段差でやってしまったようです。


パンク修理用品は必要だけど、パンクは何よりも予防が大事

サイクリングに行くなら、パンク修理用品は必要なもの。

ずっとパンクしなくても、ぼくは「予備のチューブ」や「パンク修理道具」をこれまでもずっと携行していました。

IMG_3099
とはいっても、やはりパンクは予防が肝心

色々道具を揃える事よりも、まずは「パンクしないこと」「パンクする確率を下げること」のほうが100倍大事ですね。

ということで、ぼくが「パンクを予防するためにしていること」を以下の記事で紹介していますよ。

 15年間一度も自転車をパンクさせずに済んだ、パンク予防の習慣

あわせて参考にしていただければと思います。


◎こちらの記事もオススメです

 パンク修理用品を持って行くか・持たないか?の判断基準

 自転車のタイヤの空気圧について「おさらい」してみるよ

 自転車が何度も繰り返しパンクする?7つの原因が考えられるよ

 増えた持ち物の収納に便利な、中容量のフロントバッグ(小径車向け)

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
【読者アンケート:終了】ミニベロ向けフロントバッグにカラバリ追加、あなたはどの色がいい?
次の記事 ≫
自転車のフレームやパーツの「角度」を測れるデジタル角度計が地味に便利