MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ サイクリングリポート ツーリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
兵庫県・三田にある観光庭園「花のじゅうたん」にピンク色の芝桜の花が咲く風景。花畑の中に2台の自転車が停められている写真。
新緑が鮮やかに光る5月初旬、友人を誘ってミニベロ2台で兵庫県三田に出掛けました。

見頃の「芝桜」、美味しい「お蕎麦」、そして「緑いっぱいの三田の風景」を楽しみましたよ。

その日のサイクリングの様子を、たくさんの写真や動画とともにご紹介します。

「ダイジェスト動画」から見るならこちら(Youtube)

スポンサーリンク


今回のコース

こんなところを訪れました


走行ルート


◎地図画像をクリックすると詳しい地図が表示できます。

◎難易度:★★★☆☆
標高差425mの山登りがあるので、初心者には少ししんどいかもしれません。そのかわり距離を短めに、ゆっくり休憩や観光も楽しめるコースですよ。



電車で輪行して三田へ

JR「新三田」駅へ

輪行袋に入れられた自転車が駅のホームにおかれている写真。
今回は神戸から三田まで輪行して行きました。JR福知山線に乗って【新三田駅】へ。

自転車を組み立ててスタート

JR新三田駅の前にある「三田市観光ガイドマップ」の写真。手前には2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
「着いた瞬間空気が美味い」、これを三田市のキャッチフレーズにしていいレベル。電車を降りると、すぐに空気の美味しさを感じました。本当に澄み渡る空気。

そして駅前で自転車を組み立てて、サイクリングをスタートです。


三田の風景は素晴らしかった

この「田舎感」に感動

三田の田園風景の写真。田植え前の水が張られた田んぼに空や雲が映っている。むこうには緑色の山々が見える。手前には2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
駅や幹線道路を少し離れれば、自然いっぱいの風景が広がります。

どこを見ても「わぁー緑ばっかでなんもない」というかんじ。里山のこんな景色が大好きです。

まもなく田植えが始められる、水が張られた田んぼが続いていました。

青野ダム・千丈寺湖の風景

三田の青野ダムのダム湖「千丈寺湖」の風景。むこうには緑色の山々があり、湖面には山と青空が映っている。手前には2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
バス釣りで有名な「青野ダム」。そのダム湖である「千丈寺湖」の風景は、一段と色鮮やかで美しかったです。周りに家などはほとんど無いので、本当に静かで良い所でした。

こうして見ると、三田の平野部は「水」と「緑」が多いんだなって思います。


新緑の中をヒルクライム

鮮やかな新緑の木々が立ち並ぶ山道の写真。道路には木漏れ日と影が散らばっている。
立ちならぶ樹々や「緑のトンネル」が作り出す、木陰と木漏れ日の道。

暑くてしんどい山登りでしたが、目に映る景色は新鮮で美しく、「苦しみ」と「癒し」を同時に味わえるお得なヒルクライムでした。

渓流に耳を澄まして

山道の途中にある、水が流れる風景の写真。森の奥からこちらに向かって渓流が流れている。手前には2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
沢に沿って作られた山道は、渓流とともにあります。耳を澄ませば水の流れる音が聞こえ、ときどき清らかな水が見える場所がありました。

こういう場所は他所よりも空気がひんやりとしていて、暑い時には心地良いんです。少しの間、この場所で過ごしました。静かで心地良い森林浴の時間になりました。

「茶畑」がある風景

三田の母子の風景の写真。道路の両側にいくつもの茶畑がある。
山道を登り切ると、景色の中に「茶畑」が続々と現れました。

三田の北部にある母子(もうし)地区はお茶の産地で、この土地の気候を生かして古くから茶葉の栽培が続けられているそうですよ。

・参考リンク:「母子茶加工生産組合|茶香房・きらめき」


美味しいお蕎麦を食べる

母子そば「いまきた」

三田の母子にある蕎麦屋「いまきた」のお店付近の写真。
昼食は「お蕎麦」と決めていました。母子にあるお蕎麦屋さん『母子そば座敷 いまきた』へ行きました。

「母子そば」は、かなり美味しかった

「母子そば・いまきた」の蕎麦の写真。
『母子そば』は、“抜き身挽きぐるみ”の蕎麦です。蕎麦にとって大切な「のどごし」、そして「蕎麦の香り」と「甘み」、そして「歯ごたえ」。そのすべてのバランスがちょうど良いお蕎麦でした。

「そばは喉越しが命」、「そばは風味が強いほうがいい」など蕎麦の好みも人それぞれですが、この『母子そば』はそのバランスがちょうどいい。(大事な事なので2回言いました)

『母子そば』、本当に美味しかったです。


花のじゅうたんで「芝桜」を見る

お昼ごはんの後は、観光庭園【花のじゅうたん】へ。見頃を迎えた「芝桜」の花の風景を見に行きました。

満開の芝桜の花を楽しむ

三田の観光花畑「花のじゅうたん」の風景。芝桜の花が満開で、花畑の中をたくさんの人が歩いている。花畑の中に2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
「花のじゅうたん」の園内は、甘い蜜の匂いがしていました。芝桜の花は香りがするんですね。園内を歩き回って写真撮影を楽しみました。

自転車と芝桜を一緒に撮る

三田の観光花畑「花のじゅうたん」の風景。満開の芝桜に囲まれて2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
自転車を芝桜の花が咲く真ん中に置いて、写真を撮りました。

三田の「花のじゅうたん」は、全国的に見ればかなり小規模な芝桜庭園です。ざっくり言ってしまえば、小さくて狭いんですよね。

そのため「この狭い庭園をどう写真に切り取るか??」という難しさがあり、納得のいく写真を撮るのはなかなか難しかったです。写真の撮り方で広く見せる工夫が必要ですね。

動画で見渡してみる


「花のじゅうたん」を色々な視点の動画で撮ってみました。撮り方を工夫すると面白いですよ。

芝桜は、めっちゃ種類があるらしい

たくさんの種類の芝桜の花が品種名の札とともに並べられている写真。
芝桜の花って「色が何種類かある」くらいに思っていたのですが、こんなに種類があるんですね。

それ芝桜やない、柴桜や

芝桜の名前に掛けて、柴犬を花柄にしたオブジェが置かれている写真。
「花のじゅうたん」の園内には、あちこちに謎のオブジェが置いてありました。この「花柄の柴犬」はシャレがきいてますね。
【三田の「花のじゅうたん」について】
◎「花のじゅうたん」の入園料は600円/大人1名でした。(2015年5月現在)

◎「花のじゅうたん」は、入り口で尋ねてみたら自転車の持ち込みはOKでした。ただし、多人数での自転車持ち込みはダメだと思います。そしてもちろん、園内での乗車はしない約束です。

◎観光客が多い時など、自転車の持ち込みが不可な場合もあるかもしれません。自転車を園内に持ち込みたい場合は、その都度確認しましょう。

・関連リンク:「花のじゅうたん」ホームページ

「わらび餅」を食べに、峠の茶屋・一軒家へ

芝桜の風景を楽しんだあとは、おやつの時間。「わらび餅」を食べに【峠の茶屋・一軒家】に行きました。

まさかの臨時休業だった

三田にある軽食処「峠の茶屋・一軒家」の店舗外観の写真。昔ながらの茅葺の建物で、あちこち緑色に苔がついている。手前には2台の自転車、ニューワールドツーリストとコメットRが停められている。
お店に着いてみると、なんと臨時休業。ゴールデンウィーク中に、定休日以外のお休みがあるとは思いませんでした。わらび餅、食べたかったなー。なかなか美味しいらしいですよ。

せっかく行ったので、お店の前で写真だけ撮らせてもらいました。「茅葺」の建物は素敵ですよね。

わらび餅は食べられなかったので、ひとまず山を下りることにしました。


超気持ち良いダウンヒル

動画で体験

緑いっぱいの山道を下る気持ち良さを、動画で感じてみてください。


この動画は、最近買ったばかりのソニーのアクションカムをヘルメットマウントで撮影しました。

後ろを友人が走っているので、時々横を向いて後方確認するシーンがあります。あと、通り過ぎるお店や建物などを「ここは何だろう?」というかんじでチラッと見てます。

カメラを頭に載せると、本当に自分が見たままに撮れるのが魅力です。ただし、頭を動かすとそれが全部映るので、ちょっと見苦しくなることもありますね。でもこの臨場感、いいかんじです。

 「ソニーアクションカム」について詳しく紹介している記事はこちら


三田の自然の中を、のんびり走る

青野ダム・千丈寺湖の周辺に戻ってきた

千丈寺湖の湖岸の写真。湖のほかには、緑色の木々と1本の道路しかない。
山道を下ると、ふたたび青野ダム・千丈寺湖の美しい風景が待っていました。

青野ダム・千丈寺湖の周辺の道路の写真。緑色の木々が道路を囲むようにして、緑のトンネルを形作っている。
緑と水がいっぱいの風景の中を自転車で走るのは、本当に気持ちが良いですね。

水色の鉄橋「末吉橋」

青野ダムのダム湖・千丈寺湖にかかる水色のアーチ鉄橋「末吉橋」の写真。
千丈寺湖にかかる水色のアーチ橋「末吉橋」。なんだかここがゴール地点の雰囲気です。


「うわのそら」で、ちょっと一息

カフェ&ギャラリー「うわのそら」

カフェ&ギャラリー「うわのそら」の店舗外観の写真。何も無い田園風景の中にポツンとお店だけがある。
まだ「おやつ」を食べていなかったので、カフェ&ギャラリー「うわのそら」に行きました。緑ばかりでなんにも無いところにポツンとあるお店です。

ケーキプレートを食べた

「うわのそら」のケーキプレートの写真。横長のお皿に、ケーキやクッキー、アイスクリームなどが並んでいる写真。
この日のおやつは甘いもの。何種類かの甘味が盛り合わせられた「ケーキプレート」をいただきました。


輪行して帰路へ

「ド田舎感」満点の広野駅から帰る

JR福知山線「広野駅」の駅舎の写真。
帰りは【広野駅】から電車で輪行することにしました。とても古そうな駅舎でした。ノスタルジー。

雰囲気はこんなかんじなのに、改札機は「ピッ」とICカードで通れるのが、なんだかおかしく思えました(笑)

やっぱり「輪行」は素晴らしい

JR福知山線「広野駅」のホームに、自転車が入った2つの輪行袋が置かれている写真。
「輪行」は良いですよ。こうして田舎の駅で電車を待つ時間も、その日の思い出になります。

輪行すると「そこを通り過ぎた」ではなく「そこに居た」という感じが残ります。徒歩と乗り物では見える景色が違うように、輪行すると見えてくるものの深さが違うんですよね。

立ち止まる、一息つく、余裕を持つ。輪行で、そんな自転車の楽しみ方が広がります。

 関連記事:「輪行」のメリットを改めて実感|ロングライドが気楽な旅に


一日を「ダイジェスト動画」で観てみる

最後に、今回のサイクリングの様子をまとめた動画を作ってみました。美しい景色や、サイクリングの臨場感をお楽しみください。



以上、三田でのサイクリングのご紹介でした。次はミニベロでどこに行こう。次回の自転車日記もお楽しみに。

このカメラで撮りました


今回の記事で公開している「動画」は、SONYのアクションカム「HDR-AS200V」で撮影しました。自転車に乗ったままボタン1つで撮影できるので便利ですよ。

 「ソニーアクションカム」について詳しく紹介している記事はこちら

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加


フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
自転車で速くなりたければミニベロに乗れ|割とマジな話
次の記事 ≫
BIKE FRIDAYのウルトラライト・グースネックステムに交換したら320gも軽量化できた