MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ バイクフライデーNWT

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルテキスト「ニューワールドツーリスト折りたたみ用ベルト・保護具」と、いろいろなベルトや保護具が並べられた写真。
ニューワールドツーリスト】を折り畳む際に使用する「ベルト」と「保護具」を紹介します。

折り畳みの際の「確実な固定」と「車体へのダメージの予防」のために必要なアイテムですよ。

◎バイクフライデーのその他のポケットシリーズ(Pocket Rocket、Pocket Llama等)にも応用できます。傷や折り畳みの煩雑さに悩んでいる人は、是非参考にしてください。


スポンサーリンク


  • この記事で紹介する「ベルト」「保護具」は、私が自分で用意して使用しているものです。
  • ベルト・保護具は専用品は売られていないので、市販の素材や商品を流用・加工しています。
  • 全てのアイテムの購入リンクを記載することはできませんが、入手経路等を記載します。
  • 詳しい使い方は、「ニューワールドツーリストの折り畳み手順」を参考にしてください。



サドル先端部分 カバー

黒いネオプレン素材で出来た細長い袋状の保護具の写真。
「サドルの先端部分」に装着するカバーです。折り畳みの際にサドルとフロントキャリアが接触するので、サドルが傷付くのを防ぎます。

ダイワ 「ネオトップガード」 ワイド

黒いネオプレン素材で出来た釣竿用カバー「ダイワ・ネオトップガード・ワイド」の写真。
このカバーは元々は【ダイワ ネオトップガード(A) ワイド】という商品で、 魚釣りの「竿」や「玉網(ランディングネット)」の先端を保護するためのカバーです。

これを真ん中あたりで切ると、サドルの先端保護にぴったりなサイズになりました。

実際の使用例

白いサドルの先端に、黒い袋状の保護具が装着された写真。
丈夫で滑りにくいネオプレン素材で、ベルクロでしっかり留められるので便利です。

 「ダイワ ネオトップガード・ワイド」はAmazonで購入できます。




スキュアー先端部分 カバー

パイプ椅子等の脚先に装着する防傷カバーの写真。
このアイテムは【パイプ椅子等の脚先に装着する防傷カバー】です。近所のホームセンターで購入しました。

取り外したフロントホイールを車体に固定する際に、スキュアー先端部分が車体に接触し、フレームやリアディレイラーに傷を付けることがあるので、防傷のために装着します。

実際の使用例

自転車から取り外されたフロントホイールのシャフト部分の先端にカバーが付けられている写真。




リアステージョイント部分 保護具

黒いゴム製の車輪のような形のものに、パイプが貫通して、バンジーコードとフックが付けられた保護具の写真。
折り畳み状態では「リアステーのジョイント部分」が直接地面に接するので、ジョイント部分の傷や変形を防ぐために保護具を装着します。

この保護具は素材をかき集めて自作しました。よく考えて作ったので、大変使いやすく便利です。

バンジーコードとフックを使用することで、片手で着脱ができるようになっています。

実際の使用例

バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」のリアステーの分割部分に保護具が装着されている写真。
バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」が折り畳まれた状態の写真で、リアステーの分割部分は保護具が装着された状態で地面に接している。




固定用 赤色ベルト×3

ラダーロックストラップ 1本

ナイロン製の赤いベルトの写真。途中に黒いバックルが付いている。
一般的なナイロンベルトにクイックリリース付きバックルが付いたものです。フロントホイールを車体に固定するために使用します。

ネオプレン製ベルト 2本

ネオプレン素材の赤いベルトが2本ある写真。1本は幅が広く長さが長く、もう1本は幅が細く長さが少し短い。
釣竿用の「ロッドベルト」を流用しています。適度に伸縮し、滑りにくいネオプレン製です。

フロントホイールを車体に固定するために使用します。

◎この製品は【Rapala(ラパラ) ロッドラップ】というもので、通常片方にしか無いベルクロが両端に付けられているので、左右どちらからでも留めることができる優れものです。太さ・長さの異なる2本セットで、一般的なロッドベルトよりも長めなので使いやすいです。

実際の使用例

バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」が折りたたまれている写真で、赤いベルトが3箇所に装着されている。

 「Rapala(ラパラ) ロッドラップ」はAmazonで購入できます。




ステムジョイント部分(車体側) カバー

こたつテーブル等の脚先に装着する防傷カバーの写真。
このアイテムは【こたつテーブル等の脚先に装着する防傷カバー】です。近所のホームセンターで購入しました。

ステムコラムを外した時に露出する車体側の「ジョイント部分」の保護のために装着します。

実際の使用例

バイクフライデーの折りたたみミニベロ「ニューワールドツーリスト」のステムコラムのジョイント部分(車体側)に保護具が装着された写真。
ジョイント部分(車体側)の外径32mmにぴったり合うものを使用しています。




ステムジョイント部分(ステム側) カバー

カメラの小型レンズやその他電子機器などを入れる黒いポーチの写真。分厚い緩衝材が入っていて丸い形をしている。
このアイテムは、カメラの小型レンズやその他電子機器などを入れるポーチです。「ステムコラムの先端部分」を保護するために装着します。

◎この製品は【ETSUMI デジタルクッションポーチSS】というもので、市販のクッションポーチの中でも特に分厚い製品です。

実際の使用例

バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」のステムコラムのジョイント部分(ステム側)に保護具が装着された写真。
クイックレバー部分ごとスッポリと被せます。不意に外れないように、巾着紐を引っ掛けておくと安心です。




ハンドルバー固定用ベルト

ネオプレン素材で出来た黒いベルトが2本ある写真。長さは短いものと長いものがある。
これも釣竿用の「ロッドベルト」を流用しています。折り畳みの最後に、ハンドルバーを車体に固定するために使用します。

実際の使用例

バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」が折りたたまれた状態で、ハンドルの両端が黒いベルトで固定されている写真。




シートマスト防傷用ベルト

ネオプレン素材で出来た細くて短い青いベルトの写真。
これも釣竿用の「ロッドベルト」を流用しています。折り畳みの際にシートマストに傷が付くことがあるので、防傷のために装着します。

ネームプレートと接触して傷が付く

バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」のシートマストを折りたたむとネームプレートに接触することを示した写真。
シートマストを前方に倒してゆくと最後はメインフレームに当たって止まりますが、その時にシートマストと接触するのが「ネームプレート」です。

ちょうど角の部分が当たってシートマスト側の塗装が削れてしまうので、それを予防します。

実際の使用例

バイクフライデーの折り畳みミニベロ「ニューワールドツーリスト」のシートマストに青いベルトが装着されている写真。
このベルトは、折り畳みの際にその都度着脱する必要はないので、常時装着しています。




サドルバッグに収納して携行

白いサドルの下に緑色のサドルバッグ「オルトリーブ・サドルバッグM」が装着されている写真。
これらのベルト・保護具は「サドルバッグ」に収納しています。

輪行袋とともに常時携行しておけば、いつでも折り畳み・輪行できます。

 ベルト&保護具がすべて収納できる、おすすめのサドルバッグはこちら




ベルト&保護具を用意する際のポイント

いろいろなベルトや保護具が並べられた写真。

同じアイテムを2つ以上持たない

同じアイテムが2つ以上あるよりも、すべてのアイテムが1つずつある状態がベターです。そうすれば1箇所ずつ「確認」しながら確実に着脱ができ、付け忘れや紛失を予防できます。

似たようなアイテムは色を変えるとか、同じ色ならサイズが違うようにするとか、その程度の工夫で十分です。

「釣具店」「ホームセンター」は素材の宝庫

釣竿用の「ロッドベルト」やホームセンターの「ゴム素材」などは、使えるものが多いです。どこに・どんな素材が必要かをイメージして、それに合いそうなものを探してみましょう。

再入手が可能なものを

「ベルト」「保護具」は使い続ける中で、傷んだり・無くなったりすることがあるかもしれません。どれも無いと困るものなので、買い直しや作り直しが容易なものを持っておくのが良いでしょう。




まとめ

以上、ニューワールドツーリストを折りたたむ際に使用する「ベルト&保護具」の紹介でした。

 関連記事:「ニューワールドツーリストの折り畳み手順」はこちら

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ニューワールドツーリスト|組み立て手順 【詳しい写真付き】
次の記事 ≫
自転車でめぐるローカル風景|海と緑と田舎道 (明石・稲美・三木)