MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 読み物・雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自転車のヘルメットは必要か?不要か?」という話

タイトルテキスト「自転車のヘルメットは必要か?不要か?」と自転車用ヘルメットの画像。

ヘルメットは事故や転倒など「もしも」の時に頭を守るためのものだから、もしもに備えるなら必要ですね。かぶりましょう。

着用は義務ではないから、かぶるも・かぶらないも個人の自由

自転車でヘルメットをかぶることは現在のところ「義務」ではありません。

つまり、かぶるかどうかは個人の自由。

ヘルメットをかぶる人もいれば、かぶらない人もいます

場合によって、かぶったり・かぶらなかったり、シーンによって使い分ける人もいます。

私もヘルメットをかぶる時と・かぶらない時がありますよ。

でも「もしも」に備えるなら、かぶっておいたほうがいいのは間違いないです。私は着用を推奨しますよ。


「ヘルメット不要説」に耳を傾ける必要はないよ

時々「自転車のヘルメットは無意味だから不要」という話を熱く語る人がいます。

そんな話、あなたも聞いたことがありませんか?もしかして不要だと思ってる?

私はそんな『自転車のヘルメット不要説』には反対です。

ヘルメットをかぶっていれば避けられる怪我や助かる命があるんだから、意味無いわけないじゃないですか。

それに、かぶらないことを他人に推奨するのは間違ってると思います。

かぶるかどうかは個人の自由ですが、推奨するならかぶることを推奨しましょうよ

必要かどうか、かぶるかどうかは、自分の頭で考えて判断すればいいんです。


自転車用ヘルメットってチャチだけど、ちゃんと頭を守ってくれるよ

ヘルメットは無意味だ不要だという人の意見にはまったく賛同できないけど、あのチャチな作りが気に食わないというのは解ります。それはつまり「こんなもので頭が守れるのか?という不安です。

安心してください。そのチャチなヘルメットに救われることのほうが多いんですよ。意味ありまくりです。

ということで、もしもの時に頭を守りたいなら、かぶっておいたほうがいいですよ

スポンサーリンク

この話題に興味があるなら、ぜひ続きも読んでください。





自転車用ヘルメットはチャチだけど、ちゃんと頭を守ってくれる

自転車用ヘルメットはとても簡素な作り

自転車用ヘルメットは、バイク(エンジン付き)やモータースポーツ用のヘルメットと比べると簡素でチャチな作りです。どんな高価なものも、ほぼ「発泡スチロール」ですよね。

私も昔初めて自転車用ヘルメットを買って手にした時、「こんな作りなの?」という驚きとともに幻滅したことを覚えています。なんというか、もっとたいそうなものだと期待していました。


「ほぼ発泡スチロール」なのには理由がある

自転車は人力の乗り物だから、身に付けるものは軽くて快適でなければなりません。もしヘルメットがもっと重くて暑いなら「ヘルメットなんてかぶらない」という人も出てくるでしょう。

そこでメーカーは「頭部を保護する」という第一の機能に加えて、自転車に乗る人が快適に使えるように「軽さ」と「通気性」を追求し、自転車用ヘルメットは現在の様式に辿り着きました。

現在主流の「発泡スチロール+シェル」という素材・構造は、軽くて・緩衝性があり・通気性が良いという3拍子揃ったグッドアイディアです。(BELLが開発したインモールドマイクロシェル製法)

自転車用ヘルメットはモータースポーツ用のヘルメットと比べると頼りないのは確かです。しかし自転車は普通、モータースポーツほどスピードが出ないので問題が無いんです。

そんなわけで、自転車の「ほぼ発泡スチロール」なヘルメットは【頭部の保護】と【自転車での実用性】を上手くバランスさせた優れものなんですね。


ヘルメットが犠牲になることで、人の頭を守ってくれる

事故や転倒で頭部をぶつけた時、怪我や衝撃の程度はヘルメットの有無で大きく変わります。

自転車用ヘルメットは、地面に擦り付けられれば表面が削れるし、激しくぶつけたら割れてしまいます。もしそれが生身の頭だったら…と思うとゾッとしますよね。やっぱりヘルメットは必要です。

ヘルメットが人間の代わりにダメージを受けたり、割れることで衝撃を緩和し、人間の頭を守ってくれる。それはすごく当たり前のことですが、それでこそヘルメットの意味があります。

私の経験では、ヘルメットをかぶっていれば、もし頭をぶつけても頭はゲンコツでぶたれた様に少し腫れて痛むだけで無傷で済むことが多いです。(もちろん必要なら病院へ)


「チャチで・壊れる・使い捨て」、だから頭は守られる

自転車用ヘルメットは、事故や転倒でぶつければ基本的に一度きりで役目を終える「使い捨て」です。一度ダメージを受けたヘルメットでは、二度目は頭を守れない可能性があるからです。

「一度の事故で使い捨てる」という使い方、それはもったいない気もしますが、ヘルメットを失うそのおかげで命や健康を失わずに済むと思えば意義があることですね。

これを知っていれば、チャチな作りにも、壊れてしまうことも、使い捨てすることも、すべて納得がいくはずです。




「ヘルメット不要説」にだまされないで、自分の頭で考えよう

時々、「自転車のヘルメットは無意味だ!不要だ!」と言ってる人がいますよね。

結構大真面目に「なぜ不要なのか教えてしんぜよう」みたいに「不要説」を語る人までいます。

私はそんな「ヘルメット不要説」こそ不要なものだと思いますね

ヘルメットをかぶっていれば避けられる怪我や助かる命があるにも関わらず、そういう人たちは「意味無いからかぶらなくていいですよ」と他人に吹聴したり、「街乗りでヘルメットをかぶってるやつはバカ」と罵倒したりするわけです。

それはもう「害悪」でしかない。人を幸せにはしないが、不幸にはする、そんなレベルの痴れ言です


「ヘルメット不要説」はただの屁理屈

「ヘルメットは不要だ」と主張する人の意見はどれも浅はかで馬鹿馬鹿しいです。

例えば「自転車用ヘルメットは割れる、だから大型車に頭を踏み潰されたら死ぬ」といった極端な話。

あーそれは死ぬでしょうね。ヘルメットが割れなくても、首が折れて死ぬでしょう。それにそんなの、フルフェイスのヘルメットをかぶっていても死ぬんじゃないですか?

そんな“助からない場面”だけを引き合いに出して「ほら助からない、意味が無い」というのは屁理屈ですよね。不要説を正当化するための理由付けでしかありません。

「稀に助からない場合」があるから、ヘルメットは無意味で不要?そんなはずありません。「それ以外の助かる場合」には意味があるでしょう??

また、「街乗りなら不要」「速度が遅ければ不要」という主張もよく聞きます。ゆっくり走っていても転倒して頭ぶつけたら終わりじゃないですか。

走行速度や走行スタイルによってリスクの大きさは変わっても、頭をぶつけたらヤバイということは何も変わらないですよね。

時速0kmでも転倒して頭を打ち付ければタダでは済みません。自分が転倒しなくても、事故に巻き込まれたり他者・他車と衝突すれば、助かるためにはやはり頭部の保護が肝心です。

ヘルメット不要説を唱える人の頭は、地面に打ちつけても平気なくらい丈夫なの?


かぶる・かぶらないは個人の自由、しかし他人のリスクまで増やしてはいけない

「自転車のヘルメットは無意味だ・不要だ・かぶらなくていい」、そう考えるのも個人の自由です。そういう人は自分がヘルメットをかぶらなければいいんです。

そして、ヘルメットをかぶらないことが正しいというような考えを他人に押し付けたり広めたりするのはいけませんね

それってもう、周りの人に「事故で頭ぶつけたら死んでね」って言ってるようなものですよ。

ヘルメットをかぶることは義務ではありません。しかし、かぶらないことを他人に推奨するようなことがあってはいけません

ヘルメットをかぶることを推奨するのは「善」です。そして、かぶらないことを推奨するのは「悪」です。

「ヘルメット不要説」を唱える人は、自分がかぶらないことを正当化するために、他人を巻き込もうとしているようにも見えます。

「ダサい」「暑い」「無意味に思える」、ヘルメットをかぶらない理由はいくらでも思い浮かびます。かぶりたくない人は、かぶらなくていいと思いますよ。義務ではないし、個人の自由です。でもそれを他人に推奨するのは違うと思います。


現実を見よう、ヘルメットに救われる人は多い

事実、ヘルメットをかぶっていても助からない事故もあります。障がいを負ったり死亡するケースです。残念なことですが、そういう事故はもはやヘルメットの有無が関係なかったりもします。

一方で、ヘルメットをかぶっていたから助かったという例はとても多いです。私自身もヘルメットに救われた経験が過去に何度もあります。

「あの時、もしヘルメットをかぶっていなかったら…」、そんな九死に一生ストーリーは、実は意外に身近なところに散在してるものですよ。

少しでもヘルメットの必要性を感じるなら、その感覚を信じましょう。あなたがヘルメットをかぶることを、私は推奨しますよ。




まとめ:もしもの時に頭を守るにはヘルメットが必要

想像してみてください、ヘルメット無しで頭をぶつけることを

「自転車でたった一度も転倒したことがない」という人はほとんどいません。子どもの頃、大人になってから、誰でも一度は経験します。

地面に打ち付けた肘や膝を怪我する人、手の平や、顔を怪我する人、皆さん色々なところを怪我しています。血が出たり、アザになったり、結構痛々しいことも。中には骨折する人もいます。

それがもし『頭』だったら、どうなっていたでしょう?

あの衝撃を、あの痛みを頭に受けていたら、もっと大変な事態になっていたかもしれません。

その怖さ、そのリスクに立ち向かえるたった1つの方法が「ヘルメットをかぶる」ということです。


ヘルメットがチャチなのは事実、しかし頭を守れるのも事実

自転車用ヘルメットは簡素な作りなので、初めて手にした時に「こんなもので頭が守れるの?」と心配になる人は多いようです。私もそうでした。

でも実際には、ほとんどの場合ヘルメットで頭は守られます。頭部が直接衝突することを避け、衝撃を緩和し、外傷を最小限にとどめます。

状況は1つ1つの事故によって異なるので怪我をすることもあるでしょう。しかしヘルメットをかぶっていなかった場合と比べて頭部の被害は確実に小さくなります。

もしもの時にヘルメットはきっと役に立ちます。事故から頭を守るためには絶対に必要なものです


ヘルメットをかぶるかどうか、その選択は自由です

自転車でヘルメットをかぶることは義務ではありません。ヘルメットをかぶるかどうかは自分自身が決めることです。私もヘルメットをかぶる時とかぶらない時がありますよ。自分で選択してます。

しかしもし事故が起きた時に怪我や死亡や障がいのリスクを減らすためには、かぶっておいたほうが良いのは間違いありません

理想は、自転車に乗る人みんながヘルメットをかぶること。ヘルメットをかぶっていないばかりに怪我や障がいを負う人は確かにいるのだから。ヘルメットのおかげで救われる人がいるのだから。

ヘルメットをかぶるかどうかは一人ひとりが自分で決めることです。

そして、「もしも」に備えるなら自転車にもヘルメットは必要ということ。それだけは確かです。



ヘルメットの豆知識

◎自転車用ヘルメットには「価格」や「グレード」がピンからキリまでありますよね。でも実は、安全上の機能はどれも大差はないので、安価なものでも十分ですよ。

◎また、ヘルメットは「サイズ選び」が肝心です。小さくてかぶれないことを心配して、大きめを選んでしまいがちですが、ブカブカなサイズをベルトで無理やり締め付けるのはNG。ちゃんと頭にフィットするサイズ&形状のものを選びましょう。

◎ネットで買うなら「返品・交換可」のお店で買うのがオススメです。(Amazonは返品可能な場合が多いです、商品毎によく確認しましょう。)

 リーズナブルな自転車用ヘルメットをAmazonで見てみる


◎こちらの記事もオススメです

 ミニベロや普段着にも合う、おしゃれ&カジュアルなヘルメット

 ミニベロにヘルメットは必要?|その答えと3つの理由



スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
「シュワルベワン」のインプレ追記|耐久性と性能変化についてのレポート
次の記事 ≫
ヘルメットマウントしたアクションカムにUSB給電(充電)しながら撮影する方法