「オルトリーブ・サドルバッグM」その大きさ、どのくらい入るのか?

「オルトリーブ・サドルバッグM」を詳しく紹介します

オルトリーブの「サドルバッグM」が、自転車のサドルの下に装着されている様子を横から見た写真。サドルバッグは明るい黄緑色で、「オルトリーブ」のロゴがプリントされている。

今回は、ちょっと大きめのサドルバッグ「オルトリーブ サドルバッグM」について詳しくご紹介します。(筆者も愛用中)

適度に大容量なので「ペットボトル(小)」や「U字ロック」なんかも収納できて便利ですよ。

たくさん入るけど、大き過ぎない」、そんなサドルバッグを探している人におすすめです。

スポンサーリンク

 

「オルトリーブ サドルバッグM」の大きさ

実際の寸法

オルトリーブ サドルバッグM】はカタログに表記されている寸法よりも実際はもっと大きいです。

とても丈夫な薄い生地で作られているので、荷室部分の「外寸≒内寸」と考えていいと思います。

オルトリーブの「サドルバッグM」の大きさを示した写真。上から見た写真と後方から見た写真で、長さや高さや横幅をそれぞれ数字で示している。

カタログ寸法(内寸)

【高さ9cm】×【奥行き14cm】×【横幅7~12cm】

実際の寸法(内寸)

【高さ8~10cm】×【奥行き17cm】×【横幅7~17cm】

サイズ選びのポイント
サドルバッグのサイズを選ぶ時は「収納予定の荷物の中でいちばん大きなもの」の寸法をチェック。その荷物が「入るor入らない」は、内寸が一番大きな部分をチェックすればおおよそ判断できます。例えば、内寸のどこか一辺が15cm以上あるサドルバッグなら、長さ15cmの携帯ポンプは収納できますね。

大きさの比較イメージ

オルトリーブ サドルバッグM】の大きさをイメージし易いように他のアイテムと並べてみました。

オルトリーブの「サドルバッグM」の大きさが想像しやすいように、他のものと一緒に並べた写真。写真は左右にわかれていて、左側はオルトリーブの「サドルバッグM」の横に水のボトルなどが置かれていて、右はオルトリーブの「サドルバッグM」の横に自転車用のU字型ロックが置かれている。
写真上の「左」はシーブリーズ・アンティセプティックの230mlボトルと天然水280mlボトルです。どちらも4本は入りそうな容量があります。350mlペットボトルなら3本入ります。

写真上の右にあるU字ロックはABUSのU字ロック「Mini U-Lock」です。

長さ20cmのこのロックがオルトリーブサドルバッグMにちょうどぴったり収納できます。全長20cm未満のU字ロックなら大体収納できると思いますよ。

◎軽量で柔軟な生地で作られているので、多少内寸をオーバーするような物や、形状がシルエットに収まらない物でも、サドルバッグ自体が変形することで意外に何でも入ります。「ロールクロージャー」の閉じ方を工夫すれば、内寸以上に長い物も入りますよ。

 

どのくらい入るのか?

これだけの物が全部入ります

オルトリーブの「サドルバッグM」にどのくらいの量の荷物が入るのかを示した写真。オルトリーブの「サドルバッグM」の横に、携帯用エアーポンプやタイヤチューブ、ベルトなど、たくさんのものが並べられている。

私は【オルトリーブ サドルバッグM】にこんなにたくさんのものを収納しています。

これで限界かな?というくらいに詰め込んでいますが、タイヤチューブもう1本とか、輪行用のショルダーベルトなど、まだあと1アイテムくらいは入りますね。

◎こんなにたくさん入るのに、サドルバッグ自体はそれほど大ぶりではないのが良いですね。この容量がちょうど良くて、満足しています。

 

装着した外観

サイドから

たくさん入るのでコンパクトではないですが、自転車に装着した時のシルエットはそれほど不細工ではありません。

カラーリングもビビッドなラインナップで、コーディネートの「差し色」としても使えますね。

オルトリーブの「サドルバッグM」が、自転車のサドルの下に装着されている様子を横から見た写真。サドルバッグは明るい黄緑色で、「オルトリーブ」のロゴがプリントされている。

サドルへの固定は「専用のアダプター」を使用するタイプです。アダプターの取付け位置と、サドルバッグ本体についているスライドアジャスターを調節することで、サドルバッグの装着位置や角度の微調整ができるようになっています。

シートポストに巻きつけるベルトは、有っても無くても良いような補助的なものですが、使用することでサドルバッグの揺れを若干抑えることができます。

上から

前方が細く、後方が幅広になったデザインで、直線的なシルエットがなかなか格好良いです。

オルトリーブの「サドルバッグM」が、自転車のサドルの下に装着されている様子を後方上から見た写真。サドルバッグは明るい黄緑色で、「オルトリーブ」のロゴがプリントされている。

中身を出し入れする際には、入口がかなり大きく開くので中が見えやすく、荷物の出し入れがしやすいです。

輪行用品を入れると、荷造りが捗る
私は「折りたたみミニベロ ニューワールドツーリスト」を折りたたみ&組み立てする際に、ベルトや保護具をサドルバッグから出し入れするので、開けっ放しにしてそのまま手を突っ込める【オルトリーブ サドルバッグM】は本当に使い易いです。

もたもたしていると電車に乗り遅れる、1分でも早く終わらせたい「輪行準備」が、このサドルバッグを使うとちょっと素早く完了するんですよね。

 

まとめ

使い易くて気に入ってます

『オルトリーブ・サドルバッグM』は軽くて、たくさん入って、ガバッと開いて使い易い。そんなところが気に入りました。

この「大きめだけど、大き過ぎない」ところが良いんですよね。

「大きさ」や「使い勝手」の面で、代わりになる製品は今のところ他に見つからないので、今後も当分の間は「オルトリーブ サドルバッグM」を使い続けるつもりです。

程よく大きめのサドルバッグを探している人にオススメ

適度に大容量で使い易い『オルトリーブ サドルバッグM』は、

「工具」や「輪行用品」など常時携行する荷物が多い人に特におすすめですよ。

以上、ご紹介した内容があなたのサドルバッグ選びの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「オルトリーブ・サドルバッグM」の写真

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。