ハンドルの近くに装着できる便利なポーチの新型が発売

BIKE FRIDAYのクイックレバーのOリングが劣化したので交換してみた

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のニューワールドツーリストのクイックレバーの位置を示した写真

今回は、筆者が所有するアメリカ製の折りたたみミニベロ、
BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のNew World Tourist(ニューワールドツーリスト)から、ちょっとしたリペア・リフレッシュの話題をお届けします。

◎New World Touristの概要を紹介した昔の記事はこちら

概要は、フレームに付属するクイックレバーの「Oリング」が劣化したので交換した、という地味なお話です。

小さな部分でも、自転車の傷んでいた部分が綺麗にピカピカになると気持ち良いですね。

バイクフライデーユーザーや、同様のクイックレバーをお使いの人の参考になればと思います。

広告

BIKE FRIDAYのフレームのクイックレバー

まずは簡単に「おさらい」です。

BIKE FRIDAYの自転車はどれもフレームを「折りたたみ」または「分割」できる仕組みを持っています。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)の折りたたみ部分のクイックレバーの写真
ステムコラムのクイックレバー

そんな折りたたみ・分割部分をかんたんに固定/解除するために使われているのが、このクイックレバー。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)の折りたたみ部分のクイックレバーの写真
リア三角のクイックレバー

BIKE FRIDAYの主要車種では共通のクイックレバーが使われています。(一部の車種は異なるパーツも使用)

クイックレバー単体の写真

クイックレバーの固定テンションを調節する時に回す「レバーの反対側のナット」には、指で回しやすいように滑り止めとして「Oリング」がはめ込まれています。

このクイックレバーは自転車パーツブランドKalloy(カロイ)の汎用製品で、BIKE FRIDAY以外にも同形状のクイックレバーを使用している自転車を見たことがあります。

Oリングが経年劣化でヒビ割れ

ある日、このクイックレバーに装着されている「Oリング」が、経年劣化でヒビ割れてきていることに気付きました。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のクイックレバーのOリングがひび割れている様子

初めは薄っすらとしたヒビでしたが、その後さらに劣化・硬化が進んで、バッキバキに割れてきました。

傷んだゴムのヒビ割れが直ることはないので、時間の経過とともにひどくなる一方です。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のクイックレバーのOリングがひび割れている様子

小さな部分ではありますが、ずっとこの状態では見た目が良くないですよね。

傷みが進めば、そのうちに千切れて無くなってしまうかもしれません。(道にゴミを落とすのは良くない)

ということで、「Oリング」を新しいものに交換することにしました。

この「Oリング」は、自転車の性能や安全性には影響しないので、傷んだままでも問題はなく、不要なら取り除いてしまっても良いものです。
しかし、自分の自転車を大切に思い、良い状態に維持管理したいと思っている人にとっては、このような「傷んだ消耗品」を交換することもまた一興ですね。

適合するOリングを見つけるのに苦労した

傷んだ「Oリング」を取り外して、寸法を計測。

Oリングの寸法を計測する様子

線径・内径・外径を計測しますが、傷んでボロボロになった「Oリング」は、断面形状にやや変形も起きていて、正確な規格寸法は不明。

近いサイズの「Oリング」をホームセンターやネットショップで探しましたが、なかなか見つかりませんでした。

そして、ようやく見つけたのが下記の製品です。

クイックレバーに適合するOリングの写真

こちらの「Oリング」は、クイックレバーにもともと付いていたものとほぼ同じサイズで、ぴったり装着できました。

この「Oリング」を見つけるまでに、他にもいくつかの近似サイズのものを購入して試しましたが、かなり近いサイズでなければ、ぴったりとは合いませんね。

Oリングを交換して新品同様になった

経年劣化でヒビ割れていた、クイックレバーの「Oリング」。

新しいものに交換したことで、この通りプリッとした見た目にリフレッシュできました。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のクイックレバーのOリングを新品に交換した様子

傷んだ「Oリング」を新しくしたことで、自転車が部分的に若返ったというか、クイックレバーの辺りだけ見れば新車のようにも見えます。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のクイックレバーのOリングを新品に交換した様子

自転車、とりわけ小径車は、こういう細かいところにも美しさを感じていたい乗り物です。

乗り続ける中でキズを付けてしまうこともあるけれど…、なるべくいつまでも綺麗な状態を保てるといいですね~。

まとめ

以上、BIKE FRIDAYのクイックレバーの「Oリング」が劣化したので交換した、というお話をお届けしました。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)のクイックレバーのOリングを新品に交換した様子

目に見える傷みを放置すると、自転車が古ぼけて見える原因になるので、今回リフレッシュできて良かったなと思います。

これと同様に、先日は折りたたみ自転車BROMPTONの「傷んだステッカー」を交換しました。

BROMPTON(ブロンプトン)のフレームステッカー部分の写真

自転車の美しさが少しでも長く保てると嬉しいですよね。

長く乗っている愛車のプチリフレッシュ、おすすめです。

以上、地味な内容でしたが、何かの参考になれば幸いです。

自転車のお手入れ関連の記事

▼「ホコリ・汚れ」の落とし方から、綺麗を保つ「コーティング」まで、日頃のお手入れ方法について紹介しています。

広告

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。