ミニベロで行く夏の淡路島|サイクリング&ブルーベリー狩りの旅をリポート

00title

先日、『ミニベロで行く夏の淡路島|サイクリング&ブルーベリー狩りの旅』と題して、

当サイトで「淡路島での走行会イベント」を企画、一緒に楽しんでくれる人を募集しました。

少人数で楽しむプライベートイベントですが、1台でも仲間が増えると楽しいですよね。

◎サイクリング参加者募集の記事はこちら

走行会は予定通りに開催でき、当日は5台のミニベロで、淡路島でのサイクリング&ブルーベリー狩りを楽しんできましたよ。

ということで今回は、この走行会のリポートをお届けします

淡路島でのサイクリングをイメージ・計画する参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

淡路島の「州浜橋」に集合

朝8時、淡路島の洲本港にあるつり橋「州浜橋」へ。

A01

ミニベロユーザーが5人この場所で集合しましたよ。

みなさん初対面ということで、ここで軽く自己紹介などをしましたね。

A02

みんな「ミニベロ好き」「ミニベロに乗っている」という共通点があるから、自然に会話が弾むんですよね。趣味というのは良いものです。

5台のミニベロをならべて写真を撮る

ここで5台のミニベロを並べて写真撮影タイム

A03

車種が違えば、カタチや雰囲気がみんなそれぞれ違います

A04

いろんなミニベロをずらっと並べると面白いですね~。

参加した車種リスト

ちなみに、今回集まったミニベロの車種は以下の通り。(手前から順に)

  • BROMPTON S2L
  • マンハッタンバイク M451TS
  • BIKE FRIDAY ニューワールドツーリスト
  • BIKE FRIDAY Tikit
  • 凪SPEED NS451
A05

 

サイクリングをスタート

洲本の「州浜橋」からスタートして、南あわじ市のブルーベリー農園を目指して走ります。

川沿いの道をゆく

川沿いの道は気持ちいい。

B01

田園風景をゆく

夏は田園風景の緑がきれいです。

B02

小さな丘を1つこえる

コースの途中にはちょっとしたアップダウンがあると飽きずに走れるもの。

B03

ちなみに、淡路島の道路脇には「玉ねぎ小屋」が点在(写真中央)

 

公園で休憩&写真タイム

「ほたるの里公園」に寄り道

コースの途中、道路沿いにある公園『長田川ほたるの里公園』に立ち寄ってみましたよ。

ブルーベリー農園までの道のりの約半分の場所にあります。

C01

この公園は眺めが良く、トイレや水道もある。いいところですね。

マイカーでも自転車でも行けるので、覚えておくと便利な場所です。

地図|場所はここ

写真を撮って遊ぶ

ここでまた、ミニベロを並べて写真撮影タイム

この公園は「背景がグリーン」で「足元がタイル」なので、自転車を並べて写真を撮るのと、そこそこ写真映えしますね。

C02

自転車で走行中に見た景色は、なかなか写真に残せないもの。

だからせめて、こうして立ち止まった時に写真を撮っておくことで、想い出がカラフルになります。

C03

仲間と一緒に走った日は、これが「記念写真」にもなりますね。

いろんなミニベロに興味津々

写真を撮って、談笑して、みんなお互いのミニベロに興味津々

C04

他人の自転車がこんなに興味深く見えるのもミニベロならでは。1台1台がみんな違うんですよね。

こうやって何人かで集まってサイクリングをすると、いろんなミニベロを実際に見て触れる良い機会になりますよ。

農道をゆく

公園で休憩したあとは、ふたたび自転車で走ります。

ブルーベリー農園はもうすぐ

D01

 

ブルーベリー農園に到着

サイクリングの目的地、『そらふぁブルーベリーガーデン』に到着です。

E01

南あわじ市の田園風景の中にある、超いいかんじのブルーベリー農園ですよ。

E02a

このブルーベリー農園、超おすすめなんですが、2016年の今夏かぎりで閉園してしまうので、行くなら今シーズンが最後のチャンスなんです。

「そらふぁブルーベリーガーデン」について詳しくは、下記のページ(私のパーソナルブログ)でご紹介しています。こちらもぜひ参考に。

◎参考:美味しいブルーベリーが食べ放題、淡路島の「そらふぁブルーベリーガーデン」

 

みんなでブルーベリー狩りを楽しむ

いよいよ、この日のメインイベントである「ブルーベリー狩り」のはじまりです。

E03
自転車を置いて「ブルーベリー狩り」の料金を支払ったら、いざ畑の中へ。

ブルーベリー狩り初体験の人には、園主さんがブルーベリー狩りを楽しむコツを教えてくれますよ。

E04

ブルーベリーの木がずらり、どれでも好きなだけ食べ放題

ブルーベリー畑はけっこう広くて、たくさんの木が並んでいますよ。どれでも好きな木の好きな実をとって食べていいんです。

E05

大きな実がいっぱい

ブルーベリー狩りにもタイミングがあって、この日はちょうど大きな実がたくさんなっている実りの最盛期

E05e

でっかい実が超たくさんなっていましたよ。これ好きなだけ食べ放題。

E07

好きなだけ摘んで、食べる

畑でブルーベリーの実を摘んで、そのままパクッと食べる。これがいいんですよね。

E05f
1粒でも美味しいですが、2、3粒を一度に口に入れると風味が広がってもっと美味しいですよ。

ブルーベリーの美味しさに、みんな夢中

ブルーベリー狩りは楽しいですよ。大人も思わず夢中になります。

畑のなかを歩き回って、どんどん食べて、そしたらみんな自然と笑顔になるんですよね。

E06b

「甘い!」「これは美味しい!」という声が、あっちこっちから聞こえてきました。

そらふぁのブルーベリーは超美味しいんです。

持ち帰るぶんもたっぷり収穫

美味しいブルーベリーの実を家族や友人にも食べさせてあげたいですね。

「お土産に持ち帰る用」を収穫することもできますよ。

E08

 

絶品!「ブルーベリーのかき氷」を食べる

ひとしきりブルーベリー狩りを楽しんだら、テントの下で飲み物やスイーツをいただきましょう。

F01

外は暑くても、このテントの下の日陰は涼しいんですよね。

F02

ブルーベリーのかき氷が超おいしい

「そらふぁブルーベリーガーデン」のかき氷、これかなり美味しいですよ。

赤紫色のソースは、この農園でとれたブルーベリーで作った特製のもの。

ただの色水じゃなくて、超ブルーベリーの味がするんですよね。

F03

チャンスがあったら、あなたもこのかき氷を食べてみてほしいな。

 

お土産も持って、ブルーベリー狩りに大満足

持ち帰るぶんをパックに詰める

最後に、摘んできたブルーベリーの実をパックに詰めましょう。

こんなかんじで、私はかなりの量を摘んできましたよ。家族がよろこびます。

F05

ブルーベリー狩りに、みんな大満足

というかんじで、みんなでブルーベリー農園で過ごす時間を満喫しました。

F04

みなさんブルーベリーの実をたくさん食べて、持ち帰る分も摘み取って、大満足でしたね

 

サイクリングのフィナーレは青い海

ブルーベリー農園をあとにした私たちは、ふたたび来た道を戻って洲本まで走行。

そして、最後は【炬口海水浴場】で青い海を眺めました。夏ですね~。

G01

ここで最後に5台のミニベロを並べて記念写真を撮って、サイクリングは無事終了となりました。

淡路島の夏をサクッと満喫できる、良いサイクリングでしたね。

 

まとめ

ということで、『ミニベロで行く夏の淡路島|サイクリング&ブルーベリー狩りの旅』。

いかがでしたか?

暑い夏のサイクリングは無理せず距離を短めに、

そのぶんワクワクするグルメや目的地を用意すると、短時間でも楽しく遊べますよ。

H01

「ブルーベリー狩り」のように季節のおいしい果物狩りは、サイクリングの途中のイベントとしてはぴったりですね。

こんな自転車旅の楽しみ方もオススメです。

【感想】初めての「走行会」を終えて

当サイト「MINI VELO 道」で企画・開催する「走行会は今回が初めての試みでした。

事前にコースの下見に行ったり、いろいろ考えて決めたり、準備はそれなりに大変でしたが、とりあえず「やってみよう」と思ったんですよね。

期待と不安があった

みんなで走ればきっと楽しい時間が過ごせるはず」という期待がありました。

募集しても誰も集まらないんじゃないか」という不安もありましたね。

期待通りになった

そして実際には、参加者の募集をかけたらすぐに「参加したい」という人が現れてくれて、今回は5人で一緒に走ることができました。

「ミニベロ」という共通点だけでつながった見知らぬ人同士が、すぐに打ち解けて、列を組んで走り、そして一緒にブルーベリーの実を食べる。

いろいろ刺激的で楽しい、有意義な一日になりましたね。

開催してよかった

当日は天気にも恵まれ、本当にいい一日になりました。

一緒にサイクリングをしたみなさんも、それぞれに楽しまれていたようで何よりです。

今回の走行会、やってみてよかったと思いました。

今後も機会があれば企画・開催してみたい

「こんなサイクリングをまたしたい」と思えたので、今後もみなさんと一緒に楽しめる充実のサイクリングプランを思いついたら、

今回のサイクリング同様に、参加者を募集をして「走行会」を開催するつもりです。

開催は未定&不定期なので、「機会があれば参加したいな」と思っている人はときどきサイト&SNSをチェックしていただければと思います。

 

「そらふぁブルーベリーガーデン」は今夏かぎりで閉園します

今回のサイクリングで訪れた、素敵なブルーベリー農園「そらふぁブルーベリーガーデン」は、前述の通り2016年夏で閉園します。

今回一緒にブルーベリー狩りを楽しんだみなさんからは、「なんで閉園するの?」「え、ほんとうに無くなるの?」「来年も来たいんですが…」といろんな声が聞こえました。

私も大好きなブルーベリー農園なので、本当に残念です。

最後のシーズン、少しでも多くの人が思い出を作れるように

私は最後まで応援したくて、何度も訪れたり、ブログで宣伝したり、こうして人を誘って行ったりしていますよ。

あなたもぜひ行ってみて!

ということで、そらふぁブルーベリーガーデンを「いいね」と思ったあなたは、この夏訪れてみてはいかが?きっと良い思い出になりますよ。

7月中がベストタイミングで、お盆すぎには実が無くなって終了になる見込みです。どうかお早めに!(※火曜日はお休みです)

「ブルーベリーのかき氷」は最後まで食べられると思いますよ。

「そらふぁブルーベリーガーデン」についてもっと詳しく
閉園理由などは下記リンク先の記事に書いたので、興味がある人は参考にしてください。

 美味しいブルーベリーが食べ放題、淡路島の「そらふぁブルーベリーガーデン」(私のパーソナルブログ)

こちらの記事もぜひ参考に

夏の自転車の水分補給&エネルギー補給にオススメのドリンクはこれ|熱中症対策にも

2016.07.21

自転車の日帰りツーリングの持ち物・装備・必要なものまとめ

2015.08.18

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。