MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 自転車パーツ ボトル&ボトルケージ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボトルケージの位置を調整したい

ロードバイクのボトルケージの取り付け位置をズラして調整する様子のイメージ写真

自転車にボトルを装着するためのアイテム「ボトルケージ」。

ボトルケージの取り付け位置は、

自転車のフレームに用意されたネジ穴(ボトルケージ台座)の位置に左右されるので、

お好みの位置に付かない場合や、ボトルを出し入れしにくい場合もあるんですよね。

ボトルの「出し入れしにくい」「フレームに当たる」を解決

そんな「ボトルケージの取り付け位置」を移動調整できるアイテムがありますよ。

ぼくもミニベロやロードバイクに使ってみたところ、これがすごく良かったので、

使い方の例」「取り付け方法」とあわせてご紹介してみます。


スポンサーリンク


シマノのボトルケージアダプター

ボトルケージの位置調整ができるアイテム、

ぼくが使ってみて「これは良いな」と思ったのは 「シマノのボトルケージアダプター」です。

ボトルケージの取り付け位置をズラして調整することができるパーツ、シマノのボトルケージアダプター(SM-BA01)のパッケージと商品・付属品を並べた写真
このアイテム、もともとはシマノのDi2(電動変速機)のバッテリーとボトルケージが干渉する場合に、ボトルケージの位置をズラして逃がすためのオプションパーツなのですが、

Di2搭載車でなくても、単にボトルケージの位置調整のために使用できます。


取り付け位置を32~50mmズラすことができる

これを使えば、ボトルケージの取り付け位置を、元の位置から【最小32mm~最大50mm】の範囲でスライドして調節できるようになりますよ。

ちなみに、このパーツの厚みは9.5mm。使用することでボトルケージとフレームの距離が約1cm離れますが、それによるデメリットというのは特にありません。


軽量で、見た目も悪くない

主要パーツ2点と、付属のボルト4本・スペーサー2個を合わせた重さは25g。軽いですね。
シマノのボトルケージアダプター(SM-BA01)のパッケージと商品・付属品を並べた写真
ダウンチューブに取り付けるなら、スペーサー(1g×2個)は通常不要です。

マットブラックの外観は変に目立つこともなく、野暮ったさもありません。これならどんな自転車にも違和感なく使えそうですね。

◎ちなみに
このシマノのボトルケージアダプター(SM-BA01)、2015年頃販売された製品に不具合があったことから、レビュー情報を見ると悪い評価がたくさんあります。
現在はそのような問題は無いようで、もちろん僕が購入した製品(3つも買った)もすべて問題ありませんでした。安心していいと思いますよ。




使用例1|ミニベロでボトルがあたる問題を解消

ミニベロや折り畳み自転車のフレーム形状はさまざま。

ボトルケージの取り付け位置が変わっている車種や、出し入れがしにくい車種もあります。

Before|短めのボトルしか使えなかった

こちらは、折り畳みミニベロ「バイクフライデー・ニューワールドツーリスト」の例。

IMG_3720s
メインフレームは前後に長く広々しているように見えますが、

ボトル&ボトルケージを装着してみると、前方のスペースが思いのほか狭く、ボトルの出し入れが難しい。ちょうど飲み口のあたりがフレームに当たるんですよね。

IMG_3711s
普通サイズのボトルでも干渉するので、大容量のロングボトルを使うのは無理。このままでは短いボトルしか使えません。

こんな時、「ボトルケージの取り付け位置がもう少し後ろだったらいいな」と思いますね。


After|長いボトルも使えるようになった

シマノのボトルケージアダプターを使って、ボトルケージの取り付け位置を後ろに移動

ボトルケージの取り付け位置をズラして調整する様子のイメージ写真

すると、スムーズに出し入れできるようになり、今まで使えなかったロングサイズのボトルも普通に使えるようになりました。

IMG_3701s
縦に長~い保冷ボトル「ポディウムアイス」を出し入れする時も、前方にじゅうぶんなスペースが残っている。

◎ボトルケージを買い換えることなく、いつものボトルケージのまま使用感を改善できるのが良いですね。




使用例2|ロードバイクで出し入れしにくいを改善

こちらはロードバイクでの例。

Before|スペースが狭くて出し入れしにくかった

こういうスローピングタイプのフレームは、ホリゾンタルフレームと比べると「前三角」の空間が狭く、ボトルの抜き差しに必要なスペースが不足しやすいです。

IMG_3753s
この車体の場合は「斜めに抜き差しできるタイプのボトルケージ」を使うことで、なんとかボトルの出し入れは可能になりましたが、

それでもやはり出し入れするたびにボトルがフレームに当たってしまいます。ボトルの飲み口が汚れたり、フレームに傷が付くのも嫌ですね。

IMG_3756s
スペースに余裕が無くて、特に長めのボトルでは確実にフレームにこすってしまいます。

ボトルの出し入れがしにくいと、走りながらの水分補給が面倒に感じるし、なにより「ボトルを戻すのにもたつく」ことで危険も増します。改善したいですね。


After|スペースが広がって快適になった

ボトルケージアダプターを使って、ボトルケージを下方に移動

IMG_3591s

スペースが広がって、ボトルの出し入れがしやすくなりました。今までギリギリをねじ込むような感じだったので、一気に快適になりましたね。

IMG_3767es
ボトルの出し入れがスムーズにできれば走行中の水分補給がスムーズにできるので、結果的に水分補給時のストレスが減り、走行に集中できます。(安全にもつながる)

たった数cmの違いで、使用感はずいぶん変わるものですね。ボトルケージの取り付け位置をズラして・スペースを広げてみて、よく解りました。




取り付け手順

シマノのボトルケージアダプターの取り付け方法は次のとおり。

1.ボトルケージ台座に仮留めする

本体の「金具」をボトルケージ台座に添えて、「長いほうの穴」にボルトを挿してボトルケージ台座に仮留めします。

IMG_3594s

金具の仮留めが済んだら「カバー」を乗せておきます。

IMG_3598s
ちなみに、この「カバー」はボトルケージと金具に挟まれることで固定されるので、この時点では「ただ乗っているだけ」の状態です。

▼金具には裏表の向きがあります。「丸い穴」の部分がフレームから浮いて、「長い穴」のほうがボトルケージ台座にふれる向きで使います。(=説明書には記載がない)

▼シートチューブに固定する場合で、フロントディレイラー台座と干渉する場合は「付属のスペーサー」を自転車との間に使います。


2.ボトルケージを取り付けて、位置を調節する

「仮留めしたボトルケージアダプター」にボトルケージを取り付けて、どの位置に固定すると使いやすいかチェックします。

IMG_3603s
この時、ボトルケージにボトルを抜き差しして確認&調節するのがベター。

▼ちなみに、ダウンチューブ&シートチューブ両方にボトルケージを装着する場合は、ダウンチューブ側のボトルケージの位置を下方にやり過ぎると、ボトルケージ同士が干渉することがあるので、両方装着時はそれぞれの位置関係を調節する必要がありますよ。


3.位置が決まったら、しっかりと固定する

取り付け位置が決まったら、「1」で仮留めしていたボルトをしっかりと締めて固定します。

IMG_3611s

そして最後に、ボトルケージをきちんと取り付ければ完了です。

IMG_3605s
ちなみに、写真のボトルケージは「ミノウラのデュラケージ」。昔からある定番ですね。

▼ボルトを本締めする際、ボトルケージをいったん外すのが普通ですが、ボトルケージの形状によっては付けたままでも下のボルトが回せることも。

▼締め付けトルクについては説明書に記載があります。また、サビや固着を防ぐため、取り付け時はボルトにグリスを塗っておいたほうが良いでしょう。


というかんじで、取り付けは簡単で、

ボトルケージの位置調整がサクッと完了です。




まとめ

ボトルケージの位置を調整したい時には、

今回ご紹介したような「ボトルケージの位置がズラせるアイテム」が便利ですね。
IMG_3612s1
▼「ボトルの出し入れができない」という状態から「出し入れ可能」になったり、

▼「無理やりねじ込めば出し入れできる」という状態から「スムーズに出し入れできる」というふうに、

ボトル&ボトルケージの使用感を改善できます。

総合的にとても気に入ったので、ぼくは同じものを3つも買ってしまいました。

IMG_3614s
手持ちの各自転車に使っていますよ。

ということで、『ボトルケージの位置を調整したい』と思った時には、

こんなアイテムを使ってみてはいがかでしょう?参考になれば幸いです。


◎今回ご紹介したアイテム

 シマノのボトルケージアダプターはAmazonで購入できます

※先述の通り、2015年頃販売された製品に不具合があったためレビューには悪い評価がたくさんありますが、現在はそのような問題はなく、僕が購入した製品も3つとも良品でしたよ。

参考|こんなアイテムも

トピークのQRケージマウント」を使えば、ボトルケージがワンタッチで着脱できるようになり、取り付け位置を20mmズラすことができますよ。こちらは以前使ってました。


◎サイクルボトルやドリンクの関連記事

 飲みやすい・漏れない・すぐ飲める、オススメのサイクルボトルを紹介

 夏のサイクリングの飲み物はコレ、1本で水分&エネルギー&電解質を補給できるよ

 「魔法びんタイプ」の自転車用保冷ボトルがサーモスから登場

 もっとボトルを取りやすく!ハンドル近くに装着できるドリンクホルダー

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
自転車のフレームやパーツの「角度」を測れるデジタル角度計が地味に便利
次の記事 ≫
自転車Tシャツ|ミニベロロードがプリントされたTシャツを見つけたよ