MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ アイテム・用品 自転車パーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルテキスト「インチアップ対応ブレーキ」と、インチアップに対応できるVブレーキ「リデアCNCロングVブレーキ」の写真。
自転車のホイール径をインチアップする際には「ブレーキ」も交換する必要があります。

インチアップに対応できるVブレーキ、『RIDEA CNC ロング Vブレーキ』をご紹介します。

【20インチ406→451】【18インチ→20インチ406】等のインチアップに対応できますよ。


◎この製品は『ニューワールドツーリストの451化』をする際に私も購入して使用しています。

スポンサーリンク





インチアップにはブレーキ交換が必須

そのままではブレーキが使えない

自転車のホイール径をインチアップするとリムの位置が変わるので、そのままではブレーキが使えません。そのため、新しいホイールサイズに合わせて「ブレーキ」も交換する必要があります。

406用のブレーキが装着されている自転車に451サイズのホイールが装着されていて、ブレーキシューがリムに届いていない状態の写真。
◎写真(上)は、ブレーキシューがリムのブレーキ当たり面に届いていない様子。


「Vブレーキ」「カンチブレーキ」ならインチアップも可能

「インチアップに対応するブレーキ」というものが存在し、これを使うことでインチアップの改造が可能になります。ただし、インチアップ対応ブレーキは特別なパーツなので製品の種類はとても少なく、またその大半が「Vブレーキ」または「カンチブレーキ」です。

したがって、標準で「Vブレーキ」または「カンチブレーキ」が装着されている自転車なら、インチアップの改造ができる可能性が高いと言えます。

また、インチアップに対応する「キャリパーブレーキ」も存在するので、改造計画を立てる際には覚えておくと良いでしょう。


インチアップの可否はフレーム次第

自転車のインチアップという改造はイレギュラーな作業です。そのため、実際にやってみないと判らないことや、自転車によって出来ること・出来ないことがあります。

ホイール径を大きくするためには、前後輪が収まるフロントフォークやチェーンステーに少なくともインチアップ相当の空間が必要です。その上で、ブレーキが対応できるかどうかがポイントです。


【他の方法もあるけど、ブレーキ交換をお勧めします】
インチアップ後のリム位置にブレーキを対応させる方法は「ブレーキ交換」の他に『インチアップアダプター(名称は様々)』を使用するという方法もあります。

『インチアップアダプター』は、「ブレーキ本体とブレーキ台座の間」や「ブレーキ本体とブレーキシューの間」に装着して、ブレーキ本体やブレーキシューの取り付け位置を間接的にズラすことで、インチアップ後のリム位置にブレーキシューが当たるようにするパーツです。単純な構造なので「自作」する人もいるようです。

リーズナブルに済むのがメリットですが、「見た目が悪い」「剛性が低下する」「ブレーキ鳴きを起こしやすい」「構造上、安全性に疑問が残る」などデメリットも多いです。デメリットには無視できない部分があるので、私は『ブレーキ交換』をお勧めします。





RIDEA「CNC ロング Vブレーキ」

台湾の自転車パーツメーカー「RIDEA(リデア)」は、独自性のあるオリジナルパーツを多数開発しているブランドです。その「RIDEA」の【CNC ロング Vブレーキ】という製品を使えば、インチアップ後のリム位置にかんたんに対応できます。

 【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】をAmazonで探してみる

「リデアのCNCロングVブレーキ」のパッケージが2つ並べられ、1つが開封されてブレーキ本体が手前に置かれている写真。

広いシュー可動域でインチアップに対応

ブレーキシュー取り付け部分の可動範囲の広さを示した写真。
【CNC ロング Vブレーキ】はブレーキシューの取り付け部分が長く作られているので、従来のブレーキよりもシューの可動域が広く、1つのブレーキで複数のホイール径に対応することができます。

例えば、ブレーキシューを下のほうに付ければ「20インチ406」に対応、上のほうに付ければ「20インチ451」に対応、という様に使うことができます。


ベアリングによる滑らかな動き

【CNC ロング Vブレーキ】はブレーキアームの回転軸の部分にベアリングを使用しているため、動きが大変滑らかでカッチリとしています。ベアリングなしのブレーキと比べるとずいぶん違います。

ブレーキレバーの力加減にリニアに反応するので操作感が良く、ブレーキアーム自体が適度にしなるのでガツンとした乱暴な効き方をしないのが好印象です。


ドロップハンドルでも引ける

Vブレーキとドロップハンドルの組み合わせは「レバー比」が合わないため相性が悪いです。そのため、ドロップハンドルには「ミニVブレーキ」を使用してレバー比を合わせるのが一般的です。

一方、【CNC ロング Vブレーキ】はミニVブレーキではありませんが、インチアップして使用する場合はドロップハンドル用のブレーキレバーで問題なく引くことができます。

その理由は、ブレーキシューの位置が上に移動すると、ワイヤーを引く量が同じでもシューの動作幅が大きくなるからです。結果的にレバー比が合うということですね。

【ドロップハンドルで使うなら、基本はインチアップ専用】
インチアップしない場合(=ブレーキシューを下のほうに付けて使用する場合)も、ドロップハンドル用のブレーキで引くことはできますが、引きシロが大きくなり操作性が最適ではありません。クリアランス調整もシビアに行なう必要があります。ドロップハンドルと組み合わせる場合は、基本的にインチアップ用と考えたほうが良いでしょう。





実際の装着例

以下は【CNC ロング Vブレーキ】を私のニューワールドツーリストに装着した状態の写真です。この製品はいくつかのカラーバリエーションがあり、私は「チタン色」を購入しました。

フロント

バイクフライデーのニューワールドツーリストのフロントブレーキが「リデアCNCロングVブレーキ」に交換された状態の写真。

リア

バイクフライデーのニューワールドツーリストのリアブレーキが「リデアCNCロングVブレーキ」に交換された状態の写真。

【交換作業は比較的かんたん】
ブレーキの交換作業は簡単で、標準で「Vブレーキ」または「カンチブレーキ」が装着されている自転車に取り付けることができます。ブレーキ本体を交換した後に行なう「ワイヤーを張る作業」や「ブレーキの調整作業」は初心者には難しいかもしれません。苦手な人は、自転車屋さんでやってもらうと良いでしょう。





入手方法

購入ルートによって価格が大違い

「RIDEA」の製品は国内に流通していますが、購入ルートによって価格に大きな違いがあります。無視できない程の価格差なので、購入を考えている人は是非知っておいてほしいポイントです

 【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】をAmazonで探してみる


ギアステーション(海外通販)なら普通の値段

ギアステーション』は台湾にある自転車屋さんで、「RIDEA」製品など同じ台湾で製造されている自転車パーツを通販で日本向けに販売しています。

 「ギアステーション」の【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】掲載ページ

ギアステーションの販売価格はどこよりも安く、さすが「産地直売」というかんじです。台湾からの送料を含めても、国内代理店経由で購入するよりも安く買うことができます。商品は同じなので、品質に問題はなく、安さに「裏」はありません。

また、国内の自転車店やパーツのネットショップの中には、ギアステーションから仕入れて、比較的安い価格で販売しているお店もありますよ。

◎参考リンク:「ギアステーション」のパーツ価格比較例のページ


国内代理店を通すと「約1.5~2倍」の値段

日本には「RIDEA」の製品を輸入している正規輸入業者があります。この輸入業者を通して販売されると、同じ製品でも価格が1.5倍~2倍程度に跳ね上がります。

私が実際に確認した例では、本来¥7,500で買えるものが¥14,000で販売されていました。

輸入業者も商売ですから、一定の利益を上乗せするのは当然ですが、元の商品価格を知っていると「ぼったくり」と言われても仕方ない程の価格設定をしています。

町の自転車屋さんなどRIDEA製品の取扱店で取り寄せを依頼すると、大抵の場合この価格で買うことになります。


私はギアステーションで買いました

私は安く買いたかったので、ギアステーションで買いました。海外通販に抵抗がある人もいると思いますが、『ギアステーション』は怪しいお店ではありません。以下のような特長があります。
  • 通販業者ではなく、実店舗を営む自転車屋さん
  • 運営者は台湾在住の日本人
  • 代金の支払い先口座は日本の銀行口座(ジャパンネット銀行)
  • クレジットカード支払いも可能
  • 価格が安い
  • 送料が安い
  • 国内通販並みに早く届く
  • 返品・交換なども対応している

私はこれまで色々な海外通販を利用してきましたが、「ギアステーション」を利用してみて、今までで一番安心できるお店だと思いました。普通に日本語でやり取りできるのが良いですね。

ウェブサイトのクオリティが低いのが気になりますが、日本の個人経営の自転車屋さんのホームページも大体あんなものなので「ご愛嬌」といったところでしょう。

国内で輸入業者を通じて買うのも1つの方法ですが、あまりに高価なのは考えものなので、様々な購入ルートの価格をよく見比べて納得できるところで買うのが良いと思います。 

 【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】をAmazonで探してみる
 「ギアステーション」の【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】掲載ページ




その他

前後「2セット」必要です

「リデアのCNCロングVブレーキ」のパッケージが2セット並べられた写真。
【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】は、1パッケージに1セット入りで販売されています。自転車1台では前後2セット必要なので、購入する際は注意しましょう。

ブレーキシューも忘れずに

【CNC ロング Vブレーキ】にはブレーキシューが付属しません。市販のVブレーキ用のシューが装着できるので、好みのものを別途購入しましょう。また、ミニベロで使用する場合は、長さが短いブレーキシューを選ぶと最適です。

少し価格が安い「鋳造」モデルもあります

RIDEA製の「インチアップ対応ブレーキ」には、【CNC ロング Vブレーキ】の他にもう1つ【鋳造 ロング Vブレーキ】という製品もあります。

デザインと製法に違いがあり、「鋳造」モデルのほうが価格が安いです。「鋳造」モデルは、ベアリングを搭載しない、見た目が安っぽいなど、「CNC」モデルとはずいぶん違うので、価格と照らし合わせて好みのほうを買うと良いでしょう。

 「ギアステーション」の【CNCロングVブレーキ】および【鋳造ロングVブレーキ】掲載ページ




少し気になったこと

RIDEAの【CNC ロング Vブレーキ】は大変良く出来た製品ですが、気になったことや問題点もあったので、それについて書いておきます。

ワイヤー末端を留めるピンがない

「Vブレーキ」は構造上ワイヤーが横向きに飛び出すので、末端が邪魔にならないようにブレーキアーム裏側などにワイヤーを留めておくピンがあるのが普通ですが、【CNC ロング Vブレーキ】にはそれがありません。

そのため、「①ワイヤー末端を極端に短くカットする」または「②ワイヤー末端を長めにカットして、どこかに引っ掛けておく」といった工夫が必要です。私は後者の方法で対応しています。


スプリングテンションのバラつき

【CNC ロング Vブレーキ】はブレーキ本体内部にスプリングが仕込まれています。

スプリングによって常にブレーキアームを開く方向に力が働きますが、このスプリングのテンションに若干のバラつきがありました。

スプリングというものは多少のバラつきがあるものです。しかし、ブレーキの動きが大変滑らかなためスプリングテンションのバラつきが浮き彫りになり、少し気になってしまいました。


調整がやや難しい

「Vブレーキ」は左右のバランス調整がやや難しいタイプのブレーキです。

そして【CNC ロング Vブレーキ】は左右のバランス調整用のボルトを回した時の反応が他のVブレーキよりも大きく、調整がややシビアです。1/12回転ずつ位の緻密な調整が必要でした。

おまけに、スプリングテンションのバラつきがあったため、左右のバランスを揃えるのにずいぶんと時間が掛かりました。頻繁に調整が狂うと面倒なので「ネジ止め液」は必須ですね。

 Vブレーキの調整ボルトにぴったりの「ネジ止め液」はこちらから購入できます。(Amazon)


加工精度が高すぎる?固定時の「たわみ」で動かなくなった

【CNC ロング Vブレーキ】はCNC(コンピュータ数値制御)による精度の高い加工によって造られていますが、加工精度が高過ぎて予想外の問題が起きました。

私が取り付け作業をしていた時、ブレーキ本体を固定するボルトを締めてゆくと、前後4本のブレーキアームのうち1本が動かなくなりました。ボルトを少し緩めればスムーズに動くのですが、しっかりと締めると動かなくなるのでした。

原因は「金属のたわみ」と「たわみによる接触」です。

金属は力が加わると変形するものです。特に偏った応力は歪み・たわみの原因になります。

ブレーキ本体を構成するパーツは正確に削り出されていて、パーツ同士がほぼゼロクリアランスで組み付けられているので、カッチリとした動作を実現している一方で、万が一どこかに「たわみ」が発生すると互いに接触してしまうのです。


・この問題の発生メカニズムと解決方法は以下の通りです。
問題発生のメカニズムと解決方法の説明文に対応したイラスト。ブレーキ取り付け部の断面図が描かれている。
  1. ブレーキ本体を固定するボルトが、ブレーキ本体の回転軸を自転車のフレーム側の台座に押し付けて固定しますが、台座の形状が左右非対称なので、片側だけが台座と密着します。
  2. 片側だけに力が集中するため、台座に押し返されるようにして「たわんだ」ブレーキのパーツが隣のパーツに接触します。すると、本来可動する部分が動かなくなります。
  3. この問題を解消するためには、ブレーキ本体と台座の接触面に偏りが無いようにします。私は薄いワッシャーを1枚挿入することで解決できました。

なお、今回この問題が起きたのは1箇所だけでした。

この問題はおそらく「個体差」や「自転車との相性」によるものなので、この製品を買うと必ず起きるということではありません。もしも私と同じ様な問題に直面した場合は、参考にしてもらえたらと思います。

この問題のそもそもの原因は「ブレーキ本体を構成するパーツ同士の隙間が小さすぎること」で、ブレーキ本体と台座の相性によって引き起こされるものだと思います。特に、フレーム側の台座部分の形状や硬さの違いによって、この問題は出たり・出なかったりするでしょう。

今回たまたま私が体験することになりましたが、再現性が比較的高い問題だと思うので、メーカーである「RIDEA」には今後改善してもらいたいと思います。


 
以上、「451化」等のインチアップに対応するVブレーキ【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】について、私が今書けることを全て書いてみました。

この製品の購入やインチアップを検討している人の参考になればいいなと思います。


 【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】をAmazonで探してみる

 「ギアステーション」の【RIDEA CNC ロング Vブレーキ】掲載ページ

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加


フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
406から451にインチアップしてみた、その効果は?メリット&デメリットを解説|451化
次の記事 ≫
自転車の高速化|スピードアップにつながるタイヤの選び方