MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ アイテム・用品 バッグ・収納

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのフロントバッグを紹介します

タイトルテキスト「ミニベロロードにオススメのフロントバッグ」と、フロントバッグ「シースリーショルダーS」が折りたたみ自転車のドロップハンドルに装着されている写真。
かなりイケてるフロントバッグを見つけたので、早速買って装着して、それから毎日使ってます。

ツーリングポタリングの時に出し入れすることが多い「カメラ」や「補給食」などを入れるつもりで買ったのですが、かなり便利で使い易いので、もう普段から着けっぱなしで良さそうです。

ひさびさに恋するくらい(!?)に気に入ったので、今回はこのフロントバッグを紹介します。


概要|こんなフロントバッグです

◎ハンドル下のスペースが広い「ミニベロ」や「折りたたみ自転車」に装着できます。

◎ハンドル下~タイヤ上端までが25cm以上あれば装着できます。

ドロップハンドルにもフラットバーにも装着できます。

◎アタッチメント不要で簡単に着脱できます。

◎自転車から外すとショルダーバッグになります

◎カラーは他に「」「」「チェック柄」などがあります。(他カラーは記事末尾参照)


◎新着情報
このフロントバッグは全カラーいったん完売&生産終了しましたが、ブラックモデルが特注バージョンで復活しました

 完売~特注ブラックモデルで復活のエピソードはこちら
 特注ブラックモデルの紹介ページはこちら


スポンサーリンク


このバッグの名前は「シースリーショルダーS」

このフロントバッグは、アウトドア&カジュアルスポーツ系バッグのメーカー「クロスター」が展開する自転車用バッグブランド『C3|サイクル・キャンペイナー・コープス』の製品で、

C3 SHOULDER-S-シースリーショルダーS)』というモデルです。

シンプル&スタイリッシュなデザイン

フロントバッグ「シースリーショルダーS」がミニベロロード・折りたたみ自転車に装着されている写真。
このシンプル&スタイリッシュなデザインが、おしゃれ格好良いですよね。

私はミニベロに乗っていても「走り」を重視しているので、見た目や機能性がカジュアルになり過ぎないように意識していますが、これなら好みにピタッと合いました。


ドロップハンドルやミニベロロードによく似合う

フロントバッグ「シースリーショルダーS」がミニベロロード・折りたたみ自転車に装着されている写真。
「シースリーショルダーS」は、ドロップハンドルやミニベロロードにとてもよく似合います。

フロントバッグって、箱みたいなカタチのずんぐりしたものや、着脱アタッチメントを使用する面倒&大げさなものが多くて、なかなか「これだ」と思うデザインの製品が無いんですよね。

特にドロップハンドルやスポーツ自転車で使うとなると、似合うデザインの製品は少なくて、困ったものでした。でもこのバッグなら、見た目もスッキリ、使い易くて言う事なしです。


まるで「純正オプション」みたいな、このハマり様(笑)

フロントバッグ「シースリーショルダーS」がバイクフライデー・ニューワールドツーリストに装着されている写真。
私の自転車、バイクフライデーの『ニューワールドツーリスト』に装着すると、なんかもう純正オプションの専用バッグかと思うくらい、色も雰囲気もぴったりハマりました。

買うとき、どの色・どの柄にしようかさんざん迷ったけど、「青」にして良かったです。


自転車から外すと「ショルダーバッグ」に

フロントバッグ「シースリーショルダーS」が自転車から取り外されて、ショルダーバッグになっている写真。肩に掛ける長いストラップがついている。
「シースリーショルダーS」は名前からも解るように、実はショルダーバッグとしても使えます。

これ、かなり便利です。自転車を降りてお店に入ったり・買い物をする時、フロントバッグをサッと外してそのままショルダーバッグとして身に付けられるんです。

ってことは、フロントバッグが「サブバッグ」じゃなく「メインバッグ」として使えてしまうわけですよ。財布とかスマホとか、貴重品を入れて肌身離さず持ち歩くバッグとして使えますよね。


結構たくさん入るので使い易い

ショルダーバッグ状態の「シースリーショルダーS」がフタを開けて置かれている写真。結構たくさん入ることがわかる。
スリムなシルエットの割に容量は結構あります。メーカーカタログには容量の記載がありませんが、最低1.5リットルくらいは入ります。内側にはファスナー付きのポケットもありますよ。

コンパクトなフロントバッグとしては十分過ぎるほどの容量で、以下の様なものが入ります。(※一度に全部じゃないですよ)
  • 大きめのカメラ(一眼レフ・ネオ一眼など)
  • 500ミリペットボトル飲料
  • パンやおにぎり等食べ物
  • 携帯ポンプ(長さ28cmまで、長いものは斜めに入れる)
  • カメラ三脚「ベルボンキューブ(これも斜めでギリ入る)
  • ウィンドブレーカー
等など、つまりは大体なんでも入ります。だから街乗りにもツーリングにも使い易いんですよね。




自転車への装着方法

ハンドルバーにベルトで固定

自転車への取り付けは、マジックテープが付いたベルトで留めるだけ。着脱するのが超簡単ってことです。ササッと装着&ベリッと剥がせばすぐショルダーバッグです。

フロントバッグ「シースリーショルダーS」が自転車のドロップハンドルに装着されているのを上から見た写真。2ヶ所を丈夫なベルトで固定されているのがわかる。
しかもこのベルト、よく考えられていて「3重構造」になっています。3本のベルトを重ねて巻くことで、走行中にうっかり外れるようなことがまず無いように作られています。

ハンドルにベルトを巻く左右の位置は、ある程度自由に決められるので、ハンドルに他のアクセサリーを着けていても、大体上手く装着できるでしょう。

◎チェックポイント
  • ベルトの間隔は12cm~18cmくらいの範囲で固定できます。写真(上)の様に、左右非対称・やや斜めに留めても大丈夫ですよ。
  • ドロップバーに「補助ブレーキ」を付けている人や、ブレーキレバーやシフトレバーが中央寄りに付いている人は、干渉して装着が難しい場合があるので注意してくださいね。


バッグの裏側はこんなかんじ

フロントバッグ「シースリーショルダーS」を自転車から取り外して、裏側を見た写真。上部にはベルトが、下部にはベルトループが付いている。
バッグの裏側は、こんなかんじです。上部にハンドルバーに固定するベルトが2ヶ所、そして下のほうにはベルトループがあります。(※手前の黒いベルトは付属しません、下記で説明)


ベルトを追加してみた

ベルトループに「クイックリリース付きのナイロンベルト」が装着されているのを拡大した写真。
裏面下部のベルトループに「クリックリリース付きのナイロンベルト」を付けてみました。


下部も留めると安定します

フロントバッグ「シースリーショルダーS」が自転車に装着されていて、裏側はナイロンベルトで自転車のフレームとつながっている。
追加したベルトで、バッグの下部とステムコラム部分をつないでます。こうすることで、下り坂やブレーキ時にバッグが前に行かなくなり安定します。

カメラなど重たいものを入れている時はバッグがブラブラ揺れやすいので、こうして留めておくといいですね。私は市販のベルトを切って使いましたが、犬用のナイロン首輪でも代用できそうです。


ショルダーベルトは中に入れておく

フロントバッグ「シースリーショルダーS」が自転車に装着されていて、ショルダーストラップがバッグの中に仕舞われている写真。
ちなみに、自転車に装着する時は「ショルダーベルト」はバッグの中に入れておくと良いでしょう。

ショルダーベルトがぶらぶら出ていると邪魔だし、走行中に回転するホイールに巻き込んだりしたら大変なので、「短くしてから、バッグの中へ」を徹底しています。




とにかく使い易い、理想的なフロントバッグ

かゆい所に、手が届いてます

フロントバッグ「シースリーショルダーS」がミニベロロードのドロップハンドルに装着されている写真。バッグがハンドルより上に飛び出していないので、自転車用ライトやサイクルコンピューターなどのアクセサリーの装着・使用に影響がないことがわかる。

ハンドルより上に飛び出さない形状が◎

「シースリーショルダーS」は装着してもライトやサイコンなどがそのまま使えるのが良いですね。着脱アタッチメントを使うものや、上に飛び出すものだとハンドル周りが窮屈ですよね。

生地は軽くて丈夫で撥水

素材・生地はフラップ部分やベルトなどはポリエステルで、バッグ本体は丈夫なリップストップナイロンです。重さ約140gと超軽量。水が掛かっても撥水するので、多少の雨なら大丈夫そうです。

(※ただし、同じシースリーショルダーSでもコットン生地モデルは雨は苦手だと思います)


パンパンに詰め込んだら、こんなかんじ

バイクフライデー・ニューワールドツーリストにフロントバッグ「シースリーショルダーS」が装着されている様子を横から見た写真。バッグは荷物が入れられて膨らんでいる。
「シースリーショルダーS」は軽くて柔らかい素材で出来ているので、中身が入っていない時はペッタンコです。そして、中身をパンパンに入れるとこんなかんじ。

中身が入れられた状態のフロントバッグ「シースリーショルダーS」を下から見た写真。バッグ下部のマチが平らに広がって、バッグが使い易い立体的な形状になっているのがわかる。
底部のマチが幅広なので、中身をたくさん入れた時はしっかり広がって、中身の整理や出し入れがし易い形状になります。

ちなみに、私の自転車はステムが長いのでフロントバッグが前方に飛び出していますが、ステムが普通の長さ(6~10cm程度)なら、バッグがフレーム側にもっとピタッとフィットしますよ。


普段の持ち物が、大体ぜんぶ入ります

フロントバッグ「シースリーショルダーS」が自転車から取り外されて、中身を取り出して並べている写真。色々なものが収納されていたことがわかる。
私の場合、普段出かける時の持ち物が、大体ぜんぶ入ります。

写真にあるのは「財布」「小物ポーチ」「ICカード&コインケース」「スマートフォン」。この他に「ファーストエイドキット」や「カメラ」「携帯工具」などを含めても、全部一度に入ります。

いつもはもっと大きなバッグを背負っていましたが、荷物が少ないときはこのバッグだけで出掛けられるようになりました。

また、「他のバッグ+フロントバッグ」という使い方も便利で、よく使うものをフロントバッグに移し変えておけば、出し入れが楽で快適ですよ。


使い易くて、超気に入りました

フロントバッグ「シースリーショルダーS」がバイクフライデー・ニューワールドツーリストに装着されている写真。
ということで、この「フロントバッグ」がとても気に入ったので、最近は着けっぱなしで便利に使ってます。

最初にお話したとおり、私はこのバッグを「要る時だけ着けるつもり」で買ったのですが、想像以上に使い易くて、見た目も好みだったので、今ではメインのバッグになってます。

そしてやはり「ショルダーバッグ」として使えることは、とても便利なポイントでした。

そんなサイクル・キャンペイナー・コープスの『シースリーショルダーS』、かなりオススメです。


 「シースリーショルダーS」はAmazonで購入できます。(在庫があれば表示されます)


ほしい人はお早めに!メーカーが生産終了で在庫限りらしいですよ

(この部分は2015/10/07に追記)

【お知らせ】

<2016/05/22追記>
この商品はいったん全カラー完売しましたが、「黒色モデル数量限定で復活する予定です。

詳細はまたこの記事およびブログでお知らせしていくので、ほしい人は時々チェックしてみてくださいね。

<2016/08/05追記>
2016年8月~9月頃に販売再開の見込みです。

<2016/08/22追記>
新しい「シースリーショルダーS」の発売日が決定しました。

2016年8月28日にAmazonで販売開始です。

<2016/08/28追記>
新しい「シースリーショルダーS」がついに発売です。

復活にともない一部デザイン・仕様の変更等もあるので、

ぜひ新しい紹介ページもご覧ください。

 復活した新しい「シースリーショルダーS」の紹介ページはこちら

 「シースリーショルダーS」の完売~復活までのストーリーをご紹介

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
自転車のロングライド・ツーリング|完走できる計画の立て方
次の記事 ≫
自転車で速くなりたければミニベロに乗れ|割とマジな話