MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 知識・入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルテキスト「ミニベロのメリット、ミニベロいいね」とサムズアップのイラスト

ミニベロや折り畳み自転車には、たくさんのデメリットがあります。

前回の記事では『ミニベロ・折り畳み自転車のデメリット』をまとめて紹介しました。

それでも魅力的に見えるのは、ミニベロや折り畳み自転車にしかない魅力メリットがあるからだと思います。

今回はそんな「ミニベロ・折り畳み小径車ならではの魅力&メリット」についてまとめてみました。

デメリットが小さなことに思えるくらいミニベロに魅力を感じるなら、きっとあなたにはミニベロが合っています。迷わずミニベロを買って大丈夫だと思いますよ。

ミニベロ・折り畳み自転車を買おうと考えている人の背中を私が押してみましょう。

スポンサーリンク



ミニベロ・折り畳み小径車の魅力&メリット

見た目がすごく可愛いです、格好付けてもつきません(笑)

ミニベロや折り畳み自転車には色々なモデルがありますが、とにかくどれも可愛いです。

「ミニベロに乗りたい」「小径車がほしい」という人の多くは、その理由にまず「見た目の可愛さ」を挙げますよね。いいと思います。

10
自転車にあまり興味がなかった人が突然「これほしい!」「乗りたい!」と思えるビジュアルの魅力ってすごいと思います。

自転車ライフの「入り口」が広がった感じがしますね。

「タイヤが小さい」ただそれだけで、どうして可愛く見えるんでしょう?走りを重視したロード系ミニベロであっても、やっぱりカワイイ系にしか見えませんね。

16a

ともかく、見た目が気に入ったならその自転車を好きになれる可能性が高いです。

タイヤが小さなミニベロの姿が好きでたまらないなら、もうミニベロに乗るしかないですね。

何でもそうですが、「自分が好きなもの、気に入ったものを買ったほうがいい」です。

ミニベロにはデメリットがたくさんありますが、本当に好きならデメリットを受け入れられるはずです。(※真実の愛が試されます)


服を選ぶように自分好みのデザインを選べますよ

ミニベロって本当に色々なデザインのものがあります。どれも1台1台に個性がありますよね。

01
だから「選ぶ楽しさ」があると思います。自転車としての「性能」を度外視して、デザイン本位で選ぶのも全然アリだと思いますよ。

普段のファッションに合わせて選ぶとか、とにかく奇抜なカラーリングにしてみるとか、自分の好みやスタイルに合わせて、デザインは選び放題。

本当に自分好みの、自分に似合う自転車に出会えたら、愛着もひとしおです。人と少し違うオリジナリティがほしい人には良いですね。

◎ロードバイクなどスポーツ自転車は、大体みんな似たようなデザインですよね。一方、ミニベロはそれぞれが個性を持っているので「自分らしさ」が出せるんです。


機能性が高い自転車が多いですよ

ミニベロのデザインって、単に見た目だけじゃなく「機能」を併せ持っている場合もあります。

折り畳める」とか「荷物が積める」など、デザインに含まれる機能性にまで目を向ければ、選択の幅がすごく広いことが解ると思います。

11-0905-11
via:E.B.S Factory Blog

00

まずは、世の中にはどんなデザイン・機能のミニベロがあるのか、 ミニベロ雑誌 などでチェックしてみると面白いですよ。「どんなのを買おう?」ってワクワクするはずです。

◎参考記事ミニベロ・折りたたみ自転車を選ぶ時にオススメの本を紹介します


スポーツ自転車と違って、ゆっくり走るのが楽しいですよ

ミニベロはポタリングやスローサイクリングにぴったりな自転車です。

ロードバイクなどスポーツ自転車に乗ったことがある人なら解ると思うんですが、ガチのスポーツ自転車ってゆっくり走るのが苦手なんですよね。なんか変なしんどさがあります。

一方、ミニベロなら人が歩くような速さで走るのも得意だし、本当にのんびりぶらぶら走るのが気持ち良いんです。


「自転車でスピードを出すのが気持ち良い」っていうのは誰でも知っている感覚だと思いますが、「ゆっくり走るのが気持ち良い」という感覚はミニベロじゃないと体験できないかもしれません。

ぜひ体験してみてください、超ゆっくり走る心地良さを。自転車で「おさんぽ」できます。

そして、ゆっくり走れば小径車特有のデメリットを感じにくいんですよね。だから「あ、これはゆっくり走る用の自転車なんだな」って解ります。


加速が楽、ストップ&ゴーがしんどくないですよ

街乗りとかポタリングって、何度も停まったり・また走り出したりの連続ですよね。ホイール径が大きい自転車ではこれがかったるくてしんどいです。

でもミニベロなら、そんなストップ&ゴーが苦になりません。よく言われる「漕ぎ出しが軽い」っていうのは本当で、初速だけならロードバイクよりも速かったりします。つまり楽ってこと。

「信号待ち」や「一時停止」が多い街中や住宅地を走っていると、ミニベロはとても快適な自転車だな~と実感できますよ。


たくさん距離を走らなくても自転車を楽しめますよ

超ゆっくり走ったり、頻繁に停まったり、自転車を降りて写真を撮ったり、買い食いしたり、そういうことしまくっても全然しんどくないし疲れないので、なんか楽しいですよ。自転車でぶらぶらして遊ぶ時間が充実します。

「自転車で遊ぶ」とか「サイクリング」っていうと、とにかく長い距離を走るものなんだって思ってしまいがちですが、ミニベロなら短い距離でも楽しめます。

ミニベロに乗っていると、目に映る景色や立ち寄った場所などの思い出・記憶がすごく濃密で、自転車に乗って過ごす時間の「密度」が高いかんじがしますね。


荷物がたくさん運べるので、自転車の使い道が広がりますよ

ミニベロって結構たくさんの荷物を運べるんですよ。タイヤが小さいから、タイヤ上のスペースが広いんです。

だから前後に大きなバッグを装着したり、キャリアに荷物を満載しても走れるんです。荷物の位置が低くて・重心が低いのがポイントですね。

bt00
via:The Brompton Traveler

車体に荷物を装着すれば、荷物を背負わずに済むので、肩が凝ったり背中が蒸れることがなくて快適です。

簡単に着脱できるリクセン&カウルのフロントバスケットなどは、とても便利なので使っている人が多いですね。 ワンちゃんを乗せて走りたい人には 「犬用バスケット」もありますよ。
dog
via:PR INTERNATIONAL - RIXEN & KAUL フロントバスケットシリーズ

ブロンプトンなど一部のミニベロには専用の大型バッグも用意されていて、無改造ですぐに使えます。


フロントだけでなくサドル下のスペースも広いので、ミニベロでないと装着が難しい 縦長の大容量サドルバッグなんかも使えます。
bag24900_02
via:TOPEAK - MondoPack XL

また、ミニベロ・折り畳み小径車にはキャリア付きのモデルが少なくありません。

キャリア付きのモデルや、キャリアを後付けできるモデルなら、 便利なサイドバッグを装着したり、キャリアに荷物を載せることができます。


私はよくパン屋さんに行くのですが、大きなバッグには食パンもストンと入るので良いですよ。

以前お店でスニーカーを買った時は、箱のままサイドバッグに入れて帰りました。かさ張る荷物も入っちゃうんです。

自転車で出かけた先で買い物をすると、「これどうやって持って帰るの?」ってなることありますが、荷物が運べるミニベロなら全然心配ないですね。

また、キャリアはあると便利です。キャリア無しではできないことが、出来るようになります。例えば釣り道具を積んで魚釣りとかできます。


◎参考記事:ミニベロ・折り畳み自転車ならではの魚釣りの楽しみ方

その他、アウトドア用の小型クッカーマグカップを持って行けば、 外でコーヒー淹れたりできるんですよね。荷物が色々持てるっていうだけで、もうやりたい放題に遊べます(笑)



そんなわけで、ミニベロは小さい割りに荷物がたくさん運べるので、買い物や遊び、キャンプやツーリング等で活躍するんです。自転車の使い道が広がるって良いですよね。


折り畳み小径車にしかできない楽しみ方がありますよ

自転車が「折りたためる」って素晴らしい。家や会社・お店などに簡単に持ち込めるし、電車やバスに乗ることも容易です。マイカーに積んでいくにも便利ですよ。

収納時に場所を取らないというのはもちろんだし、自転車も「畳めば手荷物」なので、どこにでも自転車を連れて行くことができるんですよね。

例えばですが、私は飲食店で食事をする時も、店内に持ち込みOKなお店を選んでいつも自転車と一緒にランチしてます。


お店や建物に入る時は自転車を折り畳んで持ち込めば、カギも要らないし、盗難の心配もありません。


そして、「輪行」が容易なのが最大の強みです。

自転車の楽しみ方は色々ですが、積極的に輪行できるか・できないかで自転車ライフは大きく変わります。


思い付いた時にすぐ輪行できると本当に便利ですよ。自転車の自由度が最大になります。時間や体力の節約ができるし、臨機応変に動けます。

◎関連記事「輪行」のメリットを感じてみよう、輪行すれば自転車の自由度が最大になるよ

折り畳み小径車なら輪行は本当に簡単で、早いものだと10秒で折り畳めます。輪行袋に収納してプラス20秒。駅に着いて1分以内に電車に乗ることも可能です。


これ、普通の自転車には絶対マネできません。折り畳み小径車だけになせるわざですね。

折り畳み小径車なら輪行が全然面倒臭くないですよ。1日に何度でも輪行できます。「徒歩の延長」として、「交通機関のつなぎ」として、かなり柔軟に使えます。


ミニベロに乗るなら、積極的に「輪行」を活用することをお勧めします。

輪行すれば「走行性能の低さ」や「行動範囲の狭さ」を補うことができるからです。

小径車には「折り畳みでないモデル」の選択肢ももちろんありますが、折り畳み自転車の便利さに魅力を感じるなら、迷わず「折り畳みモデル」を選びたいですね。

折り畳める、場所を取らない、どこにでも持ち込める、輪行が容易。もう最高に便利ですよ。





まとめ

たくさんのデメリットを抱えながら、それでもミニベロや折り畳み小径車が魅力的に見えるのは、たくさんの「機能性」や「付加価値」を持っているから。

ミニベロには自転車としての性能面ではアドバンテージがほとんどありませんが、「使い勝手」や「自由度」「ファッション性」などソフト面での満足度が高い自転車だと思います。

そういうミニベロならではのメリットを活かせば、ふつうの自転車にはできないような使い方も出来るんですよね。

13-1201-1
via:E.B.S Factory Blog

ミニベロが欲しくて、これから買おうと考えている人は、メリットだけでなくデメリットにも目を向けて、本当に自分に合っているかどうかチェックしてみてくださいね。

メリットとデメリットを天秤にかけて、最終的に「ミニベロに乗るんだ」と心を決めたなら、あなたのミニベロライフの始まりです。


◎こちらの記事もオススメです

 ミニベロ・折り畳み小径車を買うなら知っておきたいデメリット

 ミニベロとロードバイクの違い|それぞれのメリット&デメリット

 ミニベロ&折り畳み自転車の選び方|購入する際の5つのポイント

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ミニベロ・折り畳み小径車を買うなら知っておきたいデメリット
次の記事 ≫
ミニベロ(小径車)のタイヤチューブのバルブは仏式・米式が最適な2つの理由