自転車のチェーンオイルの正しい使い方・注油方法を紹介します【初心者向け】

タイトルテキスト「チェーンオイルの使い方・注油方法」と、自転車のチェーンに注油している様子の写真

自転車のチェーンに注油していますか?

油膜が切れるとチェーンが錆びたり・ペダリングが重たくなるので、ときどき注油が必要ですよ。

チェーンオイルは正しく使えてますか?

例えば「高性能なチェーンオイル」を買っても、使い方を間違っていたら性能が発揮できなかったり、オイルが飛び散って汚れたりします。

「チェーンへの注油」は空気圧管理とあわせて自転車の日常メンテの基本なので、ぜひ覚えておきたいですね。

ということで今回は自転車のチェーンオイルの使い方(注油方法)を紹介します。

リキッドタイプとスプレータイプ、どちらも基本は同じです

  • このページの写真では、1滴ずつ滴下する「リキッドタイプ」のオイルを使っていますが、「スプレータイプ」のオイルも基本的な使い方は同じです。どちらをお使いの場合も参考にしていただければと思います。
  • スプレータイプのオイルやクリーナーを使用する時は、ウエスで覆う・新聞紙を敷くなどして、余計なところにかからないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

 

1.チェーンをキレイにする

まずはチェーンを洗浄します。チェーンについている「汚れ」や「古いオイル」を取り除きます。これは、新しいチェーンオイルの性能を100%発揮するために必要な作業。

00

古いオイルや汚れはチェーンの部品内側にあるので、チェーンの表面を綺麗にするというよりは、内部のオイル・汚れを取り除くことが肝心です。

チェーンの洗浄には「チェーン洗浄器」を使う方法や、「スプレー式のクリーナーを吹き付ける」という方法があります。

  • かなり汚れているorしっかりやるなら「洗浄器」
  • それほど汚れていないor手早く済ませるなら「スプレー式」

というふうに、好みの方法でチェーンをきれいにしましょう。

日常メンテなら、毎回チェーンを切って・取り外して洗う必要はありません。

「洗浄力&噴射力が強いスプレー式クリーナー」があれば、洗浄器を使わなくても汚れがよく落ちるので捗りますよ。

 私が使っているチェーンクリーナーはこれ、洗浄力と噴射力が強いのでよく落ちます

  • チェーンの洗浄後、注油せずに長時間放置すると錆びが発生することがあるので、続けて「注油」を行います。チェーンの洗浄と注油はセットの作業ですよ。
  • 洗浄直後の「クリーナー液が残った状態」でオイルを注すと分解されてしまうので、クリーナーがしっかり乾燥するまでは待ちましょう。

 

2.チェーンにオイルを注す

チェーンの「リンク部分」にオイルを付けていきます。チェーンの側面(プレート部分)にオイルが付いている必要は無いので、あくまでもリンク部分だけでOK。

00

リキッドタイプ」の場合は、リンク部分の丸いローラーにオイルを1滴垂らすと、そこから隣接する隙間にオイルが滲み込んで行きます。これを繰り返してチェーン1周全部に滴下します

スプレータイプ」の場合も同じで、チェーンの表面ではなくローラーを狙って、ペダルを手で回してチェーンを動かしながらシューっと1周吹き付けていきます

「1周の目印」には、1か所だけ見た目が違う「コネクトピンを目印にする」のが一般的で、他に「チェーンに糸を結んで目印にする方法」などがありますよ。

全てのリンクに注油できたら、30秒間くらいゆっくりクランクを回してチェーンの各部品を動かします。こうすることでオイルが隅々にまで行き渡ります。

オイルの量は足りてる?
クランクを回してオイルを行き渡らせる時に「チェーンの動きがスムーズじゃない」とか「チェーンから摩擦音が聞こえる」という場合はオイルの量が足りていません。

オイルが足りていないと思う場合は、もう一度注油。そして次回からはもう少しだけ多めに、リキッドタイプなら1滴の粒を大きめに注油しましょう。

注油量の不足」は特にリキッドタイプで起きやすいですが、この「1滴の量の感覚」は何度か注油すると覚えられますよ。

オイルは「つけ過ぎ」もダメですが、「少な過ぎ」もいけません。「適量」を注油したいですね。

 

3.余分なオイルを拭き取る(1回目)

次に、チェーン表面に付着しているオイルを拭き取ります。

チェーン表面のオイルは汚れの元になるだけで不要なので、しっかりと拭き取りましょう。

02

ウエスでチェーンを握るようにして、そのままクランクを回転させればチェーン表面のオイルが拭き取れます。

表面のオイルを拭き取っても、チェーン内部のオイルはちゃんと残ります

この時、ギアにも余分なオイルが付着しているので、一緒に拭き取っておきましょう。

ちなみに、チェーンオイルの拭き取りには「紙ウエス」よりも「布ウエス」のほうが向いていますよ。(不織布ウエスでOK)

 

4.余分なオイルを拭き取る(2回目・仕上げ)

チェーンオイル注油後の1回目の走行が終わった後、

「チェーン」や「チェーンステー」「後輪のリム」などをチェックしてみてください。

チェーン内に余分なオイルが溜まっていた場合は、チェーン表面にオイルが出てきていたり、オイルが飛び散って車体に付着していることがありますよ。

大抵の場合、チェーンに注油後の初回走行では、遠心力によって少なからずオイルがチェーン表面に出てくるので、それをもう一度ウエスで拭き取れば、仕上げの拭き取りが完了です。

あとはオイル切れするまで快適に乗れるはずですよ。

 

その後の「お手入れ」と「次回の注油タイミング」は?

走行にともなってオイルが黒くなったり、チェーン&ギアの汚れが気になる時は、

表面の汚れたオイルを拭き取ることがメンテナンスになります。

00

そして、「チェーンの動きが渋くなった」「チェーンやギアから音がする」など、

オイル切れを感じたら、ふたたびチェーンに注油するタイミングです。

  • 次回以降の注油時、チェーンがあまり汚れていない場合は洗浄せずにそのまま再注油してもOK。
  • チェーンがどろどろに汚れている場合は「洗浄」からするのがベター。

ときどき様子を見て、「お手入れ」や「注油」をしていきましょう。

チェーンやギアが長持ちして、自転車も喜びますよ。

 

まとめ&おすすめオイル

以上、自転車のチェーンオイルの使い方・注油方法をご紹介してみました。

いくつかのポイントこそありますが、特別むずかしいことはありませんよね。

チェーンへの注油は自転車の日常メンテナンスの基本なので、

ぜひ習慣にして、快適にサイクリングを楽しみましょう。

チェーンオイルの正しい使い方・注油方法が解ったところで、『高性能なチェーンオイル』を試してみてはいかがでしょう?

高性能チェーンオイルで、ペダリングは軽くなる

下記のチェーンオイルは実際に私が使っているもので、ペダリングの軽さを実感できますよ。すごく良かったので、詳しいインプレ記事もご用意しました。

こちらも参考にしていただければと思います。

高性能チェーンオイル「Keiten」と「チェーンクリーナー」のセットもありますよ。

耐久性を重視するなら、ロングライフなチェーンオイル

通勤やロングライドなどで「雨の中を走ることがある人」「油膜切れが心配な人」には【雨天対応・耐久性重視のチェーンオイル】がお勧めです。

MOTULのチェーンルブオフロード」は耐久性の高いチェーンオイル。

雨でも流れ落ちない油膜の強さを持ちながら、砂埃などの汚れは付きにくいという特長がありますよ。

ちなみに、油膜が長持ちするので「注油の頻度」が減らせます。「何度もチェーンに注油するの面倒くさい」という人にもオススメです。

こちらの記事もぜひ参考に

 自転車のペダリングが軽くなるチェーンオイル「Keiten(ケイテン)」

 チェーンオイルを高性能化するとペダリングが軽くなるよ

 自転車メンテの基本|タイヤの空気圧を調節して快適に乗ろう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェア&いいね!をお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

自転車乗り/フォトグラファー。主な運営サイト「MINI VELO 道」ではミニベロとロードバイクの初心者向け情報や、楽しみ方を広げる話題などを紹介しています。アイテム紹介が好きで、最近は自ら製品開発にも関わっています。

詳しいプロフィールはこちら

もしよろしければ下記SNSからお好みのものをフォローしていただければと思います。