MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。BIKE FRIDAYについて詳しい情報も公開中。

トップページ 知識・入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニベロ(小径車)とロードバイク、2種類のタイプの異なる自転車を並べた写真。青空と湖を背景に、2台の自転車のシルエットがくっきりと浮かび上がり、タイヤの大きさやフレームの形など、それぞれの違いが表れている。
最近、ロードバイクなどのスポーツ自転車からミニベロ小径車)への乗り換えを考えている人や、普段使いのセカンドバイクとしてミニベロを購入候補にする人が増えています。

また、新しく自転車を買う時に、ロードバイクとミニベロという両極端な2択で「どちらにしよう?」と迷う人も多いみたいですね。

そこで、この記事では「ミニベロロードバイク違い」を項目別に比較して詳しく解説します。

私はこれまでミニベロとロードバイクでたくさん走ってきたから、今ならその違いがよく解りますよ。

ミニベロとロードバイクは何がどう違うのか?

これから買うなら、どっちが自分に向いているんだろう?

そんな疑問や興味を持っている人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

◎記事の内容は、全てのミニベロ(小径車)やロードバイクに共通して当てはまるものではありません。それぞれの一般的な特徴や相違点であるとお考えください。






速度・スピード

ロードバイクは人力の乗り物としては地上最速クラス

自転車の「速さ」や「効率」を最優先するならロードバイクが一番です。ほんとよく走りますよ。

初心者が乗っても時速35kmくらいはすぐに出るし、高い速度を維持しやすいですね。

ロードバイクの見た目がどれも似ているのは、最速を目指して行き着く終着点だから。700Cというホイールサイズもフレームの形状も、すべてが速さを目指した結果。

巡航速度の高さはピカイチで、平地を流していると時々何故ペダリングを続けているのか意味が解らなくなるくらい、ロードバイクはよく進みます。

ただし、高い速度を維持して効率良く走れる状況でなければロードバイクの速さは生かせません。街乗りなどストップ&ゴーが多い状況では疲れやすく、走行できる場所も限られます。


ミニベロの最高速度は体力次第、ただし速度維持が大変

ミニベロでも、速いスピードが出せるだけのギアと体力があれば十分な速度が出ます。車種や体力にもよりますが、時速30km以上で走ることも可能です。

しかしホイール径が小さい分、高い速度を維持するのは苦手です。

ミニベロに乗ればすぐに解りますが、ミニベロはペダリングを止めるとすぐに失速します。ロードバイクなら脚を休めて惰性で進めるような状況でも、ミニベロは漕ぎ続ける必要があります。

そのため、ツーリングなどで長時間・長距離を走ると、ロードバイクよりもミニベロのほうが体力が必要で疲れやすいです。しかし、短時間・短距離の走行であれば、その差は小さくなります。

◎結局、ミニベロは速い?遅い?
ミニベロは一時的には速いスピードが出せても、そのスピードで走り続けるのが難しいので、同じ人が乗るならミニベロはロードバイクよりも遅い自転車であるといえます。


「加速」はミニベロのほうが楽

ミニベロはホイール径が小さいことによる速度維持の難しさがありますが、その裏返しとして加速が軽快であるという特徴があります。

スタートダッシュだけならミニベロのほうが速いことも。停止状態からの走り出しや、走行中の再加速が、ロードバイクよりもずっと楽に感じられますよ。

ミニベロが「ストップ&ゴーが多い街中にぴったり」なんて言われる理由はここにあります。

ということで、ポタリングや街乗りで使うなら、ミニベロのほうが絶対に楽で快適です。


「タイヤが小さいから一漕ぎで進む距離が短い」は誤解

よく勘違いされるのですが、「ミニベロはホイール径が小さいから、一漕ぎで進む距離が短くてたくさん漕がなければいけない、スピードが出ない」と思っている人がいます。

しかし実際には、クランク(ペダル)の回転運動を変速機で適切に変換するので、クランク1回転で進む距離はホイール径ではなくギア比によって決まります

タイヤが小さい分、同じ距離を進むにはロードバイクよりもタイヤはより多く転がる必要がありますが、だからといって必死にペダリングする必要は無いので安心してください。

◎本当に全然進まないミニベロもある
市販のミニベロの中には、ギア比が最適化されていない本当に全然進まないものもあります。そういうのは大抵激安でゴミの様な自転車なので、買っちゃいけないやつですよ。


◎ここがポイント
自転車はホイールが大きいほど高速走行・定速走行に適していて、小さいほど低速走行・ストップ&ゴーに適しています。

これを簡単にまとめると
  • ゆっくり走るなら、ミニベロは楽、ロードバイクはしんどい
  • 速く走るなら、ミニベロはしんどい、ロードバイクは楽
ということ。だから、無条件にどちらが優れていると決め付けるのは早計で、それぞれ得意とする場面や用途が異なるということを覚えておいてくださいね。





乗り心地

ロードバイクは速いだけでなく、乗り心地も良い

ロードバイクはホイール径が大きく、ホイールが付いているフォーク&ステーも長いので、車体全体の振動・衝撃吸収性が高く、ミニベロと比べて乗り心地が良いです。

「タイヤがとても細い割には、意外に乗り心地が悪くない」と、初めてロードバイクに乗った人が驚くことがあります。

フレーム素材やタイヤの空気圧、ホイールの組み方などによって硬さや振動吸収性は変わりますが、それはミニベロもロードバイクも同じこと。いずれにしても、ホイール径に由来する構造上、基本的にロードバイクのほうがミニベロよりも乗り心地は良いですね。


ミニベロは振動・衝撃が強く疲れやすい

ミニベロはホイール径が小さいので、そのぶん段差・凹凸が相対的に大きく感じられます。

つまり、同じ段差でも、ホイール径が大きな自転車と比べて乗り越えにくく、より大きな振動・衝撃が返ってくるということ。

さらに、ホイール径が小さいことに由来する構造上、足回りが短く・硬くなっているので、走行中の振動や衝撃を十分に緩和できず、ロードバイクと比べて体が受ける振動・衝撃が多くなります。

自転車は振動・衝撃が多いほど、それに耐える体が疲労します。路面の凹凸でガタガタと揺さぶられるだけで疲れるという経験をしたことがある人は多いと思います。ミニベロはそれが顕著です。

より小径で・硬いフレームの自転車ほど振動・衝撃がビシビシと体に伝わり、乗っていてしんどいです。「折り畳み自転車」の場合さらに乗り心地は悪くなる傾向がありますよ。

ミニベロに乗り心地を求めるなら、「しなやかなフレーム」や「サスペンション」「太いタイヤ」など、振動・衝撃に対抗できる要素を持つモデルを選ぶ必要があります。


安定感は、それぞれに違いがある

乗り心地の良さや疲れにくさには「安定感」「走行安定性」も関係しています。

自転車はホイール径が大きいほど安定性が高く、小さいほど安定性が低くなるので、ミニベロはロードバイクよりもハンドリングがクイックでフラつきやすいです。

ミニベロのハンドリングのクイックさは、良く言えば「小回りが利く」ということで、街乗りや低速走行ではメリットにもなりますが、速度が上がるにつれてデメリットに変わります。さらに、走行距離や時間が長いほど、安定性の低さは疲労を招きます

また、タイヤの太さやエアーボリューム(空気量)もポイントで、乗り心地や安定感を重視するなら、より太いタイヤのほうが快適です。

あまりに細すぎるタイヤは乗り心地を悪化させ、路面のわずかな段差や縦溝にハンドルを取られやすくなるので、路面の状態によってはロードバイクの安定性はかんたんに崩れます。

また、自転車はある程度タイヤが回っていないと安定しないので、ロードバイクはノロノロ運転が苦手です。

オンロードでの走行性能だけを見ればロードバイクが圧倒的に有利ですが、様々なシチュエーションで自由に走り回るならミニベロのほうが楽で快適です。




長距離&長時間走行

ロードバイクは長距離・長時間走るための自転車

過酷なレースを走り抜くために進化してきたロードバイクは、「速さ」「軽さ」という圧倒的に有利な要素を持ち合わせた、長時間・長距離を走るための自転車です。

走行速度が速い自転車ほど、同じ時間走れば長い距離を走ることができ、
乗り心地が良い自転車ほど、長い時間乗り続けることができます。

長距離・長時間を走るなら、ロードバイクが一番「楽で・速い自転車」です。


ミニベロでロングライドは可能、しかし課題は多い

ミニベロで長距離ツーリングなどをすることは可能です。私自身、ミニベロで100km以上の距離を走ることはしょっちゅうあります。

でも、同じ距離・同じ時間を走るなら、ロードバイクよりもミニベロのほうがずっと大変です。

同じ距離を走るためにはより多くの体力が必要で、同じ時間走ればより多くの振動・衝撃を体で受け止め続けることになります。走行距離や時間が伸びるほど、その差はより大きく感じられます

ロングライドをロードバイクではなく、あえてミニベロでする事のメリットはほとんどありません。

 参考記事:「ミニベロの走行距離は短くていいんだよ」という話|小径車らしさを楽しもう

それでもあえてミニベロで長時間や長距離を走るのであれば、「速くて乗り心地の良いミニベロ」に乗ることをお勧めします。(←そんな都合のいいミニベロなかなか無いですよ)

 参考記事:乗り心地が良いツーリング向けミニベロ「ニューワールドツーリスト」

また、少しでも体の負担を軽減して楽に走るために「走行性能アップのカスタマイズ」を施しておくことは、ミニベロでロングライドをするなら「必須」であると言えます。

 参考記事:私が実践している「性能アップのカスタマイズ」の一例はこちら




カスタマイズ・改造

ロードバイクはカスタマイズの幅や効果が小さい

ロードバイクはどちらかというと、パーツ交換やカスタマイズが楽しめる自転車ではありません。

そもそもの基本性能が高く、無駄の無い設計のため、カスタマイズで大きな効果を期待できる部分が少ないからです。パーツをアップグレードするよりも、体を鍛えたほうが話が早いです。

レースグレードの大変高価なパーツを導入しても、支払った金額分のメリットが実感できるものではなく、お金をかければかけるほどコスパが悪くなりやすいです。

比較的大きな効果が感じられるのが「ホイール&タイヤ」で、あえてお金をかけるならココですね。


ミニベロはカスタマイズが思う存分に楽しめる

ミニベロは、ロードバイクと比べて基本性能が低い分、パーツ交換などカスタマイズによる効果が実感しやすいです。

例えば【タイヤ】【ホイール】【ハブ】など走行性能に関わるパーツをアップグレードすれば、体感できるレベルで走行性能が上がります。走行性能が上がると速くなる上に体の負担が減ります。

必要に応じて手を加えるカスタマイズの楽しさがあり、また見た目のスタイリングもカジュアルからスポーティまで比較的自由に変えられるので、自分だけのオリジナル自転車を育てる感覚が楽しめるという魅力があります。

◎ここがポイント
ミニベロの走行性能を改造・カスタマイズによって高めることは可能です。しかしロードバイクも進化し続けている以上、スピードレンジの高さも、速度維持のしやすさも、ミニベロがロードバイクを超えることは無いでしょう。




利便性・実用性

ロードバイクは実用性を捨てて「速さ」を手に入れた

自転車は本来、人間の暮らしに寄り添う便利な乗り物です。しかしロードバイクは速さを追求する過程で、速さ以外のすべてを捨ててきました。

荷物が積めるカゴが無ければ、ちょっと停めておけるスタンドもありません。「カゴもスタンドも付ければいいじゃない」って、そんなことするならママチャリに乗りますよね。

私は以前ロードバイクでポタリングをしていた時期がありましたが、オシャレな街中をロードバイクでノロノロ走ったり、その格好でカフェに入ったりするのはやはり不似合いで、違和感バリバリなのが悩みでした。そしてやはりストップ&ゴーが多いとロードバイクはしんどいです。

例えば「片道30kmの自転車通勤」など、ロードバイクの『速さ』を日常で活かせる使い方でなければ、ロードバイクに便利さ・実用性を感じることは難しいでしょう。


ミニベロの魅力は、その使い勝手の良さにある

ミニベロの走行性能はピンからキリまでありますが、どんなミニベロも街乗りには向いていて、ロードバイクには無い使い勝手の良さがあります。

ミニベロなら普段着で乗ることに抵抗を感じない=気軽に乗れるから、自転車に乗るたびに特別な準備をする必要はありません。趣味で楽しむ自転車のハードルがぐっと下がりますね。

また、ロードバイクがどれも似たような見た目をしているのに対して、ミニベロは個性豊かな色々な自転車があり、服を選ぶように自分好みのミニベロが選べますよ。

街中やお店でもロードバイクのような「場違い感」が無いから、気張らず思いのままに使えるのがミニベロの良いところ。しかも、ママチャリよりずっとスタイリッシュです。

必要に応じて車体にバッグやカゴを装着したり、便利に使える工夫ができるのもミニベロならではの楽しみ方で、個々のスタイルや暮らしに寄り添う様は、まさしく実用車」という感じです。

ミニベロは“自分らしさ”が出せるので、ロードバイクよりもいっそう自転車への愛着が深まります。そういう意味で、ミニベロが女性に人気なのもわかりますよね。

◎ここがポイント
「速さ・走行性能」と「利便性・実用性」を両立することは基本的にできません。「車」に例えるとレースカーと自家用車みたいな違いがあるんだと考えれば解りやすいですね。




メンテナンス・耐久性

ロードバイクはメンテナンスサイクルが長い

自転車は機械なので、ときどきメンテナンスが必要です。

「汚れを落とすこと」「駆動部分のオイルやグリスが切れないようにすること」「消耗・劣化したパーツを交換すること」等など。

このうち「汚れ」以外は基本的に走行距離に比例するので、同じ条件で走行した場合、ホイール径が大きく、走行負荷の少ないロードバイクのほうが、ミニベロと比べて劣化・消耗が少ないです。

「タイヤ」や「ハブグリス」はミニベロより確実に長持ちします。

とはいっても、やはり不調が現れる前に早め早めのメンテを心掛けることが大切ですね。


ミニベロは消耗が早く、こまめな手入れが必要

ミニベロはホイール径が小さいので、走行距離等を同じ条件で走行した場合、ロードバイクと比べて劣化・消耗が早いです。

たとえば「タイヤ」は、同じ距離を走ればロードバイクより多く転がるので、使い切るのが早いです。ホイールの回転軸である「ハブ」やその中の「グリス」の劣化・消耗も早いです。

したがって、ホイール周りはロードバイクよりも早めのメンテ・交換が必要です

また、疲労や衝撃で折れることがある「スポーク」も、ロードバイクよりミニベロのほうが折れる事例が多いようです。スポークが短く、ハブ~リム間のアングルのキツいことが原因の1つです。

スポークの折れは、パンクと同じで「運」もありますが、確率で見ると確かにミニベロのほうが折れ易いですね。私も実際に経験しています。

また、「折り畳みミニベロ」の場合は、フレームの可動箇所やパーツ点数が多く、普通の自転車には無いヒンジやボルトがあるので、緩みや不調が起きていないかどうか、日ごろから車体各部のチェック&メンテナンスを心がける必要がありますよ。

ヒンジが錆びて「折り畳み自転車が畳めなくなった」なんて話もよく聞きますよね(笑)

◎メンテナンス等については、ミニベロはロードバイクよりもやや積極的になったほうが良いでしょう。




輪行

ロードバイクでの輪行は、慣れても大変

輪行する人の数は年々増えていますが、ロードバイクでの輪行はやはり面倒で大変です。

前後輪を外して、エンド金具など保護具を着けて、ベルトであちこち固定して、袋をかぶせる。慣れても一定の時間が掛かるもので、大体15分前後は要します。しかもそれほど小さくなるわけでもなく、けっして手軽とは言えません。

電車や乗り物の中でかなりの場所を取るので、混雑しているわけでなくても迷惑がられたり、なかなか肩身が狭いものです。実際、ロードバイクを抱えた人が1つの車両に何人も居たら迷惑です。


輪行にはミニベロが有利、折り畳みミニベロなら超便利

輪行にはミニベロが有利です。ホイール径が小さい分、分解するととても小さくなるモデルがほとんどです。(*注)

電車や乗り物の中ではロードバイクよりずっと小さく収まるので、迷惑レベルがぐっと下がります。

さらに「折り畳みミニベロ」なら、その手軽さ&コンパクトさは圧倒的。折り畳みミニベロはほんの数分で輪行袋に収納できるので、いつでもすぐに輪行できます。


気軽に輪行できることによるメリットは大きく、自転車の自由度が最大になります。

 参考記事:ロングライドで実感できる「輪行のメリット」

 参考記事:ブロンプトンに見る「折りたたみ自転車の便利さ」

(*注):「ホリゾンタルフレームのミニベロ」は分解してもあまり小さくならず、場合によってはロードバイクよりも場所を取ることがあるので注意が必要です。




まとめ

乗ればわかる、それぞれの違い

ミニベロとロードバイクは、ある意味「正反対な自転車」であると言えます。

だから、ミニベロに乗れば解ること、ロードバイクに乗れば解ること、それぞれに体験・発見できる別々の世界があります。

もしいまロードバイクに乗っていてミニベロに興味がある人は、ミニベロにも乗ってみたら良いと思います。

ミニベロに乗っている人も、いままでロードバイクに乗ったことが無いなら、思い切ってロードバイクに手を伸ばしてみるのも良いでしょう。

どちらかしか知らないまま、イメージや憶測や聞きかじった知識だけ済ませるのはもったいないです。機会があるなら、色々な自転車に乗ってみることをお勧めします。


違いを楽しみ、使い分ける

自転車としての「走行性能」や「使い勝手」において、ミニベロとロードバイクには大きな違いがあります。

そして、あらかじめ「違い」や「弱点」を知っていれば、使い分けることや・弱点をカバーすることもできますよね。

ミニベロとロードバイク、単純にどちらが優れているかを決めるのは無意味で、それぞれの違い・特徴を知って、良い面にも悪い面にも納得した上で、その日・その時の自分の使い方に合った自転車を選んで使い分けるのが良いと思います。

理想をいえば「両方持っておくと色々捗りますよ」ってことです。


最後に「ミニベロに一票」

私はロードバイクとミニベロの両方に乗ってきて、今は「ミニベロ」に乗って出掛けることが楽しいと感じています。

自転車としての「自由度」や「使い勝手の良さ」「懐の深さ」はミニベロのほうが豊かで、自転車の楽しみ方・使い方の幅がぐっと広がりました。

ミニベロは、趣味性・ファッション性が強い自転車であることは確かで、走行性能だけでは語れない自転車の面白さがあります。

「速さ」や「効率」を目指すならミニベロは最悪の選択肢ですが、体力・スキルに余裕がある人やダイエット目的の人にはむしろちょうどいい“負荷”をもたらしてくれるかもしれません。

また、ミニ四駆やラジコンのように「イジる喜び」を楽しみたい男性諸君には、ミニベロは格好のオモチャになるでしょう。

ミニベロの世界は、意外と深くて面白いですよ。


◎こちらの記事もオススメです

 ミニベロとロードバイク、あなたにはどっちが向いてる?5つの質問で相性チェック

 ミニベロ・折り畳み小径車のメリット&魅力を徹底的に詳しく語ります

 ミニベロ・折り畳み小径車を買うなら知っておきたいデメリット

 自転車で速くなりたければミニベロに乗れ|割とマジな話


以上、「ミニベロとロードバイクの違い|それぞれのメリット&デメリット」でした。

あなたの自転車ライフの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
【自転車グルメ】喫茶&とんかつ『ママン』|淡路島・福良
次の記事 ≫
バイクフライデー「New World Tourist」の使用感・インプレッション