MINI VELO 道(ミニベロロード)

ミニベロとロードバイクの初心者向けの情報や、楽しみ方を広げるアイテム・話題を紹介するサイト。

トップページ バイクフライデーNWT 読み物・雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加

New World Touristの写真をまとめてみました

僕が乗っている自転車のうちの1台、

BIKE FRIDAYバイクフライデー)の
New World Touristニューワールドツーリスト)。

218d6bda
「あまり走らなそうな見た目」をしている割には、意外なほどよく走る、面白い自転車です。

関連記事:「New World Tourist」という自転車(以前ぼくの言葉で書いた紹介記事)

国内台数が少なく、写真や情報も少ない

「ニューワールドツーリスト」は日本では乗られている台数がまだまだ少なく、

また、乗っているひと全員が情報発信しているわけではないので、

ニューワールドツーリストに関する写真や情報は少ないんですよね。

そこで今回も、ぼくから写真や情報をお届けします。(全てオリジナルコンテンツです)

IMG_5400

ニューワールドツーリストに興味がある人の参考に

かつて、ぼく自身がNew World Touristの購入を検討していた時期にも、参考になる写真や情報が少なくて困った覚えがあります。

自転車について調べたり、購入を検討する際には、その自転車をいろいろな角度・シチュエーションから見てみたいですよね。

写真を見ながら「どんなパーツを付けよう?」とか「自分ならこんなふうに使ってみたいな!」なんてイメージを膨らませる間が最高に楽しいものです。

IMG_1831

ということで今回は、

BIKE FRIDAY ニューワールドツーリスト」の色々な写真をズラっと並べて、

写真に付け加えられる情報があれば、写真を見ながらいろいろお話もしていくので、

『BIKE FRIDAY ニューワールドツーリスト』に興味がある人の参考になればと思います。

他の車種に興味がある人も「こんな自転車もあるんだ~」という比較材料にぜひどうぞ。


備考
写真の時系列は順不同です。最近のものから古いものまで色々あります。

僕のニューワールドツーリストは、ホイールサイズを通常の「406」から「451」にインチアップのカスタマイズを施しているので、写真にもホイールが大きい時・小さい時がありますよ。


スポンサーリンク


1.「ニューワールドツーリストと海」編

僕が暮らしているところは海が近いので、ニューワールドツーリストに乗って海辺をよく走ります。

青い海とニューワールドツーリストを一緒に撮った写真は多いですね。

【1】ニューワールドツーリストと明石海峡の眺め

こちらは神戸市垂水区、西舞子の海岸付近での1枚。

2771d8c4
この頃は「406ホイール」に「太めのタイヤ」を履いて、小径クロスバイクスタイルで走っていました。(ハンドルはドロップですけどね)

◎ニューワールドツーリストのスタイルは乗る人が自由に選べるので、例えばハンドルを「フラットバー」や「ブルホーン」にすることも可能。

【2】播磨サイクリングロードにて

こちらは兵庫県明石市の海岸線を走る「播磨サイクリングロード」での1枚。

IMG_5226
「ロードバイクだとあっという間」で薄味なこのサイクリングロードも、20インチ折りたたみミニベロであるニューワールドツーリストで走ると一味違うものに思える。

天気が良い日に、海辺をのんびり流すと気持ちいい。

関連記事:海辺を走れる自転車道『播磨サイクリングロード』を50枚の写真で紹介するよ

【3】南国の雰囲気ただよう「江井ヶ島海岸」にて

こちらは兵庫県明石市の「江井ヶ島海岸」の風景。

下の写真では「451サイズのホイール」を装着しています。

IMG_1834
451のホイールを履かせると、その見た目はニューワールドツーリストの弟分「ポケットロケット」にそっくりです。

IMG_1836
ハンドルステム横についているのは「C3 ステムサイドポーチ」。僕が開発に関わったアイテムで、とても便利ですよ。

◎バイクフライデーは折りたたむ時にボトルケージが障害になることがあるので、ボトルをステム横に設置すると快適です。

【4】淡路島の海岸線にて

こちらは淡路島で撮影した写真。視界にひろがるのは大阪湾の海。

IMG_0910
バイクフライデーのフレームの直線的なシルエットが風景の中でどこか「凛として見える」のは、「ホリゾンタルフレームの自転車が美しく見える」のと似ています。

【5】明石海峡大橋との共演

こちらは明石海峡大橋をのぞむ舞子公園での1枚。

上の写真と似ていますが、こちらはガードレールのような「写真を撮る際に、立てかけられる場所」が無いのが解るはず。

IMG_2597e
写真にこだわる人、特にこういう「自転車のシルエットを生かした写真」を撮りたい人は【キックスタンド】を装備しておくのがお勧めです。

そもそも「キックスタンドは、あると便利なもの」ですしね。

◎バイクフライデーにぴったりなキックスタンドは「BIKE FRIDAYの取扱店」で手に入るので、必要な場合は車体と同時購入するといいでしょう。




2.「折りたたみ&組み立て」編

ニューワールドツーリストは折りたためるミニベロです。

折りたたむと、ずいぶんコンパクトになりますよ。

【1】折りたたむとコンパクト

こちらはニューワールドツーリストを折りたたんだ状態の写真。
18
「フロントキャリア」が一番飛び出すので、折りたたみサイズをより小さく抑えるなら「キャリア無し」にするという選択肢もあります。(でもキャリアは便利)

19c

ちなみに本来は、折りたたんだ時に「ペダル」が左右に飛び出しますが、僕は「着脱式ペダル」を使うことでよりスマートにしていますよ。

02
関連記事:べんりな「着脱式ペダル」を紹介している記事


【2】折りたたみ方は、ちょっとややこしい

ニューワールドツーリストの折りたたみ方はシンプルではなく複雑

折り畳み自転車なのに、タイヤを外す必要があったりします。

6
「クルッとたためる部分」もあれば、このように「分解が必要な部分」もありますよ。

関連記事:ニューワールドツーリストの折りたたみ手順を解説

さらに、バラバラにならないように「ベルトで固定」したり、傷が付かないように「保護具を装着」するなど、折り畳み自転車らしからぬ面倒くささがありますね。

関連記事:折りたたみ時に使うベルトや保護具についての記事

IMG_0900
「折りたためない自転車」と比べると、「実にかんたんにコンパクトになる!」と言えますが、数ある折りたたみ自転車の中では、折りたたみ方が煩雑な部類です。

そんなわけで「超かんたんに折り畳めることを求める人」には向いていません。

その代わりに、他の多くの折りたたみ自転車と比べて「走行感が上質」なので、

「折りたたみの簡単さよりも、走りの良さを重視する人」にお勧めできますね。

【3】テキパキと折りたたむ作業は楽しかったりする

ニューワールドツーリストを折りたたむ時の、この「リア三角」をクルッとするのは個人的に好きな動作。

09d

ブロンプトンなどと比べると折りたたみに時間がかかりますが、

練習して慣れれば、2~3分で折りたたみ&組み立てできます。

折りたたみにかかる時間は「3分」くらい。
組み立てにかかる時間は「2分30秒」くらい。(僕の場合)

輪行」する時、折りたためない自転車と比べれば、輪行準備は圧倒的に早く済みますよ

◎ニューワールドツーリストの折りたたみ&組み立ては「超かんたん」とはいえない。上手に折りたたむためには、各自で工夫や練習も必要。

◎折りたたみの簡単さを1番に考える人には「ブロンプトン」や「ダホン」「ターン」など他の車種をお勧めしたい。




3.「季節の色」編

【1】夏の淡路島にて

アワイチ(淡路島1周サイクリング)は長距離で坂もあるので、ロードバイクなどフルサイズの自転車で走るのが一般的。走行性能が低い折りたたみ小径車などでは苦行になります。

でも、ニューワールドツーリストなら無理なく走れてしまうんですよね。

d633be64
こんな景色を独り占め。ときどき自転車の人に出会っても、淡路島でミニベロに出会うことはほとんどない。

【2】緑をもとめて、山へ

こちらは六甲山での1枚。過酷なヒルクライムも、案外スルスルと登れてしまうのがニューワールドツーリストのいいところ。(ぼくは山登りは得意ではないほう)

IMG_3943
Vブレーキ仕様なので、ダウンヒルでもブレーキは良く効きます。ただし小径タイヤはグリップ限界が低いので、ホイールロックには気を付けたい。

【3】季節の花との出会い

こちらは兵庫県の佐用町などで撮った写真。

青いニューワールドツーリストに乗るようになってから、「花と自転車」を一緒に写すことが多くなった。

P1000461

特に「黄色い花とブルー」の組み合わせが素敵に思えて、そういう写真をたくさん撮った。

こちらは春に偶然見つけた菜の花畑での1枚。

IMG_6006

バイクフライデーは、オーダー時にフレームカラーを豊富な選択肢の中から選べます。

写真が趣味の人は、自転車の「フレームカラー」を選ぶ時は真剣になったほうがいいでしょう。

「その自転車を風景の中に置くと、どんなふうに見えるのか?」

「このフレームカラーが写真映えするのは、どんな背景?」

そんなことを考えながら、フレームカラーを選ぶのも面白いかもしれません。

【4】紅葉のじゅうたんで

秋、紅葉が綺麗につもった場所を見つけたら、やってみたいのがこういう写真。

紅葉の赤が、青を引き立てる。BIKE FRIDAYのこの青はとても良い色だと思う。




4.「クローズアップ」編

【1】リア三角・テール部分

ニューワールドツーリストの造形の中で、いちばん魅力的な部分はどこだろう?ぼくは、リアのこの辺りがすごく良いと思います。

IMG_3726e

細くしなやかなリアのフレームに、駆動系パーツやブレーキが窮屈に配置されているこのかんじ。バイクフライデーらしさを感じる部分です。

c8194386

【2】コクピットビュー

ぼくのニューワールドツーリストのハンドル周りはこんなかんじ。

IMG_5284
ハンドルバーは、街乗り・ポタリングなら「フラットバー」で良いと思うが、「ドロップハンドル」にすることで、長距離・長時間のサイクリングでも疲れにくい。

フロントバッグ」と「ステムサイドポーチ」はいつも装着していて、「ライト」は必要な時に付けるというスタイル。

【3】メインフレーム~ヘッドバッジ

バイクフライデーといえば、この太くて長いメインフレームも特徴的。

15

ヘッド部分に貼り付けられたヘッドバッジも面白い。

17
関連記事:BIKE FRIDAY ニューワールドツーリスト|徹底解剖



5.「カスタマイズ」編

【1】406→451化インチアップ

ニューワールドツーリストは本来「20インチ406サイズ」のホイールを装備する自転車です。

それを僕は「20インチ451サイズ」にインチアップするというカスタマイズをしてみました。

関連記事:20インチのミニベロの「406」「451」の違いを解説している記事

28f7e53a-s

406と451は、このくらい違う。わずかな差のように見えるが、乗り味はずいぶん変わる

406-451
関連記事:ニューワールドツーリストを「451化」インチアップ

◎インチアップした目的は?
インチアップの目的は単純に「走行性能アップ」「平均速度のアップ」などでした。

当時はロングライド・日帰りツーリングなどをよくしていて、走りっぱなしの時間が長かったため「走行性能を引き上げると長距離が楽になるなー」と思ったんですね。

ある程度大きな効果を得たかったので「タイヤを交換するだけでは足りない」と考え、インチアップという異例の選択をしたわけです。

全然お勧めできるカスタマイズではないので、「そんな遊び方もあるんだ~」という程度に参考にしてもらえると嬉しい。

【2】ウルトラライト・グースネックステム

バイクフライデーの自転車はステムの種類がいろいろ選べる。

なかでも特徴的なのが、この「ウルトラライト・グースネックステム」。うにょんと曲がったやつです。

259e980b
オーダーメイドで製作されるステムで、

パーツ点数が少ないから圧倒的に軽い
グースネックのバネ効果で乗り心地が良くなる

という大きなメリットがあります。

関連記事:BIKE FRIDAYのウルトラライト・グースネックステムに交換したら320gも軽量化できた

1つだけデメリットもあって、それは「ポジション調節ができない」ということ。固定ステムです。

グースネックステムをオーダーした当時、ぼくは「走りに夢中」だったので、ロードバイクに乗っていた時と同様の深い前傾姿勢でポジションを出していました。

グースネックステムもかなり低く、前に突き出したポジションで作ってもらいましたよ。

IMG_8873e

当時はポジションが合っていて乗りやすかったのですが、

その後、BROMPTONに乗るようになってから、ニューワールドツーリストもまた楽な姿勢で乗りたくなって、最近はアヘッドステムに戻しています。

ともあれ、グースネックステムは「走りが変わるほどの効果がある、面白いステム」でした。

またグースネックを使うこともあると思います。いつでも交換できますからね。




6.「ニューワールドツーリストとバッグ」編

ニューワールドツーリストには、いつも何かバッグ類を装着しています。べんりなほうが良いですからね。


【1】サイドバッグ(パニア)を装着すると便利

ぼくはサイクリングに行くと買い物をして帰ることがよくあって、パンや野菜などかさばる荷物も多いです。

そんな時には大容量の「サイドバッグ」が本当に便利。だいたい何でも入っちゃうんですよね。

IMG_5846

僕が使っているのは、定番の「オルトリーブのフロントパニア」。左右セットのこのバッグを、通常は片側1個だけ装着していればじゅうぶん。

もちろん、お買い物だけでなく「ツーリング」の時にもサイドバッグは欠かせないもの。

14
サイドバッグがあれば、たくさんの荷物が持てるし、お土産をどっさり買って帰ることもできます。

同じ量の荷物を「背中に背負って走る」ことは考えられないので、そこが「サイドバッグが良い理由」。


サイドバッグを使うにはキャリアが必要なので、ぼくのニューワールドツーリストにはフロントキャリアを装着していますよ。

関連記事:自転車に大きめのバッグを装着すると「便利さ」や「使い道」が広がるよ

【2】BIKE FRIDAYにぴったりなフロントバッグがある

2014~15年頃に見つけた「シースリーショルダーS」というフロントバッグが超べんりで、いまでも一番よく使っていますね。

0051de7e
「シースリーショルダーS」は、バイクフライデーのために誕生したんじゃないかと思うほど相性が良い

このブログで紹介したことがきっかけで、いまでは全国で多くのバイクフライデーユーザーさん&ミニベロユーザーさんが愛用中。

◎このフロントバッグは、2016年に「メーカー生産終了&廃盤となり、一時入手困難に陥りましたが、僕と友人がメーカーと独自に取引した結果、復活させることができた」というエピソードがありますよ。現在販売されているのは当サイトのオリジナル仕様です。

さらに、下の写真のフロントバッグは、上の「シースリーショルダーS」の姉妹モデルとして新たに登場した「シースリーショルダーWIDE」。

IMG_0913s
シースリーショルダーWIDE」は「シースリーショルダーS」の縦幅を小さく、そのぶん横幅をワイドにしたモデル。

総合的な使い勝手は「シースリーショルダーS」のほうが上ですが、「WIDE」もそこそこ使えるし、ニューワールドツーリストに装着した時の見た目がかっこいいんですよね。

【3】ステムサイドポーチはある意味マストアイテム

上でも少し触れましたが、僕がニューワールドツーリストのステム横に装着している「C3 ステムサイドポーチ」はとても便利なアイテム。

ssp01

ステムの横に装着して「ボトルホルダー」としても「小物入れ」としても使えるポーチです。

これを使うと、ボトルや小物が出し入れしやすくなって、ハンドル周りが機能的になるんですよね。

IMG_4499

バイクフライデーで使う場合はさらに、

折りたたみ時の「ボトルケージの干渉問題」が解決できる

折りたたみ時に「外した着脱式ペダル」を収納できる(着脱式ペダルを使う場合)

などのメリットがありますよ。僕にとっては無くてはならないアイテムです。


◎最近の僕のニューワールドツーリストの写真によく一緒に写っているバッグ類は主に上の3つ。

◎以前はずっと装着していた「オルトリーブのサドルバッグ」、中身は輪行道具だけなので、最近は輪行が想定される時にだけ付けるようにしていますよ。




7.「ニューワールドツーリストと壁」編

サイクリング中に「素敵な壁」を見つけたら、自転車を置いて写真を撮りたくなります。

例えば、僕はこんな「ニューワールドツーリストと壁」を撮ってきました。


こうしてニューワールドツーリストの姿を見てみると、フロントバッグやサイドバッグが付いているのが当たり前のような、バッグが無いとさみしいような気がしてくる。

ミニベロは、タイヤが小さいことで「ハンドル下のスペースが広い」「サイドバッグの位置が低い(=安定する)」という特徴があるので、そこを便利に活用するのがお勧め。


ミニベロで街をぶらぶら走れば、時々こういうフォトジェニックな壁を見つけられるもの。

ロードバイクに乗っていた頃も「壁」に立てかけて写真を撮るのは好きだったけれど、なかなか素敵な壁は見つからなかった。

ニューワールドツーリストやブロンプトンなど、ミニベロでぶらつくようになってからは「壁との出会い」は格段に多くなったように思う。


壁もいいけど「タイル」もまた良い。自転車の色やカタチが引き立つような背景を探してポタリングすると楽しいですね。




まとめ

というわけで今回は、

BIKE FRIDAY ニューワールドツーリスト」の色々な写真をズラっと並べて、

写真を見ながら、いろいろお話してみました。いかがでしたか?

IMG_9893e2

いろいろな写真&情報を詰め込んだので、まとまりのない記事となりましたが、

あたながニューワールドツーリストという自転車をより深く知ることができたなら嬉しいです。

最後は「夕焼け」の写真でお別れです。それではまた!



◎インスタグラムやTwitterでも写真公開中

今回ご紹介したような「BIKE FRIDAY ニューワールドツーリスト」の写真や雑談は、インスタグラムやTwitterでも投稿しています。

サイクリングに行った時などに随時投稿していますよ。(冬の間は少ない)

・筆者ふじたひであきのインスタグラムはこちら
・筆者ふじたひであきのTwitterはこちら
・このサイトのFacebookページはこちら

(SNSへの投稿内容は、自転車以外の話題も含みます)


◎こちらもぜひ参考に

 いままでに書いたBIKE FRIDAYの関連記事の一覧はこちら(古い情報もあります)

 ミニベロ&折り畳み小径車を買う前に1度は読んでおきたい記事まとめ


スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション

当サイトのオリジナル商品&製作協力アイテム

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、最新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ミニベロユーザーに人気のフロントバッグに、新カラーラインナップが登場【随時更新】
次の記事 ≫
ブロンプトンの購入を考えている人の「メンテナンスの不安」を解消するアドバイス